【ヒロアカ】171話ネタバレで爆豪がA組に喝を入れる!

スポンサーリンク

 

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)171話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「僕のヒーローアカデミア171話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ171話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア171話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ジェントルは現代の義賊!

171話のヒロアカはジェントルからスタートします。

犯罪行為を動画サイトにアップしているジェントルですが、彼曰はく無作為に罪を犯しているわけではありません。

ジェントルが犯罪行為を行う対象は偽装販売などを行うなどした「紳士的でない者」だけ……つまり、ジェントルは現代の義賊なのです。


(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」171話より引用)

 

しかし、ジェントルはそういった行為を6年も前から続けているにも関わらず、さして世間の注目を浴びていません。

そのことに相棒であるラブラバは怒り心頭です。

ステインの人生動画にお株を奪われ、今や敵といえば敵連合一色……そんな現状に憤るラブラバに、ジェントルは冷静です。

なぜなら、ジェントルが次に企画しているのは彼らを凌駕するものだからです。

 

爆豪がA組を一刀両断!

一方雄英高校では、A組が正式に「バンド演奏とダンスホールを融合したような空間」を出し物として決定しました。

それを聞いた普通科は、「振り回している張本人なのに俺達のためにライブやるなんていい気なものだ」と良い顔をしていないようです。

 

それには気づかず、1か月後に迫った文化祭に向けて細かいことを決めようと集まったA組。

楽器や音楽に詳しい耳郎を中心に話し合いを進めていきますが、耳郎はギターがメインであり、バンドの骨子となるドラムは練習とのこと……。

そこで白羽の矢が立ったのは、意外な人物でした。

 

昔音楽教室に行かされていたという爆豪です。

試しに叩いてみると、爆豪のドラムの腕は完璧でした。

それを見て爆豪にドラムを任せようとするクラスメイトに、爆豪は背を向けます。

爆豪は、他の科のストレス発散をストレスの原因がやって自己満足以外の何になるんだ、と正論を言います。

 

その物言いに、文句を言う人もいれば納得をする人もいる中、爆豪はさらに続けます。

「俺たちだって好きで敵に転がされてんじゃねェ…!!」

「なンでこっちが顔色伺わなきゃなんねェ!!」

「てめェらご機嫌取りのつもりならやめちまえ 殴るンだよ……!馴れ合いじゃなく殴り合い…!!」

「やるならガチで――…」

「雄英全員 音で殺るぞ!!」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」171話より引用)

 

言い方はヒーロー志望とは思えないほど乱暴なものですが、とにかくドラムはやってくれるらしい爆豪に、耳郎も改めてやる気を見せます。

 

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」171話より引用)

 

ジェントルのターゲットは雄英高校!

一方、ジェントルは雄英高校に侵入することに決めたようです。

1か月後に迫る文化祭で、果たして何が起こるのか……注目です。

スポンサーリンク

 

ヒロアカ171話の考察

僕のヒーローアカデミア171話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

ジェントルは雄英で何をするつもりなのか?

ジェントルは犯罪者には違いないにしろ、現代の「義賊」を自称していることから、暴力的で凄惨な行為は好かないようです。

コンビニ強盗のときも、駆け付けたヒーローを伸していたとはいえ、店員に暴力をふるうことはありませんでした。

そうすると、雄英に侵入して何をするのかが気になるところです。

 

もちろん何をするでなくとも、セキュリティを強化したはずの雄英が敵の侵入を許してしまえば大問題です。

れっきとした敵であるジェントルが雄英の文化祭の様子を動画にアップしていれば、それだけで世間からの雄英のバッシングは免れないでしょう。

 

しかし、ジェントルがただ侵入するだけで終わるとも思えません。

ジェントルは雄英を「ステインや敵連合を有名にした始まりの地」であり、「ヒーローの今を象徴する場所」と捉えています。

義賊を自称するジェントルは、そんな雄英に制裁を下そうとしているのでしょう。

であれば、一番敵連合に目をつけられているA組の出し物に何かしらのアプローチを仕掛けてくると思われます。

 

ジェントルの動画でエリが危険な目に?

ジェントルがA組の出し物を動画にあげるとすれば、当然そこにはA組の生徒も映るはずです。

A組の生徒だけであれば体育祭で顔も映っていることですし問題ないかもしれませんが、前話170話でエリが文化祭に来ることに決まりました。

エリまで動画に映ってしまうと、ややまずいことになるかもしれません。

エリが治崎の計画の核であったことは、敵連合にも知られています。

 

インターンのときは、完成した個性消失弾とその血清を奪うに留めた敵連合ですが、エリを狙っていないとも限りません。

もしもエリが雄英の文化祭にいるところをリアルタイムの動画で流されてしまえば、連合に居場所が知れてしまい、エリに再び危険が迫ることになるかもしれません。

 

爆豪とA組の面々との距離が縮まる?

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」171話より引用)

 

今回、爆豪の言葉で自分たちの行為が自己満足的なものであると自覚したA組。

好意の押しつけは時として不快にしかならないというのは、出久から差し伸ばされる手に嫌悪しか覚えていない爆豪が言うからこそ説得力がありますね。

 

確かに、他科にストレス発散をさせてあげたいというような気持ちでやるのは立派ではあります。

しかし、一番はやはり自分たちが楽しむためにやらなくては、真に良いものになるはずはありませんし、171話で出たようにかえって他科から反感を買うことになります。

そこに文化祭前に気付けたというのは、A組にとって大きいでしょう。

惜しむらくはそういった「好意の押しつけ」が専売特許のような出久が、この場にいなかったことですが……。

いずれ彼もまたこの問題にはぶつかることになるのでしょう。

 

仮免取得試験では、相澤が「A組は出久と爆豪を中心にまとまっている」と指摘していましたが、今回出久の欠点ともいえる道に進もうとしたA組を爆豪が軌道修正したことを考えると、やはりその通りなのだと感じますね。

部屋王決定戦や出し物の話し合いなど、A組の仲が深まるようなことには参加してこなかった爆豪ですが、文化祭を機に切島や上鳴以外とも距離を縮められるかもしれません。

 

ヒロアカ171話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア171話では、爆豪がA組の出し物を「他科のご機嫌取り」から「他科を音で魅了する」方向へと軌道修正し、ドラマーに決定しました。

さらに敵・ジェントルが雄英の文化祭への侵入を決めました。

文化祭まであと1か月……。

果たしてどんな波乱が待ち受けているのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)