【ハイキュー!!】313話のネタバレ 烏野高校の突破口!?菅原投入!!

スポンサーリンク

ハイキュー!!313話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のハイキューでは、音駒高校のセッターである孤爪研磨の作戦により、完全に日向の良さを封じられてしまいました。

さらに、日向が存分に力を発揮できなくなってきたことにより、焦りも生まれミスも出てきています。

また、音駒高校のリベロの夜久によるプレッシャーによって、ボールに触られていないのにもかかわらず、夜久を意識してミスする場面も増えてきています。

果たして烏野高校は第2セット取ることが出来るのでしょうか。

「ハイキュー!!313話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

ハイキュー!!313話のネタバレの要点まとめ

「ハイキュー!!313話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

冷静に見る研磨

第2セットの終盤にもなり、現在ポイントは両校ともに21ポイントと競っています。

ですが、音駒高校の方が追い上げていることと烏野高校の大きな武器の一つでもある日向を潰していることからも有利です。

研磨

「次は踠くといい “籠”から出たくて焦りと苛立ちから抜け出すための”近道”を探して目先の新しさを求めて」

「そうすればきっと次は烏野全体のバランスが崩れていく」

「古館春一「ハイキュー」第313話より引用」

 

流れを変える烏野高校

日向は思うようにポイントを奪えないことから、さらに気合を入れなおします。

すると、ここで烏野高校は月島とメンバーチェンジで3年生の菅原を入れました。

「古館春一「ハイキュー」第313話より引用」

菅原はセッターでもあり、ここ最近では久しぶりの試合出場です。

菅原が入ったことでメンバーの空気がいつもの感じに戻ります。

それに対して、音駒高校のキャプテンである黒尾も菅原に警戒し始めます。

試合が再開して、菅原のサーブが放たれます。

澤村

「「全力で点を獲りに行く」それは常に変わらない」

「でもたとえ得点に直結しなくても万全のチャンスボールを勝ち取れ」

「今まで数えきれない程道を作ってもらってきた」

「今こそ俺達が日向に道を作れ」

「古館春一「ハイキュー」第313話より引用」

澤村がしっかりと音駒高校のスパイクをレシーブして、烏野高校が攻撃を仕掛けます。

菅原が入ったことで烏野高校はセッターが2人いるような感じとなり、影山も積極的に攻撃に参加できるようになります。

日向も助走距離を確保して、5人での攻撃に入ります。

菅原はトスを上げる時に日向に出せる状況であることもわかっていましたが、あえて今は使いません。

そして、影山にトスを上げて、強烈なスパイクが打ち込まれます。

音駒高校も溜まらず、返球するだけしかできない状況になりました。

その時にすでに日向は万全の助走距離を確保します。

しかし、これを見抜いていた研磨は浅い場所にツーアタックで攻め込みました。

レシーブに回る日向

菅原がとっさに研磨の出したツーアタックを取ろうとしますが、それよりも早く日向が良いレシーブを返します。

日向

「研磨が「おれのレシーブ」でおれを閉じ込めるとわかってもどっちかを選ぶわけにはいかない」

「レシーブが無きゃスパイクも無い ボールが落ちたらバレーは始まらない」

「点を獲るのに近道が無いって事だけはしってる」

「古館春一「ハイキュー」第313話より引用」

日向のナイスレシーブに研磨も少し驚きます。

そして、レシーブをした後日向はさらにすかさず助走距離を確保しました。

しかし、今度もまた日向ではなく田中が打つことになります。

烏野高校は一気にチャンスボールとなり、日向は完璧なタイミングで助走距離を取ろうとしますが、コートに落ちた汗で足を滑らせてしまいます。

「古館春一「ハイキュー」第313話より引用」

これにより田中が再びスパイクを打ちますが、ブロックに2枚つかれてポイントを奪われてしまいます。

これで音駒高校が22点とリードします。

日向は汗で濡れたコートを拭きながらも、まだ諦めたいないような希望のある顔をしています。

これに驚く研磨。

その一方、影山は次は速攻潰しのサーブが来ることを予想しながら烏野高校の2回目のタイムアウトの時を思い出していました。

それは影山に向かって監督が「勇気出していこう」と声をかけた時のことでした。

これに対して影山も「はい」と応えて、今回のハイキュー!!は終わります。

スポンサーリンク

ハイキュー!!313話のネタバレの考察

ハイキュー!!313話を読んだ上での考察をまとめておきます。

烏野高校は攻撃パターンが増加する!?

今回のハイキューでは月島と入れ替わって菅原が試合に参加しています。

これによりセッターとして動けるのが2人になっています。

なので、これからは菅原か影山による変幻自在のトスで音駒高校を翻弄することができるようになります。

また、影山はスパイクでもエースレベルの威力を持っています。

なので、影山が攻撃に回れるというのは大きな意味があることでしょう。

さらに、合宿などで菅原もスパイクの練習をしていました。

なので、トスを上げるだけではなく、何かしらの攻撃を仕掛けてくる可能性は大いにあり得ます。

今後の菅原の動きは注目です。

日向はあえてレシーブに回るのか!?

今回のハイキューでは日向は毎回助走距離を確保しながらの全力の攻撃をしています。

ですが、結果的には日向にトスが上がっていません。

しかし、日向自身もそこに未だ不満もなく、燃えている様子がうかがえます。

さらには、日向は研磨の絶妙な日向潰しにしっかりとレシーブで返しています。

このことから日向は、あえて攻撃を捨ててレシーブに回る可能性もなくはないかもしれません。

今までは攻撃のことしか考えていなかった日向ですが、完全な助走が確保できない時は防御に回れれば、烏野高校としても大きな戦力アップと言えるでしょう。

烏養監督の言葉の意味とは

今回のハイキュー!!のラストでは、烏養監督が影山に勇気を出していくようにアドバイスしています。

これに対して、影山も考えたうえで答えています。

これにはどういう意味合いがあるのでしょうか。

いくつかの考え方が予想できますが、完璧でなくても日向を使う勇気とも捉えられます。

もしくは自分がセッターではなくスパイカーとして攻撃していき、日向を防御に使う勇気なのか。

負けているからこそ、ここは積極的に行くべきところなのかという勇気も考えられるので、次回の影山の行動には注目です。
 

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!313話ネタバレのまとめ

今回はハイキュー!!の313ワノネタバレ記事を紹介しました。

久しぶりに菅原が試合に登場したことで、大きな波乱や試合展開の流れが期待できます。

烏野高校はこのセットをおとしてしまうと敗けなだけにどのように逆転できるのかが注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です