【はじめの一歩】1219話のネタバレで速水選手の活躍にご期待ください

スポンサーリンク

「はじめの一歩」1219話のネタバレ&考察です。

今日は、一歩にとって鴨川ジムの先輩である木村のセコンドとしてデビューの日です。

しかし、その前に懐かしい再会がありました。

かつて新人戦出た戦った速水選手です。

一歩は速水の試合が気になり、リングで彼の戦いを見つめるのです。

そこには、かつて一歩と戦ったとき以上のスピードをみせつける速水選手がいました。

 

キレキレの速水は1ラウンドから相手を滅多打ちです。

 

しかしーー、そんな速水ですが…、

はじめの一歩1219話のネタバレの要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

 

「はじめの一歩」1219話のネタバレ要点のまとめ

速水は試合開始直後からキレキレです。

ショットガンを繰り出し、相手はそのスピードに驚愕の表情を浮かべます。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

速水の圧倒的なスピードに対戦相手はもう追い詰められます。

 

一歩はそれを見て取ります。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

スピードを武器とし、自分より速いボクサーに対しては、距離を潰して、とにかくスタミナを削る作戦にでるしかありません。

 

速水は張り切って、相手は「ピット星人」化

リング上の速水はどこかで一歩が見ていることを思い、とにかく良いとこをと見せようとフル回転です。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

ガードを固める相手ですが、ガードの隙間を速水のパンチが突き刺さります。

 

まるで、ウルトラセブンあたりででてきた「ピット星人」みたいになってしまいます。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

 

ちなみに、「ピット星人」はこんなかんじ…。

 

メガネのクールビューティ記者の飯村真理出現

一歩は速水の試合を見て、いつの間にか「自分が速水と対戦したらどうするか」という視点でみていました。

自分もかつてあの場所にいたという事実を一歩は思います。

 

そして、ボクシング記者、メガネのクールビューティ・飯村真理が一歩の前に出現します。

まあ、ボクシング記者ですから当然、ここは彼女の職場でもあるわけです。

 

飯村真理はまるで、一歩の心を読んだかの様な言葉をかけるのです。

「羨ましいかしら?」


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

一歩は自分であれば、どう戦うかを飯島真理に語り始めます。

 

それを見て、一歩の中にある「現役ボクサー」に対する未練を飯島真理は感じます。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

一歩はそれを指摘され、そして自分の中の未練を否定するかのように彼女に答えます。

そして、2ラウンドが始まりました。

速水はアレだけ優勢でありながら、1ラウンドで勝負をつけることはできなかったようです。

 

速水選手のこれからの活躍にご期待ください

これだけの強さを見せ付ける速水ですが、今のランキングはどうなっているのか?

観客席の木村も調べます。

 

実は、速水選手は現在日本ランキングに入っていません。

そして、飯村真理は、一歩に同じことを伝えます。

速水の現在までの戦績は8勝11敗だったのです。

なんと、負け越しています。

 

速水はランク外でもがいているボクサーだったのです。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

 

しかし、速水は2ラウンドに入っても試合の主導権を握り続けます。

これだけの選手がなぜランク外なのかという思いがします。

 

一歩もこの戦績を信じられないといいます。

速水は、苦労してどん底から這い上がってきている選手だったのです。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1219話より引用

 

アマエリート選手だった速水が躓いた現況は一歩ですが、ちゃんとした「試合」でのことでした。

一時はジュニアフェザー級の日本タイトルマッチを戦ったわけですから、国内では上位ランカーだったはずです。

 

それが今では、負け越しのランク外ボクサーです。

それでも自分を信じて、リングの上で戦っている速水。

体の危険を感じ、ボロボロになる前に現役を諦めた一歩。

一歩は速水の勝利を、そして、活躍を信じ、応援するのです。

もう頭の中には木村の試合のことなど欠片も残っていない感じ…です。

というわけで、頑張れ速水という感じになるわけです。

 

スポンサーリンク

はじめの一歩1219話のネタバレ考察

一歩は速水の試合を必死に観戦中。

そして、ボクシング記者で、ボクサーとしての一歩を常に気にしていた飯村真理と出会います。

 

そこで、自分の中にある「現役への未練」を指摘され、また否定します。

とにかく、今はかつて戦った速水の応援に専念する一歩です。

もう、頭の中にはセコンドのことは微塵もありそうにありません。

速水は試合出端に、抜群の強さを見せていますが、どん底から這い上がってきている戦績を知ります。

負け越したボロボロの戦績でも自分を信じ、期待している速水に対し一歩は応援するだけなのか?

心情の変化の萌芽のようなものは出来るのか。

それも、速水の試合次第な感じです。

 

はじめの一歩1219話のネタバレまとめ

今回のはじめの一歩では速水の活躍を見て、一歩の心情が変化したのかどうか?

飯村真理の質問には現役への未練を否定します。

しかし、本当に未練が断ち切れたのか?

それはまだ分かりません。

 

どん底から這い上がりながらもリングから離れない速水を見て一歩は速水の勝利を願う以外の何かを思うのか?

そして、登場した飯村真理は、一歩にこれ以上何かを語るのか?

とりあえず、磨き上げたセコンド技術「イスだし」はどうなってしまうのか…というどころではないです。

一歩の心情変化のための布石が積み上げられているのでしょうか。

もしや、復帰一戦目は、速水選手になって逆に速水に引退を決意させるような話になってくるのかーー

というような妄想・予想も考えてしましました。

今後もはじめの一歩の心情がどうなっていくのか、気になるところです。

はじめの一歩1220話はこちらから

【はじめの一歩】1220話のネタバレで8勝11敗のボクサーが伝説の「昇竜」を放った結果…

2018.04.25

 

ファン必見!「間柴VS木村!死刑執行」を無料視聴!

『はじめの一歩「間柴VS木村」死刑執行』は、幕の内一歩の先輩である木村達也が、怪物王者の間柴に挑むJ・ライト王座決定戦の激闘を描いた番外編です。

「負けたら引退します。」そう告げる木村…、果たして木村の必殺の一撃は炸裂するのか!?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)