【ヒロアカ】187話ネタバレで轟家登場!エンデヴァーvsハイエンドも白熱!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)187話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回186話では、エンデヴァーとホークスが突然脳無・ハイエンドに襲われ、これからエンデヴァーのNo.1ヒーローとしての初陣が幕を開けるのですが……。

「僕のヒーローアカデミア187話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ187話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア187話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

エンデヴァーの家族たち

エンデヴァーの戦いから一回遠のいて、病院。

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」187話より引用)

轟焦凍の母・冷と、彼女を見舞いに来た焦凍の姉・冬美、兄・夏雄の様子が描かれます。

しばらくは他愛もない雑談で和やかな雰囲気でいた家族ですが、夏雄が父・エンデヴァーの話を始めてから空気が変わります。

夏雄は母に、自分はろくに思い出もなくて他人感覚だからどうでもいいけど、弟や母のことをなかったかのように振る舞ってるのは許せないというのです。

血も過去も置き去りにしていくつもりの父に憤りを隠さない夏雄に、冷はそれは違うと否定します。

冷が見るのは、入院室に飾ってある花です。

それは彼女が初めて会った頃、一度だけエンデヴァーに好きだと言った花でした。

どうやら何度か病院に来てるらしいエンデヴァーに、冷はまだ恐怖心から会うことができません。

それでも……

「過去も血も 向き合おうとしてることは確かだよ」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」187話より引用)

 

エンデヴァーvsハイエンド

一方、脳無・ハイエンドと対戦中のエンデヴァー。

並外れた再生力とパワーを持つハイエンドはエンデヴァーを押しのけつつ、高層ビルを斜めに切断します。

 

当然中には人がおり、下も大通りという状態で崩れかかるビルに、ホークスは「個性」を使います。

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」187話より引用)

ホークスの個性「剛翼」は、かたくしなやかな羽一枚一枚を自由自在に操ることのできるもので、その羽を使って被害部分の76人を避難させました。

一方エンデヴァーも、指の一本一本から炎を出す「赫灼熱拳ヘルスパイダー」を放ってハイエンドに挑みます。

スポンサーリンク

 

ヒロアカ187話のネタバレ考察

ヒロアカ187話を読んだ考察をまとめておきます。

 

家族と向き合い始めたエンデヴァー

187話では、エンデヴァーの家族たち、轟家が登場します。

焦凍の母である冷はやはりまだ入院中で、今回は焦凍以外の子どもたち・冬美と夏雄が見舞いに来ていました。

しかし、見舞いに来ていたのはそれだけではありません。

 

何と、エンデヴァーも彼女の好きな花を持って何回か来ているようなのです。

恐らく、彼が花を持って病院に来るようになったのは、オールマイトが引退してからのことなのでしょう。

エンデヴァーが来ていることを一緒に暮らしている冬美も知らなかったようですし、入院してから約10年続けているとは思えません。

仮免補講編でエンデヴァーは、オールマイトから「自分のやり方を焦らず見つければいい」という言葉をかけられ、息子である焦凍に、「お前が胸を張れるようなヒーローになる」と宣言しています。

恐らくこのときから、エンデヴァーは家族と向き合うことを考え始めたのだと思われます。

187話で夏雄がエンデヴァーのことを「他人同然」と言っているように、エンデヴァーはNo.1ヒーローにならせるべく「作った」焦凍以外は見向きもしてきませんでした。

息子や娘もそうですが、何よりも蔑ろにしたのは妻である冷であると、エンデヴァー自身も自覚していたのでしょう。

まずは冷に対して償わなければ、息子や娘に償うこともできないと分かっていたのかもしれません。

 

冷とエンデヴァーの和解の可能性は?

冷は恐らくトラウマの対象であるエンデヴァーの情報を目にしないようにするため、携帯の使用を禁じられているようです。

自分でもまだエンデヴァーに会うことは怖いと感じており、担当医にも会わない方が良いと言われていることから、彼女の心の傷はかなり深いのだと分かります。

焦凍に火傷を負わせたうえに、10年間世話もできなかった息子や娘から慕われていることから、子どもたちの間では母が父の被害者であるということが共通認識なのでしょう。

しかし、冷自身はエンデヴァーを全否定しているわけではありません。

 

そしてエンデヴァーも、10年以上前に言われた冷の好きな花を律儀に覚えていることから、決して愛情がないわけではなさそうです。

時間はかかるかもしれませんが、ふたりの間にあるのが無関心や憎悪だけではないのであれば、和解することはできるのかもしれませんね。

 

もう一人の息子は誰?

冷は「個性」の影響からか暑さが苦手なようで、それは子どもたちにも受け継がれているようです。

冬美と夏雄は冷の「個性」(氷)に近い「個性」を持って生まれたのかもしれません。

そうすると、エンデヴァーの「個性」(炎)だけを受け継いだのは、未だ登場していないもう一人の子どもということになるのかもしれません。

焦凍に冬美と夏雄以外の兄がいることは、回想シーンから確認できます。

今回のお見舞いシーンでも登場していませんでしたが、一体どんな人なのでしょうか?

読者の間ではたびたび話題になりますが、敵連合の荼毘が候補に挙げられます。

林間合宿での焦凍への挑発的な台詞、何より、「個性」が青い炎ということで、エンデヴァーの息子だとしても不思議ではありません。

もしも荼毘が轟家の人間だとするならば、今回のプロヒーロー編でエンデヴァーとの邂逅によって明らかになるのではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

 

ヒロアカ187話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア187話では、エンデヴァーが家族と向き合おうとしていることが分かりました。

そんな彼は今、特別製の脳無・ハイエンドの埒外のパワーと再生力に圧倒されながらも、戦い続けています。

果たしてエンデヴァーとホークスはハイエンドの凶行から福岡の人たちを守り切ることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です