【カイジ】278話のネタバレで「残念!」チャン!停滞中で打つ手なし?

スポンサーリンク

カイジ278話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

まず、予想された最悪のさらに上です。

チャンは20時間寝ていなくて、酒飲んで熟睡です。もう、圧倒的!熟睡!爆眠!

チャンは目を覚まします。

そして目覚まし時計を確認して驚愕です。

なんと時刻は8時ではないですかぁぁ!

…ということで、圧倒的な絶望の中、ただチャンは広島のボロ屋の庭で泣き崩れるしかなかったのです。

カイジ278話のネタバレ要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

 

カイジ278話ネタバレの要点のまとめ

20時間も軽トラを運転し続け、そして酒飲んで寝てしまったチャンです。

今回はそこから物語が始まります。

無情なカイジの物語がーー

 

眠っている間は圧倒的っ!無力!!

目覚ましは5時に設定していますが、眠っている間はなにもできません。

まさに無力、圧倒的な無力の中、チャンは眠るしかなかったのです。

確かに寝ている間は何が起きても「お手上げ」です。

 

そして、チャンが寝ている間に恐るべき事態が進んでいくのです。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

とにかく眠り続けますが、人間自然に目が覚めます。

 

チャンは、目を覚めますと「ここどこだ」という感じで過去の回想に入ります。

チャンは、風呂入って、おっちゃんと酒飲んで、寝たこと。

 

で、5時におきなければい毛なかったことを思い出します。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

おっちゃんに車で駅まで送ってもらい、始発で広島駅まで出て、そして東京に帰る。

 

そして、カイジと合流すると言う計画です。

チャンはカイジと打ち合わせた計画を思い出すのです。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

チャンは、目覚まし時計をあわてて確認します。

 

うわああっ!8時じゃないか!!

しかし、なんという無情、非情!

そして情け容赦なしの時刻をその目覚ましは告げていました。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

…どう見ても8時です。

日本人が見ても中国人が見ても8時です。

5時を遥かに超えています。

 

チャンは口をあけてしばらく固まりますがーー

「うわああっ!」と絶叫しますが、絶叫で時は戻りません…残念!

 

「なんで起こさない!おっちゃん!」


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

チャンはおっちゃんを責めます。

5時に起きて、車で駅に送ってもらい、始発で広島駅に行く。

そして広島から新幹線で東京へ行き、コインロッカーのお金を回収しカイジとマリオを合流するという計画。

それが完全にぶち壊れています。

 

おっちゃんは、幸せそうに寝ていたチャンを起こせなかったと言います。

それが自分の性分で親切心であったといわんばかりです。

 

チャンは焦りまくります。

とにかく今すぐ、東京に向かわねばならないのです。

今からでも出発しようとするチャン。

 

しかし、おっちゃんは、酒を飲んで車の運転ができないというわけです。

「あ… 朝っぱらから バカか? あんた!」

「いやいや」

「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

というわけでおっちゃんの態度が変です。

そして、チャンの認識に大きな誤解があることが分かるのです。

 

8時は8時でも夜の8時!いわゆる20時!

朝から酒を飲んでいるとチャンに責められるおっちゃん。

しかし、おっちゃんは「昼からしか酒は飲まない!」と断言。

まあ、昼から飲んでいるということだけで十分にアレな感じなのですが。

しかし、少なくともここで厳然たる事実が明らかとなるのです。

 

おちゃんとのやり取りでもう一度、目覚ましを確認するチャン。

それは…、8時です。

 

あわてて、廃屋寸前のおっちゃんの家の外に出るチャン。

「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

圧倒的!夜!

 

もはや動かしがたい現実!

8時は8時でもそれは20時だったのです。

 

ここで、チャンは「20時間眠りっぱなし」であったことを知ります。

 

おちゃんを責めますが、おっちゃんは「幸せそうに寝ている人」は起こせないというだけです。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

そりゃ寝ている間はいい夢みていたのでしょう。

しかし、この現実の落差は過酷っ!

