【ハイキュー!!】306話のネタバレで第2セット開始!!ついに烏野高校リード!!

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!306話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のハイキュー!!では烏野高校と音駒高校の試合にて、重要な第1セットを烏野高校が落としてしまいます。

ですが、第2セットが始まると烏野高校は気にも止めないような、日向の速攻による攻撃を使ってポイントを取りました。

このセットを落としてしまえば負けてしまう烏野高校。果たして次はセットを取ることができるのでしょうか。

「ハイキュー!!306話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハイキュー!!306話のネタバレの要点まとめ

「ハイキュー!!306話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

心配する谷地!!

今回のハイキュー!!では第2セットの1ポイント目が終わったところから始まります。

応援席で見ている烏野高校のマネージャーである谷地は、合宿で一緒になった梟谷高校の木兎に声をかけられます。

 

そして、谷地は同じく梟谷高校の赤葦に深刻な顔をしていると言われて理由を語ります。

谷地

「・・・良く考えたら3セットマッチで1セット目をを落とすのを見るのは私は初めてだなって・・・」

「烏野は春高予選始まってから昨日まで白鳥沢との5セットマッチの時以外1セット目ってずっと先取してきたので・・・」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

谷地の発言に対して、赤葦はたしかに烏野は攻撃的な分最初は先取しやすいことを納得します。

 

そして、木兎もあおる様に音駒高校は守備力が高いからさらにヤバいと言って谷地を不安にさせてしまいます。

その様子を見た木兎は、谷地に諭すように話しかけます。

木兎

「「負けたら」そんな事考えて水差しちゃだめだよ」

「後の事じゃなく今見て」

「俺達がどのくらい強くなったのか見て」


「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

 

木兎の言葉に赤葦は少し圧が強いと謝りますが、谷地はそれを否定します。

谷地

「今までの自分に無かった思考を思い知るのは痛気持ちいいです」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

 

サーブで攻める烏野高校

試合が再開し、影山のサーブから始まります。

開始の合図がなって、影山は強烈なサーブを打ち込みますが、音駒高校は海がしっかりとレシーブをしました。

実況

「強烈なサーブ 音駒なんとか上げているっ よく上げた!」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

音駒高校はレシーブを上げた後、しっかりと攻撃を行って山本がスパイクを打ち込みポイントを決めました。

 

こうしてサーブ権が移り変わり、音駒高校の孤爪からサーブが始まります。

孤爪は再び日向の速攻を防ぐためにショートサーブを打ち込みます。

 

ですが、日向の後ろから声がして、リベロの西谷がしっかりとレシーブを上げました。

そして、ライトから澤村がスパイクを打ち込んでポイントを稼ぎます。

これで烏野高校が2点で、音駒高校が1点になります。

 

その後もお互いに譲らない攻防が続いて、ポイントは2対2になります。

実況

「これも強烈なサーブでしたが1本で切っている音駒」

「えー烏野は大分コート前方でサーブレシーブを構えていますね?」

「速攻潰しが明確になってきましたからね」

「前狙いとわかっての事でしょうね」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

烏野高校が前の方のポジションでレシーブを構えていることに気づいた音駒高校のリエーフは、後ろを狙ってサーブを打ち込みます。

 

しかし、烏野高校もそれは十分承知のうえであり、西谷がしっかりとサーブをさばいてセッターにつなぎます。

それにより、日向の速攻が決まって烏野高校はポイントを取りました。

 

余計な事をしてしまったと思ってコートを抜けた灰羽に対して、コーチである猫又監督は声をかけます。

猫又監督

「一番無意味なのはただやること」

「「考えて」「やってみて」「失敗する」はアリだよ」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

 

突き放す烏野高校

その後も、烏野高校は怒涛の攻撃を続け、音駒高校に何度拾われようとも厳しい攻めを続けます。

 

そして、ついに田中のバックアタックによって長いラリーを制しました。

実況

「今度は後ろから田中―ッ!!」

「サイドアウトを取るのも一苦労です烏野」

「立ち上がり均衡を保っている第2セット」

「互いに隙が無い分小さなミスが命取りになるかもしれない緊張感がありますが」

「”均衡を保っている”と言ったそばからノータッチエース!!!」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

 

烏野高校は田中のバックアタックによってポイントを取った後、東峰のノータッチのサービスエースによってさらにポイントを重ねます。

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

 

これで一気に盛り上がる会場と烏野高校陣営。

実況

「「ミスをするかも」という思考は二の次って感じですよね烏野は」

「古館春一「ハイキュー」第306話より引用」

こうして、今回のハイキューはポイントが6対4と烏野高校がリードして終わります。

 

ハイキュー!!306話のネタバレの考察

ハイキュー!!306話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

谷地さんの言葉の意味とは

今回のハイキューでは、応援席で烏野高校を応援しながらも心配している谷地に、梟谷高校の木兎が負けた後のことではなく今を見るように忠告しました。

その言葉に谷地さんはハッと気づいて、今までの自分にはなかった思考を思い知ることに痛気持ちいと答えています。

 

これは以前、日向になぜそこまで一生懸命練習をするのかという質問をした時に「負けたくないことに理由ってある?」と言われたときと同じような感じだと思ったからこそ出てきた言葉です。

谷地さんは、以前は「モブキャラ」として生きるような生活をしていましたが、烏野高校バレー部に入ることで考え方が成長していることが分かるシーンでもあります。

 

今後の展開はどうなっていくのか!

今回のハイキューでは、第2セットになってなかなか点が話せない烏野高校でしたが、田中のバックアタックと東峰のノータッチサービスエースによって点を話しています。

音駒高校もこのまま黙って突き放されることはないと思うので、またなにか新たな策を用意してくると思われます。

また、今までは直観的に動いていたリエーフが考えて動いて試してみるという描写があるからも、リエーフの成長具合も今後より描かれるのでないでしょうか。

 

ハイキュー!!306話ネタバレのまとめ

今回はハイキュー!!の306話のネタバレ記事を紹介しました。

第2セットでもなかなか点差が開かない中、ついに東峰がノータッチエースを決めたことから、これを機に一気に攻めることができるかが今後の注目ポイントだと思われます。

次回は誰が活躍するのか見逃せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)