【ヒロアカ】195話ネタバレで心操がA組チームで新アイテム・ペルソナコードを使用!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)195話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回194話では、A組とB組が合同戦闘訓練をすることになり、そこに心操も参加することになりました。

「僕のヒーローアカデミア195話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ヒロアカ195話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア195話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

心操が戦闘訓練に参加!

A組とB組の戦闘訓練に参加することになった心操は、自分はもう何十歩も出遅れていて必死だと語ります。

「立派なヒーローになって俺の“個性”を人の為に使いたい」

「この場の皆が超えるべき壁です 馴れ合うつもりはありません」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」195話より引用)

そんな心操を歓迎したA組とB組は、それぞれ4人一組のチームをつくり、一組ずつ戦うことになります。

心操はA組チーム、B組チームにそれぞれ一回ずつ参加するので、5試合中2試合は5人対4人の試合となります。

 

状況設定は、敵グループの確保に動くヒーロー。

お互いがお互いを敵として認識し、4人捕まえた方が勝利です。

心操の加わるチームは数的な有利を得ますが、5人チームでも4人捕らえられれば負けのため、戦闘経験のない心操はそれなりのハンデにもなります。

チーム分けはクジで決まり、心操は第一試合はA組のチームに、第五試合でB組のチームに入ります。

出久は第五試合のチームなので、心操とは再戦という形になります。

 

第一試合スタート!

第一試合は、梅雨・口田・上鳴・切島vs塩崎茨・宍田獣郎太・麟飛竜・円場硬成。

梅雨は保護色を纏いながら、基本数で押せるようばらけないで行くことを提案します。

一番厄介な“個性”である塩崎からどうにかしたいというのが総意ですが、B組の方も放電のある上鳴と洗脳の強い心操を警戒しているはずです。

口田が鳥を操り、左方向からツルで広範囲を探りながら向かっていることが分かり、数で畳みかけようとしますが……。

 

そのとき“個性”で獣化した宍田が上から現れ、梅雨と切島を掴み壁に叩きつけます。

口田の索敵能力に補足されることを考え、B組は塩崎を囮に上鳴が準備する暇を与えずに攻め入ってきたのです。

宍田に乗った円場は、新技「エアプリズン」という音を一切通さない防御壁で口田を捕らえます。

円場の掛け声に宍田が返事をし、上鳴を捕らえようとしたところで、宍田は動きを止めてしまいます。

 

実は円場のものと思われた声は、心操が発したものでした。

「“もう一つの声帯”ペルソナコード」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」195話より引用)

スポンサーリンク

 

ヒロアカ195話のネタバレ考察

僕のヒーローアカデミア195話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

心操と“面影”の関係は?

195話では、出久が心操が戦闘訓練に参加することを聞き、初めてワン・フォー・オールの“面影”を見たときが心操の「洗脳」を受けたときだということを思い出しています。

昨晩見た“面影”と、心操の登場。

これが偶然なのか否かはまだ分かりませんが、心操と出久は再戦することになりましたから、“面影”のことについてまた何かわかる可能性もあります。

心操自身が“面影”と関係あるのか、心操の“個性”「洗脳」が“面影”と関係あるのかは分かりませんが、出久がまた「洗脳」を受ければ、そのとき“面影”を再び見ることになるかもしれません。

20パーセントで初代の記憶の途中までしか見られませんでしたから、この戦闘訓練中にもう少し力を発揮し、夢の続きを見る可能性もゼロではないでしょう。

 

心操のペルソナコード

195話でその真価を発揮した、心操のマスク「ペルソナコード」。

円場の声で宍田を「洗脳」したことから、恐らく周囲の人間の声帯を模写することができるのだと考えられます。

心操の「洗脳」は、心操の言葉に反応してしまえば発動する初見殺しな“個性”ですが、言い換えればそれを知ってさえいればいくらでも防ぎようのあるものでもあります。

その対策として、ペルソナコードを使うことにしたのでしょう。

 

確かにこれであれば、心操の“個性”について知っていてもうっかり反応してしまうことも多いでしょうし、相手の仲間の声を使えばどれが本物でどれが心操か判断しなくてはならないので、相手方のチームワークに支障をきたすこともできます。

弱点としては、相手の声を設定するときに少しタイムラグが発生することと、一対一のときには使えないことでしょうか。

これに対し、第一試合のB組や、第五試合のA組がどのように対処してくるのかが気になるところです。

 

第一試合の行方は?

A組チームは切島・梅雨が宍田に叩きつけられてしまい、口田は円場の“個性”で身動きがとれない状態です。

現状動けるのは上鳴と心操のみ。

活躍の場さえあればほとんど無敵に近いふたりですが……。

 

一方、B組チームは宍田が「洗脳」によって動きを封じられました。

残っているのは上鳴・心操と同じ場に居る円場と、囮となった塩崎、そして姿を見せていない麟です。

もしも切島と梅雨、口田が投獄されていればA組は大ピンチです。

オールマイト曰はく、成績はB組の方が上がっているようですし、策としてはB組の方が地に足の着いたものとなっています。

心操の加入がプラスとして働けば心操のヒーロー科編入がより近づきますが、A組の成績としてはやはりB組に劣ってしまうところも否めません。

切島・上鳴という期末試験補習組はともかく、優等生の梅雨までが囮に引っかかってしまうあたり、確かに地力はB組の方が上なのかもしれませんね。

ここから心操のペルソナコードを上手く活用した策があるなら話は別ですが……はたして第一試合の勝者はどちらになるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

ヒロアカ195話ネタバレのまとめ

僕のヒーローアカデミア195話では、A組対B組の第一試合が始まりました。

ピンチとなったA組チームを助けたのは、心操の新アイテム・ペルソナコード。

果たして勝負の行方はいかに?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)