あまりにもチャンに過酷です…。

 

コインロッカーの罠!

そのころのカイジとマリオは、栃木の廃屋でチャンを待っています。

さすがにふたりは「アクシデントの想定」を始めています。

 

まずいのは、コインロッカーに預けたお金です。

コインロッカーは3日放置しておくと、3日目に中身をチェックされてしまうのです。

爆発物、危険物のチェックのためにですから、警察がやってきます。

そこで大金が発見されれば大騒ぎです。

24億円もっての逃亡計画は、崩壊寸前にまで追い込まれています。

 

今日中にチャンが戻ってこないとそれは、非常に不味いというよりゲームオーバーにすらなりかねません。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

カイジは聡明なチャンに期待します。

しかしーー

残念! それは叶わない チャンは この時 まだ 広島の片田舎で


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

…ということで、まだチャンは広島にいます。

それも駅まで徒歩10時間の片田舎です。

なんで、こんなとこに「巨大迷路」のアトラクションを作ったのか理解に苦しみます。

というか、この場所自体が脱出不能の迷路です。

 

チャン停滞中で、カニのようになって泣き濡れる

チャンはまったくもって、どうしようもないくらいに停滞中です。

 

夜20時の時点で「今日」の残り時間は4時間しかありません…。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

そしてカイジと、コインロッカーの罠について聞いているチャンは、その「絶望感」に泣き崩れます。

 

「ああああっ」と地べたにカニのようになって這いつくばるチャンです。

「我なき濡れてカニのまね」でしょうか。


「福本伸行「カイジ」第278話より引用」

 

しかし、ここでおっちゃんが、チャンの様子に驚きの顔を見せます。

今まで正体不明で、何を考えているか分からなかったおっちゃんですが、もしかしたらこのおっちゃんがーー

もしかしたら、福本先生のミスリードに引っかかっていたのかもしれません。

泣き崩れるチャンに対し、おっちゃんは、どんな行動に出るのでしょう?

スポンサーリンク

 

カイジ277話ネタバレの考察

 

コインロッカーの預かり期限は?

完全に寝過ごした上に、コインロッカーのチェックする日が明日になります。

20時に広島の片田舎ですから、コインロッカーがチェックされるまで戻れるのかどうか?

普通に考えて預けて厳密に明日ということであれば、まず戻るのは無理ですね。

 

ちょっと調べましたが、コインロッカーの預かり期限の3日間というのは約3日ですね。

で、管理会社に連絡すると、問題なく4日以上預かってくれるそうです。

しかし、そんな知識がチャンにあるわけないでしょう。

 

パソコンも携帯もなく、ネット環境の利用もできません。

下手に戻れば、荷物チェックしている最中に警察に出くわすのではないかという恐怖も感じるでしょう。

さて、チャンはどう動くのか。

 

チャンは間に合うのか!?

 

おっちゃんの家の庭に車庫があり、車があるのは確かです。

もし、「チャンに車を貸す」という決心をおちゃんがした場合ーー


「東京駅(東京) から 広島駅 – Google マップ」より引用

 

10時間くらい…(汗)、…で東京に到着できます。

朝の6時には、到着できますね。どうでしょうか……!

ぎりぎり間に合うのか?

 

カイジ277話ネタバレのまとめ

以上カイジ277話のネタバレをご紹介しました。

この後、鍵となるのは「おっちゃん」でしょう!!

「ヒョ ヒョ」と言う台詞と、怪しい表情と行動で「怪しさ満載」だったおっちゃん。

その怪しさと、同時に非常に親切であったことは事実であるわけです。

これが、本当に裏の気持ちのない、さびしさから出た優しさだったのでしょうか。

そして、大量にあった警察からの表彰状をしまったのも、外国人のチャンに対する気遣いだったのでしょうか?

であれば、このおっちゃんは「親切な善人」である可能性もあります。

さて、おっちゃんはどう動くのか?

聡明なはずだったチャンは、もう泣き崩れているだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)