【ドクターストーン】54話のネタバレで絶望を散らす超希少鉱石ゲット!

スポンサーリンク

ドクターストーン54話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

水力発電所の完成により動力を得た千空たちは、冬支度を万全にし、さらには電球をも開発します。

しかし、順調に進んでいた携帯電話開発プロセスは途端に暗礁に乗り上げてしまい、千空すら絶望させます。

そんな絶望を吹き散らした激レア鉱石とは?

「ドクターストーン54話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

 

ドクターストーン53話ネタバレの要点まとめ

 

真空管作成開始

電球の完成により松明だけでの洞窟探索を卒業し、より深く、より正確に、より簡単な採掘に臨めるようになると意気込むクロム。

 

しかし、すでに前回の時点でほぼ材料が揃っていたために、特に欲しい物はないと千空に言われてしまいます。

とりあえずは、次の工程に必要になるであろう銅の採掘をクロムに託し、千空とカセキの2人は携帯電話の核にもなる真空管の製作に移ります。

 

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」54話より引用)

 

携帯電話開発作戦、詰む

村に残った千空とカセキの2人で、携帯電話の中枢に使用する真空管を作ろうとしますが、難易度が跳ね上がった工作作業に手詰まりとなってしまいます。

クロムが銅を持ってきたことで作業を再開しますが、そもそもストーンワールドに真空管の伝導部の熱に耐えられる素材がないことに気づいてしまいます。

 

これまで「~だったら詰みだ」と語ることはありましたが、初めて千空が本当に「詰み」を覚悟します。

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」54話より引用)

 

レアメタル発見

携帯電話の開発が不可能となったことで、ここまで保ってきた熱を失い、携帯に代わる科学武器の開発を考えることもできずにいた千空の元を、ゲンが尋ねます。

 

新年の朝日をみんなで見てリフレッシュすることを提案しますが、そこで奇跡が起きます。

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」54話より引用)

 

スイカの手に握られていた石は、日本では希少な鉱石で様々な熱伝導物質に使われるタングステンでした。

タングステンがあれば携帯の開発も出来ると語る千空は、クロムとマグマを連れて今度こそ洞窟探索に出向きます。

 

スポンサーリンク

 

ドクターストーン54話 ネタバレの考察

ドクターストーン54話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

本当にタングステン!

前回の考察で可能性は低いながらも、「タングステンが必要になるかもしれない」と予想していましたが、まさか本当にタングステンになるとは…。

日本で採れない希少な鉱石で、ほとんどを中国やロシアなどの輸入に頼っている鉱石のため、予想はしたもののさすがに出ないかと思っていました。

 

この分だと本当に次回の探索で、タングステンがクロム族元素の鉱石だということについて、千空の口から「クロム、こりゃてめぇと同じ性質の石だ」といったセリフが飛び出そうです。

ただ、このままだと一部からタングステンが日本にあるわけないとして、ご都合主義の誹りを受けそうでもありますから、その辺りの説明も千空から語られそうです。

個人的には面白い展開だと思いますが…。

 

日程的にも体力的にもギリギリ?

一度は完全に詰んだと思われた携帯電話の開発も、希少なタングステンの発見という幸運によって再び動き出しました。

しかし、御前試合が終わり、父・百夜のエピソードが語られて以降、常にノンストップかつ急ピッチで何かしらの科学武器を造り続けてきた千空・クロム・カセキの科学班。

その疲労はすでにかなり蓄積しているのではないでしょうか。

 

今後も続くであろう開発の過密日程で、体力を削られていくでしょうから、若い千空とクロムはともかく、老体のカセキはどこかでダウンしてしまう可能性は高そうです。

 

加えて、たった1週間とはいえ開発がストップしてしまったことも、初めからカツカツだった開発日程をさらに厳しいものとしてしまったはず。

 

さらには、司帝国の妨害など、冬の間何事もなく携帯の開発に勤しんでいられるという保証もありません。

タングステンの発見によりリスタートを切ったとはいえ、携帯電話の開発はいよいよ待ったなしとなってしまった感がありますね。

やはり、携帯電話は作れても、主要戦闘員数人分だけになってしまいそうですね。

 

マグマと打ち解ける?

高い硬度に比例した重量を持つタングステンの採掘のため、村一番のパワーのあるマグマを採掘メンバーに抜擢した千空。

次期村長を決める御前試合でゲン・千空・クロムの3人で協力してマグマを倒して以来、ゲン以外でまともにマグマと会話しているシーンはありませんでした。

 

次週の物語では、確実に採掘部隊の3人で会話が繰り広げられるでしょうから、是非洞窟探索もそこそこに、それぞれの胸のうちについても探索してほしいところです

 

まさかここへ来て洞窟内での事故に見せかけて、マグマが2人を殺めようとするはずもないでしょうから、そこらへんはあまり構えずに期待していてもいいものと思います。

考えられるのは、クロムとの昔話と千空との会話によって幼少の頃のことを思い出し、村を守る英雄になりたいと願っていたあの頃の精神を取り戻すといった流れではないでしょうか。

金狼が眼のボヤボヤを克服したように、マグマも心のボヤボヤを解決してほしいものです

まぁ、角が取れて丸くなり、単なるイケメンマッチョになったマグマも、それはそれでちょっぴり物足りなく感じてしまいそうではありますが(笑

 

ドクターストーン54話 ネタバレのまとめ

今回はドクターストーン54話のネタバレをご紹介しました。

万全の冬支度をした石神村は、本格的に携帯電話の開発に移りますが、携帯本体に使う真空管の作戦段階で一度完全に詰んでしまいます。

落胆する千空でしたが、スイカの持っている石が希少鉱石・タングステンだと分かると、再び熱意を取り戻します。

真空管を作るため、そしてタングステンを採掘するために、今度こそ洞窟に奥へ突入する千空とクロム、そしてマグマを加えた3人組。

これまでほったらかしにされてきた因縁のマグマとの関係は改善するのか、それとも新たな窮地を招いてしまうのか。

ワクワクと緊張が交錯する絶妙な展開に唸りが止まりません。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)