【ドクターストーン】56話のネタバレでタングステン採掘成功!ゲンの企みも判明!

スポンサーリンク

ドクターストーン56話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

タングステン採掘のため洞窟へ向かった千空・クロム・マグマの3人でしたが、マグマの凶行未遂によって千空とマグマが雲母の大穴に落ちてしまいました。

しかし、難を逃れたクロムと、科学班で働くカセキ同様に千空が来てからの新鮮な体験の数々を思い出し、協力態勢を約束したマグマによって大穴から脱出する千空。

タングステンの採掘を終え、村へも戻った千空を待ち受けていたのはまさかの科学サプライズでした。

「ドクターストーン56話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ドクターストーン56話ネタバレの要点まとめ

 

マグマへの誤解が解ける

マグマの協力によって一足早く水でいっぱいになった穴から脱出したものの、長時間水に浸かっていたために体温が下がってしまった千空は焚火で体を温めていました。

そこでクロムは千空の口から、最初にマグマが殴りかかってきたのは足元の雲母が崩れかかっていたのを見て助けようとしてくれたものだったことを聞かされます。

 

マグマに対する誤解が解け、クロムは素直に謝罪をの言葉を口にします。


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」56話より引用)

 

タングステン採掘

ようやく団結した3人は、洞窟の奥で巨大なタングステンの塊を発見します。

持ち前の怪力によって硬いタングステンを削り取っていくマグマ。

 

マグマとの因縁も晴れ、タングステンを取るまでに体験したことへの特別な想いを語りますが、千空とマグマにドン引きされてしまいます。


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」56話より引用)

 

ゲンからのサプライズ

突然村への期間を急かすマグマ。洞窟を出るなり、千空だけマグマによって目隠しをされてしまい、そのままマグマに担がれたまま村に連れ帰られます。

目隠しをされたままの千空の前に立ったのは、ゲンだけではなく、石神村の面々でした。携帯電話の開発が困難になったことで、手のひらを返されたのだと疑う千空。

 

目隠しを外される千空。そこにあったのはゲンの指示のもと石神村の民が作った展望台でした。


(稲垣理一郎・Boichi「Dr.STONE」56話より引用)

 

自身の夢にして、第二の人類の祖先となった父・百夜がいた宇宙空間を眺められる天体望遠鏡をプレゼントされた千空。

石から復活してからのことを振り返るゲンは、カセキたち同様の感謝と好意を照れ臭そうに伝えます

 

スポンサーリンク

ドクターストーン56話 ネタバレの考察

ドクターストーン56話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

天文台を作っていた優しいゲン

マグマが引き鉄となった落下トラブルを乗り越え、目的のタングステンの採掘も完了した千空を待っていたのは、出発前になにやら企んでいたゲンによるサプライズでした。

前回の考察でゲンのサプライズという予想だけは立てていましたが、まさか天文台を作ってしまうとは驚きでした。

 

よくよく読み返してみれば、千空たちが科学倉庫として使っていたあの建物の形状がすでに天文台のようだったことに今さらながら思い至りました。

何気ないデザインにも伏線があるのかと思うと、今後はより一層注意して1コマ1コマ見る必要が出てきますね。

 

そしてさすがはメンタリスト。

宇宙飛行士を父に持ち、自身もまた宇宙を目指していた千空に対して天文台というこれ以上ないプレゼントをチョイスするゲンの心根の優しさ。

理屈ばかりの展開じゃないドクターストーンの真髄を再び垣間見ました。

 

天文台の使い道は?

ゲンのサプライズ精神と、石神村の人々の頑張りによって千空もクロムも抜きで新しい科学道具の天文台を手に入れた千空。

目的のもの以外の物を手に入れてしまうのはドクターストーンではよくある展開ですが、それは別の使い道があるものばかりでした。

しかし、今回の展望台に関しては、この先どのように利用していくのでしょうか。

星の動きから雪解けの時期を正確に読むためかとも思いましたが、現代人の千空がいる以上そんな古い方法を取る必要もありません。

これはもしやストーンウォーズ編での再登場はなく、司帝国との戦いを終え、再び石化現象の謎を解く段になってから陽の目を見ることになるのでしょうか。

あるいは物語終了後に父と同様に宇宙飛行士となった千空の様子を見るためにワンポイントで再登場するのか。

もはや全く想像がつかない天文台の今後の活躍。

今はとにかくゲンが本当にグッジョブだったと拍手を送ることしかできません。

 

中断はあと1回はありそう

タングステンの採掘と、ゲンのあやしい顔の伏線も回収し終えたところで、ようやく3週に渡って止まってしまっていた携帯電話の開発が復活しそうです。

雪解けの季節まで残り2か月もなさそうで、この先今回のような開発を中断する幕間はあってもあと1回でしょう。

その1回がこれまでにも考察してきたような司帝国の横やりか、自然の驚異になるのかは分かりませんが、もうこれ以上中断しては携帯電話の開発が間に合わなくなってしまいますし、早く先制攻撃を見たいのに焦れてしまいます。

 

そして、しつこいようですがタングステンはクロム族元素ということで、クロムが携帯電話の開発とは関係ない行動に移る可能性について繰り返し言及しておきましょう。

今回タングステンに対してクロムの中に変な思い入れが生まれた描写もあったことですし、さらにクロムの単独タングステン工作が現実のものとなりそうです。

キレーな石だという発言もありましたし、やっぱりルリへ渡す婚約指輪を作るのではないでしょうか。

 

ドクターストーン56話 ネタバレのまとめ

今回はドクターストーン56話のネタバレをご紹介しました。

強力態勢を取ることにしたマグマによって窮地を脱し、タングステンの採掘にも成功した千空たち採掘部隊。

そんな千空たちが出発した後、なにやらあやしい動きを見せていたゲンでしたが、村へ戻った千空に見せたものは、天文台でした。

石化から解放されたことも十分驚きだったが、それと同じだけ驚きだったのは千空との出会いだったと語り、千空に感謝を伝えるゲン。

科学が再発展していくにつれて1人、また1人と千空との繋がりがさらに強くなっていきます。次はいったい誰とどんなエピソードが描かれるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)