【ヒロアカ】180話ネタバレで出久vsジェントル決着!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア180話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「僕のヒーローアカデミア180話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ180話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア180話のポイントを押さえてサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

出久のヒーローへの志

ラブラバの「個性」によって、パワーアップしていくジェントルは、出久の自分を「笑わない」という台詞を聞いて、何のためにヒーローを志すのかと尋ねます。

「僕だけの夢じゃない!!!」

「身の丈に合わない夢を!心の底で諦めてしまってた夢を!笑わないでくれた!」

「認めてくれた皆に!応えたい!」

「辛い思いをしてきた人に明るい未来を示せる人間になりたい」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

一方、ラブラバは、準備した特別な無線を使って雄英のセキュリティを突破しようとしますが、今いる麓ではギリギリ無線が届きません。

ジェントルの勝利を信じ、ジェントルのために、ラブラバはもっと雄英に近づこうとします。

 

ラブラバをひとりで行かせては危険だと、ジェントルは出久との決着を急ぎます。

ジェントルは、「恥も外聞も流儀も捨て出久を倒すことが彼への礼儀だ」と、力に訴え全力で出久を倒しにかかります。

そんなジェントルに、出久は空気弾でジェントルの態勢を崩させ、シュートスタイルの「セントルイススマッシュ」を叩き込みます。

 

ラブラバとジェントル、互いへの想い

雄英のヒーロー・ハウンドドッグがすぐそこまで来ていると伝えに来たラブラバは、出久に押さえ込まれたジェントルを見て涙を零します。

 

ラブラバの個性によるパワーアップは短時間のみ、そして一日限りです。

勝機が無いと悟ったジェントルは、ラブラバに逃げるよう言いますが、ラブラバはそれを聞かず、出久をポカポカと殴ります。

「私の光はジェントルだけよ!!」

「ジェントルが私の全てよ ジェントルを奪わないでよ」


(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

その声を聞いたジェントルは、ラブラバが一人で逃げ延びたとしても、自分のためにこれまでとは比にならない罪を犯すだろうと考えます。

 

ラブラバがジェントルと共にいれるなら何だって幸せだと彼の手伝いをしてきたのは、それを受け入れてきたジェントルの責任です。

このまま捕まれば「ラブラバも戦いに加担したとバレてしまう」と考えたジェントルは、少しでも彼女の罪を軽くしようと出久を「個性」で吹き飛ばし、この戦いをなかったことにします。


(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」180話より引用)

 

ラブラバを守るように抱きしめ、やってきたハウンドドッグに自首を申し出るジェントル。

こうして、出久とジェントル・クリミナルの戦いは終わりを告げました。

 

スポンサーリンク

ヒロアカ180話のネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア180話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

ジェントルは今後どうなる?

今回自首を申し出たジェントルですが、彼は今後どうなってしまうのでしょうか?

動画サイトに犯罪動画をアップしてきたジェントルですが、犯してきた罪そのものは大きいものではありません。

コンビニ強盗のときもお金は結局盗んでいないようでしたし、殺人などをしたわけでもありませんから、ヒーローへの公務執行妨害が主な罪状となるでしょう。

執行猶予は厳しいかもしれませんが、実刑判決になるとしてもわりとすぐ釈放されることになるのではないでしょうか。

 

しかし、これはラブラバの件を警察がどう見るかにも左右されます。

ラブラバは自分の意志でジェントルと共に居たのですが、ジェントルがまだ未成年の彼女を誘拐し犯罪に利用したと思われてもおかしくありません。

未成年誘拐ともなればかなりの重罪であり、それなりの年月でもって償わなければならなくなるでしょう。

 

ラブラバのジェントルへの想いと、ジェントルの彼女を守りたいという想いをハウンドドッグが汲み、ラブラバのことは警察には言わないということも考えられますが……。

 

世間の目がどうあれ、あれだけラブラバがジェントルのことを想っていたということは、ジェントルの存在がラブラバにとって救いとなっていたことの何よりの証拠です。

歴史に名を残すような男にはなれなかったジェントルですが、少なくともひとりの女の子を救ったという点で、彼は十分にヒーローであり偉大な男だと言えるのかもしれません。

 

ジェントルとの戦いによる出久の葛藤

ラブラバにとって、自分の唯一の支えであるジェントルと引き離されることがどれだけ辛いことか、出久に想像できないはずはありません。

ジェントルを押さえ込んだときに感じたであろうラブラバのジェントルへの想いに、出久はどのような感情を抱いたのでしょうか。

出久がジェントルを止め、捕まえたのは、皆が楽しみに準備してきた文化祭と、それにワクワクしているエリの気持ちを守るためです。

 

しかし、出久はそのために、ラブラバにとっての明るい未来を奪ってしまったことになります。

「救う」という行為には、誰を救い、誰を救わないか、その取捨選択が迫られるということを、今回の戦いで出久は感じたはずです。

出久がヒーローを目指す上で、この問題にどう立ち向かっていくのか、見守っていきたいですね。

 

出久は無事に出し物に参加できるのか?

ジェントルの配慮によって、出久とジェントルとの戦いはなかったことになります。

文化祭当日に生徒が敵と戦っていたとなればまた大問題になりますから、出久としてもその方が都合は良いでしょうが……疲労や怪我までもなかったことになるわけではありません。

 

特に、出久には、ダンスだけでなく、ミラーボールとなる青山を吊るすという力仕事が待ち受けています。

時間的にはギリギリ間に合うと思われますが、出久はジェントルとの戦いでかなり腕を炒めている描写が見受けられました。

エリも出久の出番を楽しみにしているでしょうし、出久自身も文化祭を楽しみにしてきましたから、是非とも無事参加しきってほしいところですが……果たして大丈夫なのでしょうか?

 

ヒロアカ180話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア180話では、ジェントルの自首によって出久vsジェントルの戦いが決着しました。

ジェントルとラブラバのその後についても気になるところですが、何よりも出久の文化祭はこれからです。

出久は無事に出し物に参加できるのか、エリを笑顔にすることができるのか、次回も注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)