【ハイキュー!!】327話ネタバレ!梟谷高校VS貉坂高校の試合ついに開幕

スポンサーリンク

2018年11月19日発売の「週刊少年ジャンプ51号」の古館春一『ハイキュー!!』327話「バレーの虫たち」のネタバレです。

「ハイキュー!!第327話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

ハイキュー327話ネタバレの要点まとめ

前回ハイキュー326話のあらすじ

前回のハイキュー!!では、音駒高校と烏野高校の試合が終わって、日向たちが同じ合宿で戦った仲間である梟谷高校の試合を観戦しているところから始まりました。

梟谷高校はエースの木兎が絶好調であり、ストレートで勝利を治めます。

そして、試合後に木兎は烏野の主将と音駒高校の主将のところへ向かって、両校の試合よりももっと会場を沸かす試合をするということを宣戦布告します。

音駒高校との長い試合が終わった烏野高校は、疲れを癒し、次の戦いに備えます。

試合3日目のみはスケジュール上、勝者は試合が2戦あります。

これは「魔の3日目」とも呼ばれており、連続試合だけにハードな1日として恐れられていることが判明しました。

そして、梟谷高校は次の対戦相手が全国でも3本の指に入るスパイカーがいる貉坂高校であることがわかります。

木兎は、その貉坂エースである桐生という選手に会いに行き、元気にあいさつを交わします。

ですが、桐生はよく知らないと無関心でした。

一方その頃烏野高校側は、次の試合に備えて体を休めるものもいれば、次の対戦相手がどこの高校になるのかを確認する者も現れます。

そして、烏野高校の次の対戦相手は、鴎台高校と決まりました。

鴎台高校では、実際に「小さな巨人」と呼ばれる星海という選手がいます。

星海は試合が終わると、影山と日向の前に現れました。

そして、日向に向かってこう伝えます。

星海

「2回戦と3回戦を見た 見事だった」

「どっちが現在の「小さな巨人」か決めようぜ」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

こうして、日向が星海に宣戦布告されたところで前回のハイキュー!!326話は終わりました。

>>ハイキュー326話ネタバレはこちらから

策戦を練る鳥養監督

今回のハイキュー!!327話は、喫煙所にて鳥養監督がタバコを吸っている場面から始まります。

鳥養監督は、動画で次の対戦相手の試合を見ながら物思いにふけります。

そして、無言で何かを考えているようです。

一方、その頃次の対戦相手である鴎台高校の試合を見に行った日向と影山は前回に引き続き、星海に宣戦布告されていました。

星海

「どっちが現在の小さな巨人か決めようぜ」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」


「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

隣で見ていた影山は、日向が星海に宣戦布告されたことで燃えていつものように元気に返答するのではないかと予測します。

しかし、影山の予想とは外れて日向は、ただ「ハイ」と素直に返事をしただけでした。

この行動に対して、隣で見ていた影山は、意外に思いながら見つめ続けます。

そうこうしていると鴎台高校のチームメイトが訪れて星海に対して小さいと言われることは嫌うけれど、小さな巨人という単語は好きなことを指摘しました。

すると星海は返します。

星海

「単に体の大きさの事じゃなく逆境からデカい事をする奴の事を讃える呼び名だからな」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

星海が去って行った後、日向は影山に向かって話しかけます。

日向

「・・・なあ影山 オレンジコートでリアル「小さな巨人」と試合だぞ」

「ちょー楽しみだなー!!」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

 

相席する烏野高校と音駒高校の応援団

日向が試合を楽しみにしている頃、ある食事処では音駒高校の山本の妹やリエーフの姉が食事をしていました。

しかも、その場にはさっきまで敵同士であった烏野高校の応援団である田中の姉や鳥養監督の友達もいます。

気マズイと感じる烏野高校側陣営を前に山本の妹は、音駒高校が敗けてしまった悲しさと悔しさで目を潤ませます。

それを見た男性陣は固まりますが、田中の姉は話しかけます。

田中の姉

「・・・何を言っても野暮だわ」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」


「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

こうして二人は乾杯をしあって仲を深めます。

挑発される音駒高校

試合に負けてしまい試合会場を歩いている音駒メンバーの元に全国大会で敗れた戸美学園の大将が話しかけます。

あからさまな挑発を仕掛ける対象ですが、黒尾達は冷静に受け止めます。

そして、大正のまさ本気で優勝できると思ってなかっただろという質問に対して、黒尾は冷静に答えました。

黒尾

「・・・確かに100%純粋に勝利を信じられる奴なんてなかなか居ないよなあ」

「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

あまりにも冷静な黒尾の態度に対象は逆ギレします。

しかし、大将の彼女が戻ってきたことで再び帰っていきました。

梟谷高校の試合開始

Cコートの3戦目が速く終わったことで先に梟谷高校と貉坂高校の試合が始まることになります。

コートにて木兎がコートをはねている際に近くでは、桐生が腕を組んで考え事をしていました。

その考え事とは先ほどテンション高く木兎が自分に話しかけてきたのは、マウンティングなのではないかと言うことです。

そして、なめられているのではないか心配していると後輩の臼利に話しかけられて我に返ります。

こうして、梟谷高校と貉坂高校の試合が始まるところで今回のハイキュー!!は終了です。


「古館春一「ハイキュー!!」第327話より引用」

ハイキュー!!第327話ネタバレまとめ

今回はハイキュー!!の327話のネタバレ記事を紹介しました。

今回のハイキュー!!では、新たなキャラクターの登場はありましたが、ストーリーに大きな動きはなく、繋ぎの回であったと言うことができます。

しかし、時期に始まる烏野高校と鴎台高校の試合。

さらに、梟谷高校と貉坂高校の試合があることからも今後の動きには注目です。

評価的には梟谷高校の木兎よりも貉坂高校の桐生の方が実力があるとされているので、果たして勝てるのかどうかが今後の注目ポイントと言えるでしょう。

また、桐生はどのような人物で貉坂高校にはどのような選手とどのような戦法で戦うのかも注目です。

全国大会と言うこともあり、すでに残っている高校はどこも強い事が確定しているので、今後もさらに白熱した試合が見れることでしょう。

>>ハイキュー327話ネタバレ考察&328話展開予想はこちらから

>>ハイキュー328話ネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)