【ハンターハンター】377話のネタバレで幻影旅団ヒソカを殺すためついに集結!!

スポンサーリンク

ハンターハンター377話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「ハンターハンター377話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハンターハンター377話のネタバレの要点まとめ

「ハンターハンター377話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

動き出すカチョウ

今回のハンターハンターは、第10王子であるカチョウが、母親に晩餐会にて「音楽ショーをフウゲツと共にやることを母親に告げるところから始まります。

母親もその案に承諾し、父親であるホイ=コーローとフウゲツに伝えると約束します。

そして、カチョウは母親に覚悟ができた事を伝えます。

カチョウ

「名誉あるカキン国王を選ぶ聖戦よ」

「私は誇りと覚悟を持って堂々と戦う 怖い事でも悲しい事でもないのよママ」

「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

他の部下の前では、カチョウは横柄な態度を取り続けます。

 

しかし、それはもし万が一カチョウかフウゲツかを護衛するという二者択一になった時に、迷わずにフウゲツが選ばれるようにするためというのがわかりました。

カチョウは部下に文句を言いながらも、センリツにモスキート音によるモールス符号でのメッセージにて状況を伝えます。

カチョウ

「パパノヘンジマチ タブン ウマクイク」

「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

その後もカチョウは、晩餐会にてフウゲツと話し合えるように、連絡通路でスタンバイできる手配をするようにセンリツに頼みます。

一生懸命憎まれ役を買おうとするカチョウに、センリツは全て理解しながらも心配します。

そして、絶対にフウゲツとカチョウの二人を守ろうとセンリツは心に決めます。

 

そんな時、センリツの元にハンター協会員であり、カチョウの護衛についているキー二が話しかけます。

「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

その内容とは、円によって周囲を見張っていた時に、カチョウのベッドのところに生首が現れた気配がして、誰だかはわからないがおそらくフウゲツだろうと予測します。

センリツもその意見には同意し、フウゲツの能力は移動型の能力だと推測しますが、逆に戦闘能力ではないと周りに知られれば他の王子達にも狙われることを考えます。

 

センリツは、今の現状で「カチョウとフウゲツをこの王位継承戦から離脱させる作戦」が上手くいく可能性は高いと踏みます。

しかし、一つの懸念材料としては、カチョウ王子の守護霊獣が未だに姿を見せていないことです。

センリツは、カチョウの守護霊獣がわかることで好戦的ならば計画の妨げになるかもと考えながら、その先の案を考え始めました。

 

集まる幻影旅団メンバー

中央食堂では幻影旅団のメンバーが集まっていました。

「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

現在のメンバーは…、

  • №0クロロ=ルシルフル
  • №1ノブナガ=ハザマ
  • №7フランクリン=ボルドー
  • №3マチ=コマチネ
  • №10ボノレノフ=ンドンゴ
  • №4カルト=ゾルディック
  • №5フィンクス=マグカブ
  • №2フェイタン=ポートオ
  • №8シズク=ムラサキ
  • №11イルミ=ゾルディック

 

幻影旅団のメンバーは、暗黒大陸に向かう船の第5層にいて、仲間を殺したヒソカを殺す為に探しています。

そして、現在は身長190センチ以上の人間をしらみつぶしに探していますが一向に見当たりません。

 

幻影旅団が現状を話し合っていると、マフィアの軍団がやってきます。


「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

そして、この場所から退くように命じました。

しかし、クロロは引きません。

マフィア連中は幻影旅団とはもめる気はないようで、退けばなにかしらの協力はすると提案します。

 

すると、クロロもその提案に乗ったようで、現在ヒソカを探していることと、ヒソカの外見などを説明しました。

 

さらにクロロは現在いる第5層から第4層、第3層。

さらには第1層に行くまでの方法を尋ねました。

しかし、マフィア側も調子に乗るなとけん制します。

 

クロロは団員を集めて言い放ちます。

クロロ

「情報は出し合った 後は自由だ」

「パーティーをしたいがケーキが無い 中央にすえる特注品」

「手に入れたら又集まってあのテーブルで食事をしよう」

「ヒソカの首を獲ってこい」


「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

 

こうして幻影旅団のメンバーは、それぞれ別の行動をとり始めます。

 

1人で行こうとする団長にシズクが呼び止めます。

シズク

「団長 組みませんか?」

「冨樫正義「ハンターハンター」第377話より引用」

すると、クロロも「ヒソカを殺すのは自分」という条件で手を組むことを承諾します。

 

シズクとボノレノフは、ヒソカとの念能力による相性が悪いことから、変装してヒソカを探すことを主な行動として倒すこと自体はしないと告げます。

そうしてクロロからもあることを頼まれました。

こうして今回のハンターハンター377話は終わります。

スポンサーリンク

 

ハンターハンター377話のネタバレの考察

ハンターハンター377話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

晩餐会で何が起きるのか!?

ハンターハンターの世界の中での次の日曜日には、カキン王国の王子やカキン王国の王ホイ=コーローが参加する晩餐会が行われます。

そして、そんな晩餐会では様々なものがいろいろな思惑を働かせていることから、大きな事件が起こることは間違いないでしょう。

まず双子の王子であるカチョウとフウゲツは結託して、この王位継承戦から離脱しようと考えています。

 

また、サレサレも晩餐会で何かを起こすと取り巻きの女性に発言していることからも、一大事になることは明らかでしょう。

さらに、カチョウの守護霊獣は能力どころか姿さえ判明していません。

ここら辺が晩餐会で思わぬ誤算を生むのではないでしょうか。

おそらくですが、王子達の1人や2人は確実に混乱に乗じて消されてしまうでしょう。

 

予言の能力が使えなくなったクロロ

今回のハンターハンター377話のラストにて、シズクがクロロに以前念能力で占ってもらったのでまたやってほしいと頼みます。

それは今後の指針にもなるし、なにかしらの手掛かりになるという考えのものでした。

 

しかし、クロロは占いはもうできないと告げ、リストからなくなっていたことを明かします。

つまり、元の念能力の所有者であったネオン=ノストラードは死んでしまったということになります。

死因などはわかりませんが、もしかしたらクロロの戦力低下を狙ってヒソカが殺したのかもしれません。

 

ハンターハンター377話ネタバレのまとめ

今回はハンターハンターの377話のネタバレ記事を紹介しました。

ヒソカを殺す為に集まった幻影旅団が非常にかっこよく熱い展開でした。

ヒソカはどこに潜んでいるのでしょうか。

個人的には、もうすでに「団員を殺して誰かになりすましているんじゃないか」など勝手な予想もしてみましたが、あまりにもリスクがある行為ですし、声までは変えられないのでそれはあり得ないでしょう。

晩餐会が注目です。

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です