【ドクターストーン】48話のネタバレで強すぎる氷月、賢すぎる千空とゲン!

スポンサーリンク

ドクターストーン48話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

日本刀を手に司帝国との第二陣に臨んだ石神村の武闘派メンバーたち。

血気盛んな男たちを倒したものの、最大の強敵である槍使いの氷月と再び相まみえます。

「ドクターストーン48話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ドクターストーン48話ネタバレの要点まとめ

 

立ちはだかる氷月

いつ第2陣が来るか分からない状況のため、正規の手順で製造することができなかった急ごしらえの日本刀を手にする石神村精鋭部隊。

自分たちの使っている石器武器とは比べ物にならない威力の日本刀を前に、手にしていた武器と共に戦意も失ってしまう男たち。

短い時間で日本刀を用意してみせた千空たち科学王国の力と、あえて石化解除組の現代人が恐れるであろう日本刀を武器に選んだことを素直に称賛する氷月。

 

それでも、槍使いの自負から一人で日本刀の戦士たちに立ち向かいます。

 

氷月

「ただ 私の管槍貫流槍術は 刀などには負けませんが」


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」48話より引用)

 

最初に氷月の狂刃が向いた先はマグマでした。

金狼の時と違い、槍そのものを回転させるだけでなく槍で円を描くように回転させる技を使う氷河。

攻撃とは思えないほど大きめの円を描く槍の軌跡を見て、月を想起するマグマ。

為す術もなく手にしていた日本刀を弾かれ、腕と眉間を傷つけられてしまいます。

 

さらには背後から切りつけようとしていたコハクを弾き飛ばし、続けざまに銀狼へと槍を向けますが、間一髪で金狼が防ぎます。

石神村が誇る最強3人組を一瞬で打ち払う圧倒的な武力を見せる氷月を前に、真のボスだと表現するコハク。

 

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」48話より引用)

 

銀狼の日本刀を取り上げ、再び戦闘態勢に入るマグマ。

 

その時、草むらから現れたゲンが、目の前の3人を倒せば終わりだと氷月に助言をします。

それまで協力的だったゲンによる突然の裏切り的発言に疑惑を抱くコハクとマグマ。

一人冷静だった金狼はゲンの言葉の裏を読み、3人同時に攻撃しようと持ちかけますが、激情に駆られたマグマが先行してしまいます。

 

再び回転する槍に翻弄されズタボロになるマグマの背後から、金狼とコハクのコンビネーションによって氷月の頭上を取ります。

そんな奇襲にさえ即座に反応し、空中で避けられないコハクに槍を放ってみせる氷河

 

「手元の捻りが筒を支点に増幅し 槍先では大きな月輪を描く」

「貫流槍術独特の技    


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」48話より引用)

 

回転によって槍の切っ先を隠す技術に翻弄され、必殺の突きが腹部に目掛けて放たれてしまったその時、氷月の槍先が突然壊れてしまいました。

 

またしても暗躍していたゲン

驚きつつも冷静に槍先の状態を確認する氷月。鋭利な切込みが外から判別しづらいよう絶妙な加減で入れられていることに気づきます。

「ジーマーで??」とあからさまにとぼけて見せるゲンに向かって、立派な裏切り者だと静かに怒りをぶつける氷月。

防ぐことすら不可能な氷月の槍に唯一触れていたのは、第一陣の後に行動を共にしていたゲンだけでした。

それでもとぼけるゲンですが、頑なな氷月の疑いの姿勢についに醜悪な笑みを見せながら裏切りを告白します。

 

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」48話より引用)

 

小さい刃物の持ち合わせがないゲンのため、ゲンが秘かに追跡用に残しているであろう目印を頼りに、刃物を届けるようスイカに頼んでいた千空。

通常日向に咲く犬鬼灯が日陰にあるのを見て、見事ゲンの元へと辿り着いたスイカは、小型の日本刀をゲンへと渡していたのでした。

 

犬鬼灯の花びらを散らして、氷月のそばから千空の立つ吊り橋のそばへと一瞬で移ったゲンは、不敵な笑みを浮かべながら、悠々と氷月に語りかけます。

 


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」48話より引用)

 

渡した小型日本刀の切れ味を誇らしげに語る千空。

様々な科学を駆使してついに武力の上で圧倒的に勝る氷月の専用武器を砕いてみせたのでした。

 

ドクターストーン48話ネタバレの考察

ドクターストーン48話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

どこまでも頼りになる男、ゲン

ゲンの株が高騰を続けております。

御前試合でのマグマとの対決時、第一陣で銃が完成していると錯覚させたこと、そして今回の策略と、千空と同じレベルで村の命運を左右している人物になりました。

今回、氷月に斥候であることがバレてしまった以上、今後の活躍はスパイとしてではなく、メンタリストとして敵の意表を突く罠を仕掛ける手助けをするのではないでしょうか。

ただ、ここ最近の活躍が著しいため、しばらくおとなしくなるのではないかなとも思いますが…。

 

それにしても、大活躍のゲンに対し、前回あれだけかっこよく登場したのに今回出番がなく、ほんの数コマ描かれただけのコクヨウさんが気になります。

もしかしたら次回活躍するのでしょうか?

 

まだまだ離れている司帝国との戦力差

ジャイロ回転などという話ではなく、技が突きに限定されてしまう槍術において、より重要な技術を披露した氷河。

氷月のその槍捌きの前では日本刀を所持した村の武闘派たちでも歯が立ちませんでした。

 

その氷月にしても、単に司との2本柱というだけで、司と氷河以外が全員雑魚というわけではないでしょうから、司帝国との戦力差は絶望的です。

やはり戦闘を石神村の精鋭だけに任せておくのは無理があります。加えて近接戦闘ではどうあがこうと絶対に不利です。

 

とは言うものの、ただの飛び道具では司はもちろんその側近レベルにも通じないでしょうから、すでに作ってあるガスマスクと合わせて、睡眠ガスあたりが有力でしょうか。

なんにせよ、もはや単純な武器の強さでは司を倒せないことが明らかになりました。

スポンサーリンク

 

ドクターストーン48話ネタバレのまとめ

日本刀を持った石神村の精鋭部隊さえ圧倒した氷月ですが、千空、ゲン、スイカの作戦により専用の槍を失ってしまいます。

自慢の獲物を失った今、氷月を倒す最大のチャンスですが、金狼は病み上がりで、新たにマグマも負傷し、コハクも九死に一生を得た直後…。

倒すのも捕えるのも難しい状況ではありますが、仮に逃がせばより万全の準備をして戻ってくるのは明白。

次の展開が読めないのがこんなに気持ちの良い状態もなかなかありません。

裏をかかれる準備をしながら次回を待ちましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)