【はじめの一歩】1215話のネタバレで一歩の拳は握られないが椅子持って暴れるww

スポンサーリンク


 
「はじめの一歩」1215話のネタバレ&考察です。

テトラポットの上で釣りをする一歩。

一歩の気持ちを訪ねるクミちゃん。

セコンドになってボクシングに関わるという一歩の気持ちは決まっていました。

そして、その気持ちをクミちゃんは分かっていたのです。

ボクシングに関することは以心伝心。

恋愛に関することは音信不通。

このふたり、どうなっているんでしょうか?

ということで、一歩は新しいボクシングとの接し方を考えだし、踏み出そうとするのです。

しかし、水平線を見つめる一歩は確実に新たなボクシングとの関わりを見つめていました。

そう、セコンドとしてボクシングに関わるとことを決意したのです。

はじめの一歩1215話のネタバレの要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

 

「はじめの一歩」1215話のネタバレ要点のまとめ

クミちゃんは一歩の本心を尋ねました。

 

一歩は、篠田さんのセコンドの誘いに対し、はっきりと答えを口にします。

「――戻ります」


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

 

それに対し、その答えをすでに知っていたかのような態度を取るクミちゃん。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

 

一歩からボクシングを排除すべく決意した鬼の姿はもうそこにはなかったのです。

「・・・わかっていた」

「だってアナタは」

ボクシングが好きすぎる


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

 

ボクシングがあまりにも好きすぎて、自分の方を振り向いてくれないという切ない思い――

 

そのクミちゃんの表情はそれを語っているかのようです。

「ここで、ボクシングと私をどっちを取るんですか!」

鬼モードのままでないところが兄とは少し違います。

よかったね!一歩!

ここでも、まだ鬼だったら、もはやヤンデレヒロインとなってはじめの一歩の世界観をぶっ壊してしまいますので。まあ、このようなものでしょう。

 

一歩の拳が二度と握れないことを信じる

セコンドであれば、戦いません。

であれば、一歩がボクシングに関わるひとつの道としてクミちゃんも妥協するしかないのです。

 

ただ、やはりセコンドをやることで、ボクシング現役復帰の思いが出てしまうことを心配はしているのでしょう。

アナタの拳が握られるコトは二度とないのだと


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

 

クミちゃんとしてはパンチドランカーの恐れのある一歩が復帰し、取り返しのつかないことになることを恐れています。

それほどまでにクミちゃんの中では一歩は大切な人になっているわけです。

真柴クミの思い、一歩への信頼は果たしてどうなるのでしょうか。

 

拳は握らないけど、椅子を持って暴れる一歩!

家に戻ると、がしゃん、がやしゃんと音が鳴り響いています。

一歩の母親は「何をやってるんだい ちょっと見て来てよ」と犬(ワンポ)に言います。

普通に犬と会話する母親、やはり只者ではないです。

 

その命令に従い行く犬も普通ではないですけど…。

で、部屋に行くと一歩は自分の部屋で椅子をもって、机に叩きつけています。

ワンポは音におびえ、何の役にもたってません。

 

一歩は、セコンドの椅子出しの練習をしていたのです。

拳は握ってませんが、何とも危険な行為です。

もしかして本当に脳がパンチドランカーでやらているのでしょうか。

いえいえ、やはり一歩は、どこまでもボクシングに対し生真面目なのでしょう。

 

非常識なくらいに――

 


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

 

しかし、近所迷惑ですよね。これ。

 

一歩セコンドとして復帰へ

そして、一歩はセコンドとして鴨川ジムに復帰です。

青木、木村、板垣と一緒に走り込みです。

 

セコンドにつく木村は毎度のことながら、減量でヘロヘロ状態です。

 


森川ジョージ「はじめの一歩」第1215話より引用

そして、木村の伴走をする一歩なんですけど、それが何かの解決のなるのか?

どーなんだろうなーというところで、今週の「はじめの一歩1215話」は終わります。

スポンサーリンク

 

はじめの一歩1215話のネタバレ考察

今回の1215話では、一歩がセコンドと言う形で、ボクシングのと関わりを取り戻したわけです。

一歩を信頼しつつも、「現役選手に復帰するステップではないか」と危惧するクミちゃんですが、一歩はセコンドを務め上げることに必死になっています。

 

物語は新たな局面に向け、動き出したのですが「主人公がセコンド」というボクシング漫画でいくのでしょうか?

確かに、一歩が試合しているより他の選手が試合している内容の多い漫画でしたので、大きな変化ないんじゃないかと言う思いもないではないですが……

 

はじめの一歩1215話のネタバレまとめ

クミちゃんの思いは、一歩の現役復帰のきっかけになってしまわないかという危惧。

そして、一歩がボクシングを好きであり、その視線が、自分を見ていないということをここで思い込んでしまいます。

一歩は、女性経験があまりに少なく、告白して今の関係が壊れることを恐れいるだけなのですけどね。

あと、クミちゃんのお兄様がすごく怖いこともあるかもしれませんけど……

そして、一歩はセコンドとして動き始めます。

セコンドとなった一歩がどのような活躍を見せるのか?

そのような主人公もあるのか?

いろいろと興味はつきません。

やはり「はじめの一歩」から目が離せないのです。

 

ファン必見!「間柴VS木村!死刑執行」を無料視聴!

『はじめの一歩「間柴VS木村」死刑執行』は、幕の内一歩の先輩である木村達也が、怪物王者の間柴に挑むJ・ライト王座決定戦の激闘を描いた番外編です。

「負けたら引退します。」そう告げる木村…、果たして木村の必殺の一撃は炸裂するのか!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)