【ヒロアカ】177話ネタバレで戦いは意外に一方的な展開に?

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)177話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

変装した男がジェントルだと見破った緑谷出久は、問答無用で攻撃を仕掛けましたが、あらゆるものに弾性を付与するジェントルの個性によって翻弄されてしまいます。

サポートアイテムのグローブを使い、空砲を打ち出す新技でジェントルに肉薄した出久。

戦いの場は建設現場の鉄骨の中に移り、そこで意外な展開が繰り広げられます。

「僕のヒーローアカデミア177話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ177話ネタバレの要点まとめ

 

一方的な戦闘

あらゆるものに弾性をもたせるジェントルの個性に先手を取られたものの、新技と新サポートアイテムを駆使してジェントルに急接近した緑谷出久。

建設現場の鉄骨にマントが引っかかり、窮地陥ったにも関わらず、それまでと変わらずにおどけた態度を見せるジェントルに、出久は諦めるよう語り掛けます。

 

そんな出久の必死の語りかけに対し、全く退く気を見せないジェントル。

出久以上に空砲を使いこなし、縦横無尽に空間を動き回るジェントルに押され、戦闘は一方的な展開になります。

 


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」177話より引用)

 

決意再び

時間経過で元の材質に戻るという個性の性質と、作業中の鉄骨の中というバトルフィールド、そして偶然通りかかった一般人の全てを利用し、出久を罠にはめるジェントル。

 

鉄骨を支える間に「センサーを無効化する」というジェントルの言葉を反芻する出久は、一瞬事なきを得られそうな錯覚を抱きますが、すぐに振り払います。

 


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」177話より引用)

 

双方退かない事態に、あの娘が動く

雄英文化祭を守り通したい緑谷は、凄まじい唸り声を出しながら片腕で鉄骨を支え、残った腕で逃げるジェントルにエアフォースの狙いを定めます。

 

再び背後から迫ってくる空砲を今度はすんでのところでかわすジェントル。

振り向くと鉄骨を置く出久の姿が…。

 

その様子を見ていたラブラバは、静かにつぶやきます。


(堀越耕平「僕のヒーローアカデミア」177話より引用)

 

さらなる激闘の予感を抱いたラブラバは、自身の個性を使用することを決意します。

 

スポンサーリンク

ヒロアカ177話 ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア177話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

ラブラバの個性はなに?

前々回での出久とジェントルとの邂逅時点から、ラブラバが参戦すると予想する派と、参戦しないと予想する派でバッサリと別れていた予想についに終止符が打たれました。

 

本当にジェントルのことを考えているのなら、なりふり構わずすぐに個性を使えばよかったものを、ここまでもったいぶってから使うということは、かなり強力なのか、相当反動が大きいものなのか。

 

そこで考えたのが、「相手の脳にハッキングをかけて強制的に納得させてしまう」というような類の個性なのではないでしょうか。

 

ジェントルが初めてラブラバに会った時の回想の中で、普通ならおかしいと思うべき状況にも納得させられてしまったとも語っていましたし、知らぬ間にラブラバの個性によって納得させられていたとも考えられます。

 

また「ハッキングの天才」という設定から遠く離れた個性になるとも考え辛いですから、相手の脳へ何らかの影響を及ぼす個性であることは間違いないかと思います。

加えて、その場にいる相手の記憶や情報に関わる個性であったなら、警察がジェントルのしっぽすら掴めないでいたことにもどこか納得がつきますし…。

 

肝心のもったいぶっていた理由ですが、これがさっぱり分かりません。

使ったら問答無用で出久を止められる代わりに、ラブラバ自身が何かしらのリスクを負うのか。

あるいは単純にジェントル一人で成し遂げたこととしたいがためにサポートに徹するつもりだったからか…。

 

いずれにせよ、ラブラバが発動する個性は、個人レベルで迷惑行為を重ねるジェントルとの相性がぴったりのものであると予想されます。

 

ジェントルに勝てるの?

さて、ラブラバの個性がいったいどんなものなのか気になるところではありますが、もう一つ重要な懸念材料があります。

それは、出久は普通に戦ってもジェントルに勝てないのではないか問題です。

 

機動力を活かした肉弾戦においても、飛び道具を使った遠距離戦においても、完全に出久の上をいっているジェントルの高すぎる戦闘力。

相性が悪いとは思っていましたが、ここまで一方的な戦いになるとは思ってもみませんでした。

倒すビジョンがまるで浮かんで来ないのですが、一体どうするのでしょうか。

 

ラブラバの個性発動で決着がつかなかったとして、力押しが通用しないジェントルに対し出久は機転を利かして攻撃するしかなさそうです。

「個性発動後、徐々に弾性を失っていく」という特性を利用するのが有力ですが、果たして…?

 

轟が援軍に現れる?

そんな勝ち目の薄い戦いを強いられている出久に、援軍の可能性がわずかに見える描写がありました。

舞台の時間が近づき最終確認をするA組の様子の中で、出久を心配する青山と轟がいました。

 

ジェントルが雄英に近づくにつれて、戦いの場が少しずつ雄英に移っていますから、出久の帰りが遅いことを不審に思っていた轟が助けに現れても不思議ではありません。

轟は重要なポジションに割り当てられていないようですし、助けに来る可能性は十分あるのではないかと思われます。

出久の孤独な戦いがミソなので、あまり援軍が来る展開は好ましくありませんが、端から実力が違う上に次回からは2対1の構図になるということで、助けが来ないと不幸な結末に終わってしまいそうでもあります。

 

ヒロアカ177話 ネタバレのまとめ

今回は僕のヒーローアカデミア177話のネタバレを紹介しました。

弾性の個性に翻弄されつつも、持ち得る技を駆使してジェントルを止めるべく戦闘を継続する出久。

言葉は通じず、戦闘においても肉弾戦も新技も通じないという窮地に立たされ、さらには罠にも嵌められてしまいますが、それでも諦めずにジェントルを追いかけようとします。

しびれを切らしたラブラバの参戦、謎に包まれた個性。

そして出久は帰りを待つA組の元へ無事に帰れるのか。

雄英文化祭編が重要な場面を迎えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)