【ハンターハンター】376話のネタバレでついに第4王子の念の系統判明!!

スポンサーリンク

ハンターハンター376話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「ハンターハンター376話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハンターハンター376話のネタバレの要点まとめ

「ハンターハンター376話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

第9王子ハルケンブルグの直訴と第2、第1王子の裁判

今回のハンターハンターは「第9王子」であるハルケンブルグが、父のホイコーローに王位継承戦を止めることを直訴しに、V・VIP専用通路のゲートで門兵と話し合う場面から始まります。

 

第9王子ハルケンブルグは、守護霊獣の力によって信頼のおける部下と同じ意志のもと、同じ行動をすることで、念能力の中でトップクラスの強さを誇ります。

それだけに、王位継承戦を勝ち抜く力は十分にありますが、どうなるのでしょうか…。

門兵には、晩餐会までは直接会うこともできず、侍従長のモリシに「手紙を預けることしかできない」と伝えられますが、それでもハルケンブルグは何回でも訪れると伝えます。

 

一方、違う場所では、依然として、第2王子であるカミーラが第1王子であるベンジャミンを襲ったことで裁判が開かれています。

カミーラ側の言い分は、第1王子の私設兵であるムッセに銃撃されたため正当防衛で反撃したと…。

その後、逃走したムッセを追うと他のヒュリコフなどの第1王子の私設兵に銃口を向けられたため、ベンジャミンにも銃を発砲したと証言しています。

 

それに対して、第1王子であるベンジャミン側は、丸腰のベンジャミンに10数発の銃弾を撃ったことから、明らかに過剰だと証言して反撃に出てます。

そして、どちらもそれぞれの居住区を捜索することを依頼して、国王軍が捜索することになりました。

 

さらに、ムッセの身柄が確認できるまで、ベンジャミンとカミーラには、監視と拘留措置が与えられます。

こうしてカミーラは、ベンジャミンによる拘束からは抜け出しますが、それでもベンジャミンの持つ能力によって、カミーラの動向は常に見られ続けていることに変わりはありません。


「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

 

新たな被害者

クラピカが念の講習を行っている部屋では、念をまだ使えなかったものが、今までの被害者のように体中の血を抜かれて殺害されています。


「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

クラピカは、この事態を受けながら冷静に敵の能力を推測していきます。

クラピカ

「遠隔からの視認 指令が可能・・・か」

「操作系だろう」

「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

この事態により、クラピカは「この殺害は自分たちに有利に働きすぎていることから、自分たちが他のものに怪しまれる」と考えて釈明することを考えます。

 

しかし、釈明を始めたものの多くの者は怪しみ、クラピカ達を攻めたてます。

クラピカとしては講習を続けてなんとか第14王子の護衛と、王位継承戦の長期化を狙いたいところですが、かなり難しい状況となりました。

 

ですが、そこに1013号室から講習を受けにきたものが発言をします。

ベレレインテ

「ちょっとそもそもの話していい?」

「敵地に来て小便ってどーよ ウカツすぎない?」

「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

その言葉に、他のものも少しだけ納得して冷静になります。

そして、ベレレインテは油断せずに「防衛マニュアル」を徹底して注意していれば、今回の相手は手出しできないことを言及します。

 

しかし、未だ反対する者は「なぜそこまで講習を続けたいのか」という理由を聞くと、ベレレインテは「他の王子の防衛力の確認と、ここで講習を終われば犯人は逃げ得になる」ことも説明し、その場を治めます。

 

助けを求める第10王子

1010号室では、第10王子がセンリツに話しかけました。

そして、第10王子はセンリツに強い命令口調で表向きは話しかけながらも、モスキート音によってモールス符号を使って本来の話したい内容を伝えます。

第10王子のモールス符号

「キコエテル?」

「イエスナラ「オンガク」トコタエテ」

「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

そして、第10王子は、センリツにモールス符号を使ってキッチンの棚の左隅の下奥になにかあることを教えます。

すると、そこにはモスキート音で話すことができるおもちゃが置いてあり、センリツに助けを求めていることがわかりました。

 

その第10王子の行動に、センリツは絶対に助けることを胸に誓います。

 

第4王子の脅威の能力

1004号室では、第4王子が1014号室の現状を聞きながら、念の基礎修行を行っています。

そして、現状を聞いたうえで部下に考えを聞くと、部下は概ね正解と言えるクラピカがウソを言っていないことを伝えながら、このまま念の講習を受けることを提案します。

 

しかし、第4王子は概ねその意見に同意しながらも「ある忠告」をします。

第4王子

「概ね同意だけどさ 続ける場合覚悟はある?」

「人を操るタイプの念能力者もいるんだろ?「教える」って行為が人を操作する能力を発動させる必要条件かも知れないよな・・・?」

「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

第4王子の発言に念の基礎を教えているテータは、さらに第4王子の恐ろしさを垣間見ます。

というのも、念の戦闘スキルにおいて「あらゆる想定」の深さと速さが、自分よりはるかに上だったからです。

 

そして、第4王子はテータに、もう「水見式」という自分の念の系統を調べる方法をやるように提案します。

テータは反対しつつも、系統がわかることで対策もしやすいと考えて、「水見式」をやると水や葉が腐ります。

 

明らかに異常性を見せる「水見式」の反応に特質系だとわかったところで、今回のハンターハンターは終わります。


「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

スポンサーリンク

ハンターハンター376話のネタバレの考察

ハンターハンター376話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

第3王子の能力とは?

今回のハンターハンターでは、第3王子の能力が少しだけ判明しました。

それは具現化系であり、コインを生み出すことです。


「冨樫義博「ハンターハンター」第376話より引用」

 

しかし、コインにはいくつか種類があることと、何かの条件を満たした時に能力が発動すると言うことしかわかっていません。

つまり、系統しか判明しておらず条件もわからないことから、ほぼ判明していないと言っても良いでしょう。

ただ、コインは一定期間で量産できるようですし、条件を判明しさえすれば万能な能力なのではないでしょうか。

 

第4王子最強説

今回のハンターハンター376話の最後では、第4王子が「水見式」で特質系の念能力者であることがわかりました。

ですが、その水の状態は非常に変わった状態であり、水も葉も腐って強烈な匂いを放っていることから、かなり強力かつ邪悪な能力であると思われす。

かつて「水見式」をやった特質系の念能力者には、ピトーというキメラアントもいましたが、そのピトーでも葉が崩れる程度であり、ここまでの変化はしていません。

なので、史上最悪の能力になるほどの敵と言えるでしょう。

 

おそらく念能力を完璧に習得すれば、最強の念能力者になることは間違いありません。

 

ハンターハンター376話ネタバレのまとめ

今回はハンターハンターの376話のネタバレ記事を紹介しました。

それぞれの王子が「守護霊獣」や「自分の念能力」について少しづつ理解し始めていることから、いかに最初に自分の能力を知って活かすかが、この王位継承戦の勝敗のカギを握ります。

特に、第4王子の圧倒的なボス感が恐ろしく、今後の展開に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)