【ヒロアカ】194話ネタバレでB組との合同戦闘訓練!心操も特別参加!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)194話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

193話では、出久が初代ワン・フォー・オールの記憶を見た後話しかけられ、「個性」を暴発させて目覚めました。

「僕のヒーローアカデミア194話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ194話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア194話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

“面影”について話し合う出久とオールマイト

初代の記憶を夢にみた出久は、翌日オールマイトにそのことを話します。

オールマイトも若い頃に見た“ワン・フォー・オールの面影”ですが、オールマイトにも、オールマイトの師匠にも、出久のように話しかけられたことはありません。

 

オールマイトの師匠は、“面影“について、力を培ってきた人達の想いが力の一部として記憶されているのだろうと話していました。

「道半ばで斃れたとしてもワン・フォー・オールの中でまた逢える ロマンだよ」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア194話」より引用)

初代のいう「特異点」が“個性”特異点の話なのか、初代に話しかけられたという異例な事態が出久によるものなのか外的要因によるものなのか、オールマイトにも分かりません。

しかし、そのワン・フォー・オールの力は絶対に出久の味方だからこれから共に探っていくということで、いったんこの話は終了となります。

 

戦闘訓練に心操が参戦!

午後からの演習では、皆のコスチュームが冬仕様になっていました。

中には夏冬変わらない仕様の人も居ますが、それでも全体的に入学時と比べてみんなのコスチュームは様変わりしてきました。

 

A組がコスチュームの話で盛り上がっているところへ、挑発的な言葉と共に現れたのは……

「さァA組!!!今日こそシロクロつけようか!?」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」194話より引用)

物間率いる(?)B組の面々です。

物間は、文化祭での出し物について、B組の方が良かったと答える人がA組のそれより多かったこと(自分調べ)を受けて、調子に乗りながらそれを見せつけます。

初めてのA組vsB組の合同戦闘訓練で、テンションが上がっている物間は、相澤に容赦なく捕縛布で黙らされました。

 

というのも、A組とB組の合同戦闘訓練には、特別参加者が来ていたのです。

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」194話より引用)

それは、体育祭のトーナメント1回戦で出久と戦い、ヒーロー科編入を希望していた普通科・心操人使でした。

 

スポンサーリンク

ヒロアカ194話のネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア194話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

姿が見えない2人は生きている?

194話では、オールマイトと出久が、初代の記憶について話していました。

出久が見た“面影”は、全部で8人。

しかし、うち2人は姿が見えず、オールマイトも輪郭がぼんやりしていました。

故人であるオールマイトの師匠・奈々がはっきりと見えていることから、すでに死亡している歴代継承者ははっきりと見えるということなのでしょうか。

だとすれば、オールマイトはまだ生きており、しかし近いうちに死を迎えるため、ぼんやりとした姿だったのだと考えられます。

そうなると、ナイトアイの未来予知は覆せないということになってしまいますが……。

逆に言えば、影しか見えないふたりの継承者は、まだ存命の可能性があります。

ワン・フォー・オールが生み出されてから何年経ったのかは定かではありませんが、不老や不死、あるいはそれに準ずる「個性」を持っていれば、有り得ないことではありません。

もしも継承者が生きていれば、彼らは必ず何らかの形で出久の力になるでしょう。

 

A組とB組の戦闘訓練

体育祭や林間合宿、圧縮訓練や文化祭などでちょいちょい出てきたB組ですが、やっと全員の「個性」や名前が分かる時が来そうですね。

これからどんどんクラス間の交流も増えていくことになるでしょう。

また、クラス間はもちろん、学校間での合同訓練の可能性も高くなってきました。

すでに士傑とは合同演習の話が出ていますから、B組との合同訓練から始まり、A組は今後様々なヒーロー志望と関わっていくことになるのかもしれません。

 

心操の参戦

心操は元々ヒーロー志望だったものの、周りから「敵向き」と評され、ヒーロー科の実技入試では不利となる「洗脳」という個性を持つ普通科の生徒で、体育祭トーナメント1回戦で出久といい勝負をし敗北しました。

その後、夏休み前や2学期始業式に相澤に連れられる姿が目撃されています。

始業式ではゴツくなっていたことから、読者の間ではヒーロー科編入が噂されていましたが、ここに来てようやく再登場を果たしました。

入学時点では、ヒーロー科としては酷い身体能力だった出久よりも低い身体能力だったため、恐らく相澤がこの数か月間鍛えていたのだと思われます。

相澤はヒーロー科の担任であることに加え、心操と同じく直接戦闘力になる「個性」ではありませんから、相澤に師事するのが一番よかったのでしょう。

そんな心操は、服装こそ学校のジャージのようですが、相澤と同じく捕縛布らしきものを首に巻いています。

「個性」が直接戦闘力にならない以上、武器を使って戦うことになります。

相澤に師事していたのなら当然、相澤の武器に倣うことになるでしょう。

正式に編入すれば、より多くのパターンの武器やサポートアイテムなどにも触れることになるでしょうが、まずはここからということでしょうか。

いずれにせよ、「特別参加者」ということは、心操も戦闘に参加します。

A組vsB組の戦闘訓練ですが、どちらと同じチームになるのか、果たしてその力はいかほどのものなのか、気になりますね。
 

スポンサーリンク

 

ヒロアカ194話ネタバレのまとめ

194話では、出久とオールマイトがワン・フォー・オールの面影について話し合いましたが、結局なぜ出久にだけ初代が話しかけてきたのかなどの謎は解明されませんでした。

そしてついに、A組vsB組の合同戦闘訓練が始まると同時に、普通科・心操も戦闘訓練に参加することに。

次回はA組だけでなく、B組の生徒や心操にも注目したいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)