1248-1249【はじめの一歩】ネタバレ考察&「最新話」今後の展開予想!

スポンサーリンク

『はじめの一歩』1248話のネタバレ考察&次回最新1249話の展開予想です。

以下、ネタバレ&画バレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

はじめの一歩1248話ネタバレ考察

はじめの一歩1248話「青木家」のネタバレ考察です。

なお、はじめの一歩1248話をご覧になっていないあなたはこちらからご覧いただけます。

>>はじめの一歩1248話ネタバレはこちらから

 

青木の推定年収は700万以上?

はじめの一歩1248話「青木家」で、青木は大家族の下半分の兄弟のほとんど学費を払っていたとあります。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1248話より引用

9人兄弟で青木本人を除けは8人、半分として4人になります。

それだけの仕送りができるといのは、かなり稼いでないと無理ではないでしょうか。

いったい、青木はラーメン屋の店長(最初は店員)としてどれだけ稼いでいたのか。

ある情報によりますと、ラーメン屋の店長の平均年収は528万円とあります。

平均的なサラリーマンの年収を上回りますが、かなりの激務であるとのことです。

その激務をこなし、ラーメン屋の店舗を3つにまで増やすという成果を上げています。

ラーメン職人として一流といってもいいのではないでしょうか。

となると、平均以上の年収を稼いでいる可能性もあります。

そして、ラーメン店で成功しつつ、ボクサーとしても日本ランカーに入り、タイトルマッチ経験者です。

いつも悲惨な目に遭い、ギャグメーカーというキャラの位置づけになっています。

しかし、自力で社会的に成功しているということでは、登場キャラの中でも屈指ではないでしょうか。

一歩、木村は実家の手伝いで安泰といえば安泰ですが、自力で築いた地位ではないです。

板垣は一歩のところでアルバイトしていましたが、今は別のところでアルバイトでしょう。

鷹村の実家は大企業で、御曹司なのですが、これも生まれた家がたまたまそうだっただけです。

青木の実力で勝ち取った年収、ラーメン屋店長という地位は誇るべきものではないでしょうか。

ちなみに、ボクサーの年収は日本ランカーでも100万円未満ですので、仕送りの稼ぎはほぼラーメン店で稼いだものでしょう。

兄弟の年齢の間隔は不明ですが、同時に3人が高校に通っていた場合、年収700万円以上なければ、厳しいのではないでしょうか。

 

クミちゃんにナデナデチュッチュ、しかし一歩の目が死んでいるのは?

坊主頭になった一歩にクミちゃんは、幼いころに大好きだった「ハゲチュウ」を思い浮かべ興奮します。

そして、一歩の頭をナデナデチュッチュです。


森川ジョージ「はじめの一歩」第1248話より引用

こんな嬉しい体験なのに、一歩の目が黒塗りの死んだような目になっているのです。

「ハゲチュウそっくりでかわいい」とクミちゃんが言っていることまでは、目に光があります。

しかし、なでられたときから目が死んでいます。

彼女に触られて「恥ずかしい」でも「嬉しい」でもなく、虚無感を漂わせる瞳になってしまったわけです。

この表現の意味はいったいなんなのでしょう?

弟子が見ているところで、このようなイチャチャぶりを見せ付けることになってしまい、一歩の心が恥ずかしさを超えて、壊れてしまったのか。

それにしては、「触っていいですか」というクミちゃんのお願いに、あっさり、照れることもなく「あ はいどうぞ」と言っています。

一歩の目はなぜ死んでしまっているのでしょう。

スポンサーリンク

 

はじめの一歩1249話今後の展開予想

泰平との師弟関係を作り、一歩が裏切られ喧嘩沙汰、そして、一歩の激怒ビンタで傷害事件発生のイベントが終了しました。

今後はどのように話は進むのでしょうか。

 

しばらく師弟の話で進むのか? それとも?

まず、しばらくは鴨川ジムに入門した、泰平と金田欽太郎と一歩のトレーニングとか3人を中心に話は進むのでしょうか。

それとも、物語のメインストリートからは外れ、一歩の現役復帰に向けての話に展開が変わるのか?

今のところ、判断できる材料はありません。

ただ、一歩の現役復帰のイラストも公開されています。

トランクスに三つの黒星が刻まれたイラストです。

イラスト公開のタイミングを考えると、泰平との話が一段落したところで、一歩の現役復帰への方向に舵を切りそうな気がします。

この後、延々とトレーニング中心の話をするのは、かなり冗長な感じになります。

ただ、トレーナーとして指導している中で、一歩の現役復帰のフラグを立てていくかもしれません。

 

一歩の現役復帰のタイミングは?

単行本になることを考えた場合、一歩が現役復帰を考え、迷い、そして決断するまで1冊にまとめるのではないかと推測します。

まずは、現在全く未練がないないと本人が言っている「現役復帰」をどの段階で、なにをきっかけに考えるようになるかです。

現役復帰に関しては、鴨川ジムのメンバーは内心期待をしています。

鴨川会長も本心では一歩の復帰を願っているという伏線が今までになんかいも張られています。

復帰を反対するのは、周囲ではクミちゃんぐらいですが、一歩がやる気を見せれば、折れてしまいそうな気もします。

問題は、一歩が何をきっかけに、現役に未練を感じ、現役復帰したいと思うようになるのか。

泰平、欽太郎を育てていく中で、ふたりの成長に感化され…… という展開では話が長くなってしまいそうです。

となると、なにか別のきっかけが、起きるのかもしれません。

ライバルだった宮田のメンタルが自分の引退でボロボロになっていることを指摘されても、一歩は現役への未練を見せませんでした。

果たして、それ以上に一歩の引退の決意を覆すような「事件」が起きるのでしょうか。

今での展開を見ますと、よほどのことがないと、リアルな感情の変化を描くのは難しいような気がします。

>>はじめの一歩1249話ネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)