【ヒロアカ】240話ネタバレ!敵連合と異能解放軍が融合!

スポンサーリンク

2019年8月26日発売の「週刊少年ジャンプ39号」の堀越耕平『僕のヒーローアカデミア』240話「力」のネタバレです。

「僕のヒーローアカデミア240話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

ヒロアカ240話ネタバレの要点まとめ

ヒロアカ239話のあらすじ

ヒロアカ239話では、死柄木とリ・デストロの戦いが決着しました。

個性「崩壊」によって負荷圧縮機構をバラバラにされたリ・デストロは、「崩壊」が地面から伝ってくる前に両足を切断します。

そこでふたりのもとにやってきたのが、大勢の異能解放軍メンバーとギガントマキア。

花畑たちはリ・デストロを助けるため死柄木を攻撃しようとしますが、他ならぬリ・デストロ自身がそれを止めます。

そして、解放軍は死柄木に従うことを宣言しました。

その光景を見て、マキアは死柄木を「後継」だと認めたようです。

多数の戦闘員と資金を手に入れたことになる連合ですが、果たしてどうなるのでしょうか?

【ヒロアカ239話のネタバレはこちら】

 

泥花市の戦闘後

敵連合と異能解放軍がぶつかって1週間、世間的にはその事件は「ヒーローに恨みを持って突如泥花市を襲ってきた20人」と「突然の襲撃を受けた泥花市民たち」との戦いだと報じられているようです。

泥花市は市民もヒーローもほとんどが異能解放軍の一員であるため、その街で起きたことはいくらでも口裏を合わせられるというところが便利ですよね。

泥花市民に多くの犠牲者を出し、たまたま居合わせたデトネラット社社長も重傷を負ったが、結果としては市民の結託によって犯人たちは全員死亡した、というのが筋書きのようです。

表向き、異能解放軍はもちろん敵連合も関与しなかったという体裁が整えられており、水面下でのみこの恐ろしい結託は進行しているということですね。

無事寿司も食べられるようになった敵連合はホテルのような場所でくつろいでいました。

トガは一命をとりとめ、トゥワイスはトラウマを克服したはずだったのですが、やはりそう簡単にはいかなかったようで、一人二役どころか三役四役と「自分」がむしろ増えています。

眼帯をつけているトガですが、失明してしまったのかそれとも今後元通りになるのかはキャラデザ的にも気になるところですね。

そんな敵連合メンバーたちに対する解放軍幹部の態度はやはりギスギスしており、いきなり手を取り合って仲良く、とはいかないようです。

スポンサーリンク

超常解放戦線、誕生

異能解放軍メンバーに囲まれる中、檀上のリ・デストロは死柄木を指して「真の解放者」だと謳い、彼を最高指導者とすることを宣言しました。

異能解放軍と敵連合が融合したこの新たな組織の名は「超常解放戦線」。

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」240話より引用)

もはや彼らは「敵」ではないということになるでしょうか。

また、以下の9人を行動隊長として部隊編成を行うとのことです。

  • 荼毘
  • スピナー
  • トゥワイス
  • トガ
  • Mr.コンプレス
  • トランペット(花畑)
  • スケプティック(近属)
  • 外典
  • リ・デストロ

さすがに11万人の戦士を得た以上今までのようにはいかないのでしょうが、それにしても連合が少数精鋭で奔放にやっていたイメージが強いので一気に一大組織らしくなりましたね。

ここに気月が居ないということは、彼女はトガとの戦いで絶命した、もしくは生きていてもまともに動ける状態ではないのでしょう。

 

焦るNo.2!

歓声をあげる解放軍の中で、焦りを見せるのはNo.2ヒーロー、ホークスでした。

彼は泥花市の事件に連合が関与していたことに気付いていたのですが、解放軍の存在やここまでのことになっているとは思っていなかったようですね。

荼毘にジーニストの死体を渡し、無事「仲間入り」を果たせたホークス。

荼毘も疑っているところではありますが、このジーニストが果たして本物なのかどうかは怪しいところです。

本当にホークスが「人を一人殺した」のかも微妙なところでしょう。

普通に考えればこの死体は精巧につくられたダミーであり、ホークスはジーニストはもちろん誰も殺していないという可能性が高いのですが……。

ホークスの活動は他のヒーローとは違い汚れ仕事の側面が強いので、そう思わせておいて本当に殺していた、という線も決して考えられなくはないですよね。

ホークスは焦りながらも冷静に、死柄木がヒーローたちと同じかそれ以上の力を持ってしまったことを受け入れました。

その上で、まだ奥に後ろ盾が居ることを感じ、いち早く全貌を突き止めようとしています。

とうとう荼毘を介して死柄木たちに紹介される時がきたようですね。

「速すぎる男」の行動によって、ヒーロー側がこの巨大勢力に対抗できるかどうかが決まってきそうです。

 

死柄木に与えられる「力」とは?

お披露目が終わり、すり寄ってくるリ・デストロを下がらせた死柄木たちのもとに、ドクターから通信が入ります。

このドクターの件やハイエンド脳無について、死柄木はリ・デストロ達と情報を共有しているのかは気になるところですね。

元連合側は元解放軍のように崇高な理念を掲げているわけではありませんから、資金や物資などを利用するだけ利用して自分達の核となる情報は一切渡していないかもしれません。

死柄木にゴマをする最高指導者を見たくなかったと思っている元幹部もいるくらいですし、この融合は後々破綻しそうです。

まあリ・デストロとしてはストレスをためればためるほど「個性」が強くなるためにやりすぎなくらい謙っているということなのかもしれませんが…。

通信してきたドクターは、マキアが従い、記憶・個性ともに本来のものに戻った死柄木に、約束通り力を授けると言います。

ところがその前に、「あるものを運んでほしい」とのこと。

転送脳無が居る彼が運んでほしいものとは一体何なのでしょうか?

死柄木に与える「力」に関係あるものなのか、もしくはハイエンド脳無あたりに絡んでくるのかもしれません。

スポンサーリンク

ヒロアカ240話ネタバレのまとめ

ヒロアカ240話では、解放軍と敵連合が融合し、「超常解放戦線」が誕生しました。

ヒーロー社会を脅かすほどの巨大な力を手に入れてしまった死柄木。

水面下で動く彼らの情報を握れるのは、スパイ活動をしているホークスのみという状況です。

一旦終わるかと思いきやまだまだ続きそうなヴィランアカデミア編、次回も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)