【ドクターストーン】55話のネタバレでマグマの凶行と善行、そして怪しく動くゲン

スポンサーリンク

 

ドクターストーン55話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

真空管のフィラメントの材質不足で一度は詰んだ携帯電話の開発でしたが、スイカがタングステンを持っていたことが分かり、再び動き出す千空たち。

何事か企んでいたあさぎりゲンが、千空が村を離れた段階で行動を起こします。

一方、洞窟へ入った千空とクロムを待ち受けていたのは、鉱石採取の苦難ではなく、因縁の相手マグマとのトラブルでした。

「ドクターストーン55話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

 

ドクターストーン55話ネタバレの要点まとめ

 

怪しい動きを見せるゲン

携帯電話開発プロセスを再びスタートさせたタングステンをさらに手に入れるべく、千空・クロムにマグマを加えた3人で「採掘部隊」を組み、洞窟に踏み込みます。

 

いまだ御前試合の経緯や結果に納得していないマグマに、ゲンが小声で何事か吹き込みます。

そして、千空たちが村を離れた後、ゲンの顔がこれまでに幾度も見せてきた怪しい表情に歪みます。

 

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」55話より引用)

 

マグマの凶行

マグマを連れてきたことを諫めるクロムを説得する千空。

もろい雲母が崩れてできた穴を発見し、落ちたら這い上がれない深さだと確認したマグマは、千空を突き落とそうとしますが、逆にマグマの足場が崩壊してしまいます。

 

落下寸前で千空によって腕を掴まれている間、2人を始末するため探検隊に加わったことや、現状に納得していないことを大声で吐露します。

そして千空の足場も崩れ、2人は深い穴の中へ落ちてしまいます。

 


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」55話より引用)

 

千空を救うマグマ

脱出不可能な穴の中で腕力や知力ではなく、多様性こそが強さだと千空に諭されるマグマ。

 

穴から脱出するため、水を流して込んで水位を上げる作戦をクロムに実行してもらい、長時間水に浸かり続けるうちに千空の体力の方が尽きそうになります。

 

(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」55話より引用)

 

「お前の知らないすげぇもんを教えてやる」という千空の言葉で、日本刀を持ったこと、生まれて初めて甘味を食べたことなどを思い出していたマグマ。

ついに協力することを認め、水の中から千空をイルカのように押し上げて穴から脱出させます。

 

スポンサーリンク

ドクターストーン55話 ネタバレの考察

ドクターストーン55話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

あれ、ゲン…?

千空が石神村を後にしたタイミングで、ゲンがあやしすぎる発言をしていました。

これまで司帝国側に見せてきたような騙し顔で、千空が村を離れたことを喜んだ様子。

 

面白い話があると言って村人を集めていましたが、もしかしてまだ司帝国のスパイだったとか…?

と見せておいて、千空に対する何らかの嬉しいサプライズを企んでいるのではないでしょうか。

 

あるいは単に石神村の面々に自慢のメンタリストショーを見せたかったとか。

千空が見ている前ではドヤされるのが分かりきっていますから、そんなことはできませんし…。

 

それに、もし「離れてくれた」なんて言い方ではなく、マグマに何事か吹き込んだのは、単に「チャンスじゃないのマグマちゃん」と言って行動に発破をかけただけだと思われます。

洞窟内でトラブルを起こしてくれれば、千空たちの帰りが遅くなり、その分、自分のショーの時間が長引くことになります。

 

それに氷月の管槍を壊したり、御前試合での加勢だったりと、これまでの千空たちへの献身から、司帝国の間者でないことは確かでしょう。

また、メンタリストとしてショーをしていたゲンにとって、司の作る世界では再びショーを開ける見込みもゼロです。

となると、やはりゲンが企んでいるのは、ネタばらしをする千空がいないうちに思う存分ストーンワールドの人々に妖術、もといマジックを披露したいということではないでしょうか。

 

これで本当にゲンが千空や石神村の人たちを騙し続けていたのなら……恨みます。

 

 マグマも科学班に編入?

千空を穴から脱出させ、一人水の中に残ったマグマ。

わだかまりが完全に溶けたとはいえない状態ですが、これでひとまず

可能性は低そうですが、腕っぷしだけが力ではないことに気づいたマグマも、積極的に科学班の工作に参加するのではないでしょうか。

 

体格という才能に恵まれ、武術の心得えもあり、悪知恵も働くマグマのこと、やる気を出し、正しい方向にその才能を育てれば、なにより、老人と少年2人しかいない科学班の絶望的な人手不足も解消されますし。

 

タングステンの用途

さて、物語の考察はこの辺にして、ドクターストーンの醍醐味である科学についても考察していきましょう。

というのも、絶賛探索中のタングステンですが、単純にフィラメントにのみ使うつもりなのでしょうか?

 

これまでドクターストーンでは、一つの材料から2つ、3つと作ってきた経緯もありますし、どうにもタングステンが携帯電話を作るためだけに登場したとは思えません。

貴重なタングステンを無駄遣いするとも考えづらいですが、漫画界のでんじろう先生ことドクターストーンには、物語の面白さ同様、科学の楽しさを読者に伝える一面もあります。

 

調べてみると、タングステンは指輪にも使われるそうではありませんか!

そしてこの考察でも散々語ってきたタングステンは「クロム族元素」に属するということで、クロムが関わってくる可能性も高いです。

 

そして「クロム」といえば、想い人の巫女・ルリとの恋です。

御前試合でクロムとルリの想いが通じ合った描写があったものの、それ以降何も描かれることがなく、もやもやしたままなのは私だけではないはず…。

以上のことから、携帯電話の開発が落ち着いた頃に、クロムがまた勝手に閃いて一人で指輪作りに勤しむのではないでしょうか。

 

そして来たる司帝国との決戦前。

完成したタングステンの指輪を手に、ルリに結婚を申し込む流れを予想、もとい妄想してしまいます。

ただ、それだとクロムの死亡フラグが立ってしまいますが……。

 

ドクターストーン55話 ネタバレのまとめ

今回はドクターストーン55話のネタバレをご紹介しました。

希少鉱石タングステンを探しに洞窟へ入った千空たち。

しかし、何事かを企んでいたゲンとマグマは、村と洞窟内でそれぞれ企みを行動に移します。

千空を洞窟内の穴に突き落とそうとしたマグマは、自身も穴の底に落ちてしまいますが、最後には千空に協力して穴から脱出させます。

マグマは本当に協力的な姿勢を見せるのか、そして村に残ったゲンは何を企んでいるのか。

今後のドクターストーンの展開が楽しみです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)