【ドクターストーン】50話のネタバレで科学王国の次なる武器は現代人の必需品!

スポンサーリンク

ドクターストーン50話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

第1陣、第2陣ともに氷月率いる司帝国の先鋒部隊を退けることに成功した千空たち。

司帝国の主力部隊が攻め込んでくること前に、逆に打って出ると語る千空ですが、その先制攻撃に使う科学技術はなんと、誰も知るあの技術でした。

「ドクターストーン50話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ドクターストーン50話ネタバレの要点まとめ

 

氷月復活の日

石神村に氷月が攻め込んでくる1か月前。

司によって新たに選定された人間の中に、氷月がいました。

 

復活後すぐに実力を見せつけ、司と意気投合する氷月。

1人でも石神村を凌駕する武力と知力を併せ持った2人が揃った瞬間に身震いするゲン。

 


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」50話より引用)

 

 

科学を消し去る決意

石神村への攻撃を開始するまでの1か月間、原初に還った自然の中で互いの意見を交わし合う氷月と司。

経済力の多寡によって若者が正しい扱いを受けられないことを何よりも憂いている司と、その状況を作り出している老人たちを非難する司帝国の面々。

司は自分たちの追い求める理想の社会を実現するべく、科学の全てを背負って立つ千空を亡き者とする決意を固めます。

 


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」50話より引用)

 

 

作るのは通信技術!?

日本刀を持ってしても武力的には氷月すら倒せない石神村の戦力の中で、司の大軍勢が攻めてくる前に次なる科学武器の開発を示唆していた千空。

焦らしに焦らしてから発表されたその科学武器の名前は、「通信技術」でした。

 

情報戦を制した方が勝つという現代戦のセオリー通り、即座に情報を共有できる通信技術によって、司帝国との戦いを優位に進めようとします。

 


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」50話より引用)

 

そしてゲンというスパイを失い、今後の諜報活動のキーマンとして千空が挙げたのは、長い長い雌伏の時を過ごした大樹と杠の名前でした。

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン50話ネタバレの考察

ドクターストーン50話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

言われてみれば確かに

前回の考察にて千空が次に作るものを飛行技術と予測していましたが、日本刀に続いて再び大きな的外れとなりました。

…恥ずかしい限りです。

 

しかし、よくよく考えてみればその通りですね。

制空権を取ろうが、情報が漏れてしまってはどんな作戦も成功するはずがありません。

 

サイバー攻撃がニュースで大々的に取り上げられ、未だにスパイだ何だと騒がれることがあるように、冷戦以降の時代では情報戦こそが主戦場。

考察に携わる者として猛反省させられる回となりました(笑

 

糸電話でもなく、モールス信号でもなく、トランシーバーでもなく、携帯電話……。

本当に携帯レベルの通信機械を作り出せるのかどうかは分かりませんが、千空のこと、初期の巨大な携帯電話レベルは越えてきそうです。

 

ただ、例え通信技術ほどの距離と速度はないにしても、野生を尊重する司のこと、司帝国側にも何かしらの情報共有システムがあるのではないでしょうか。

情報戦が重要だと言うのは司とて百も承知のはずですから、口笛、あるいは自作の笛など、音を駆使することで通信に負けず劣らずの情報交換の方法を用意していそうです。

 

以上のことから、この先のストーンウォーズは科学VS武力の構図に、知恵比べの一面も加わってきそうですね。

 

情報戦に入るとして

さて、通信機械を手に入れたとして、どうやって司帝国を降伏に追い込むのでしょうか。

 

数で負けている以上、情報戦に勝っても司帝国側を負けに追い込む実質的な方法がなければ戦いにはなりません。

第2陣の時のように自然に流れてきた毒ガスでもない限り、戦争とはいえ相手を殺める方法を千空が選ぶとは思えませんから、敵はすべからく捕まえていくことになるのは確かですが、その方法が見えてきません。

連絡を取り合い、コハクや金狼の手に負えない相手をピンポイント不意打ち捕縛作戦なのか、それとも一網打尽にできる何かを他に作り出すのか。

 

また、最終的に司か氷月のどちらか1人でも残っていれば戦局を覆すことは十分可能なため、2人を確実に無力化する科学武器も必要になってくるはず。

その部分はもしかしたら大樹と杠の方で練ってくれているのかもしれませんが、今後言及されていく点であることは確かです。

 

正論だけど

連載当初に少しだけ語られていた社会の矛盾に対する司の怒りが、ついに全て語られました。

 

司の語る社会の矛盾は確かに正論で、今回の司のセリフによってジャンプ作品では「めだかボックス」以降、久しぶりに真正面から社会問題について言及した作品となりました。

一部の強者が弱者を搾取するという構図を憎み、それを破壊するべく人類浄化を敢行しようとする司ですが、武力によって今度は自身がその憎むべきピラミッドの上層に立ってしまっている現状に気づくことが出来るかどうか。

 

幼い頃にその怒りと強さを生む要因となる辛い体験をしていたことは今後明かされるとして、司が戦争後にどのような変化を見せるのかも今から気になって仕方がありません。

千空との戦いで自身の矛盾や間違いに気づくのか、例え敗れたとしても理想は捨てず、静かな世界を求めていずこかへ去ってしまうのか…。

 

知力レベルMAXの千空と、武力レベルMAX+知力レベルも高い司。

優れた才能を持つ2人も、まだまだ少年であることに変わりはありませんから、その辺の成長も描かれるのではないでしょうか。

本編中の司のセリフに釣られ、いつになく硬派な考察となりました。ありがとうございました。

 

ドクターストーン50話ネタバレのまとめ

今回はドクターストーン50話のネタバレをご紹介しました。

石化する以前から社会に対する鬱屈した感情を抱いていた司。氷月との会話によってその感情を全て言葉にしていました。

そして正しい世界を手に入れるため、科学の知識もろとも千空を亡き者とし、人類が石化から解放されるのを阻止するべく戦う決意を固めていました。

そんな司の標的となった千空。人類を石化から救うため、石神村を司帝国からの侵略から守るため、次なる科学武器、通信技術の作成に入ります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)