【ヒロアカ】206話ネタバレ!第3セットのまさかの決着!第4セットもスタート!

スポンサーリンク

2018年11月19日発売の「週刊少年ジャンプ51号」の堀越耕平『ヒロアカ』206話「第3セット決着」のネタバレです。

「ヒロアカ206話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

 

ヒロアカ206話ネタバレの要点まとめ

ヒロアカ205話のあらすじ

ヒロアカ205話では、轟がエンデヴァー並の火力を放ちました。

しかし鉄哲は大火傷の危険すらあるその状況でも一歩も引かず、ふたりは耐久戦にもつれ込みます。

一方、障子vs角取は、尾白が駆け付けたことにより、角取が捕らえられることに。

しかし尾白が角取を牢へと運ぼうとしたそのときに骨抜が駆けつけ、地面を柔化させられてしまいます。

尾白と障子がどうなったのか分からないまま、骨抜は轟と鉄哲のところにも姿を現しました。

轟は地面を柔化させられ沈められたところに、頭に崩れた配管が当たり、気を失ってしまいます。

そんな轟の元に駆けつけたのは飯田。

骨抜の頭を殴り、文句を言う鉄哲を背に、轟を救助すべく走り抜けます。

それに対し、骨抜は塔を柔化させ、鉄哲にそれを飯田・轟に向かって倒すように指示。

塔の崩落に巻き込まれた飯田、気絶した轟・骨抜・鉄哲……。

第3セットはいったいどうなるのでしょうか?

>>ヒロアカ205話ネタバレはこちらから

 

第3セット、決着!

轟・飯田・骨抜・鉄哲の4名が一気にダウンしましたが、牢に入るまではリタイアとは言えません。

塔の崩落に巻き込まれた飯田はかろうじて意識はありましたが、左手足を痛め、身動きがとれない状況です。

左手といえば、飯田がヒーロー殺し・ステインと戦ったときの後遺症がある部位ですね。

後遺症は手指の動かしづらさと多少の痺れくらいのものであり、それが原因で今回動けなかったり、逆に今回の戦闘訓練のせいで悪化したりということはなさそうですが、ちょっと心配です。

4人が動けない一方で、障子と角取は未だ戦いを続けていました。

どうしてこうなったかというと、時は骨抜が角取を救出しようと動いたときまでさかのぼります。

尾白と障子を柔化した地面に沈ませ、はい出ようともがいたところで、尾白の角取への拘束を緩ませようと考えていた骨抜。

尾白は尻尾で柔化した地面ごと薙ぎ払うような威力を持つ「尾拳・沼田打旋風」を奮い、障子ともどもそこから脱出します。

なんだかんだと大活躍の尾白ですが、角取も負けてはいません。

彼女は柔化した地面に沈んでいた自分の2本の角を再度操り、自分の方へと動かすことで自分を拘束している尾白の尻尾へと角を突き刺します。

さらにもう2本を使い、自らは尾白に拘束されたまま、B組の牢へと直行する角取。

投獄された尾白はリタイア扱いとなるため、拘束を解かねばなりません。

ダウンした4人のもとへと駆けつけた角取は、瞬時に状況を判断します。

状況は1-1、骨抜と鉄哲を障子に掴まえられたら負けだと考えた角取は、角を1本ずつ使い2人を持ち上げ、さらに轟を投獄すれば勝ちになるため、轟も角で持ち運びます。

しかし、角が4本フリーでさえ障子に勝てない角取は、3本の角を人の持ち運びに使っている時点で勝てないのは明白。

轟を投獄しようにも、3人「持った」ままでは遅く、牢に着く前に障子に捕まってしまいます。

そこで角取がとった行動は、自分と3人を空高く持ち上げ、障子が絶対に届かない高さから機を窺うというもの。

「皆を負けさせるのは…いやデスので!」

(堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」206話より引用)

これなら、轟を投獄するチャンスがなくても、少なくとも負けにはなりません。

結果は、1-1の引き分けとなりました。

轟vs鉄哲や飯田、骨抜がメインかと思われた第3セットですが、尾白や角取、障子もかなり活躍していましたね。

特に尾白の投獄や最後の行動といった終盤の角取の判断力と決断力はかなりのものではないでしょうか。

いくら尾白の尻尾があるとはいえ、自分に向かって殺傷力の高い角を向かわせるのは勇気のいることですし、「勝ち」を潔く諦めるということも、なかなかできることではありません。

206話で宍田も指摘している通り、「逃げて救援待ち」は状況によってはヒーローとしても理に適った行動ですしね。

角取は、A組でいえば梅雨のような優秀さを持っているのかもしれません。

 

保健室での反省

怪我人多数につき反省会は後へと回された第3セット。

しかし、保健室で目覚めた轟は、飯田と自らの反省を話し合います。

自分がもっと早ければ勝てたという飯田に対し、自分が遅いから心配をかけさせてしまったという轟。

それぞれの反省と目標を胸にするふたりに話しかけてきたのは骨抜です。

自分も課題が残ったままだからまた相手をしてほしいという骨抜に、「もちろん」と返す飯田と轟。

第1セットや第2セットでは見られなかった感じの青く良い終わり方ですね。

A組とB組はこれまで体育祭や林間合宿といったイベント以外あまり関わりがなかったのですが、今回の戦闘訓練をきっかけに個人的にクラスの垣根を超えて付き合うこともあるかもしれません。

 

第4セット、スタート!

休む間もなく始まる第4セット。

A組チームのメンバーは、爆豪勝己・耳郎響香・瀬呂範太・砂藤力動。

対するB組チームのメンバーは、取蔭切奈・泡瀬洋雪・凡戸固次郎・鎌切尖です。

物間によると、B組チームの取蔭切奈は、骨抜と並ぶB組もう一人の推薦入学者。

かなり手強いと予想される相手に、好戦的な笑みを見せる爆豪…。

そんな彼のチームメイトは、爆豪の立てた作戦に戸惑いの表情を見せています。

爆豪が一体どんな策を立てたのかは、考察記事で詳しく予想していきましょう。

>>ヒロアカ206話ネタバレ考察&207話展開予想はこちらから

スポンサーリンク

 

ヒロアカ206話ネタバレのまとめ

ヒロアカ206話では、角取が尾白を投獄し、かつダウンした4人のうち身動きがとれない飯田を除く3人と自分を空高く持ち上げることで、第3セットを引き分けに持ち込みました。

轟も飯田も骨抜も色々と個人的に課題は残ったようですが、自分のオリジンを見つめなおすいいきっかけになったのではないでしょうか。

一方、保健室に運ばれた第3セットの参戦者を待つことなく、第4セットがスタートします。

注目人物は好戦的な笑みを見せる爆豪と、B組もうひとりの推薦入学者・取蔭切奈。

果たして第4セットはどうなるのでしょうか?

>>ヒロアカ207話ネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)