【ブラッククローバー】160話のネタバレでラック対マグナ!!壮絶な炎と雷の戦い!

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー160話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のブラッククローバーでは、襲われているハージ村にアスタとユノが駆けつけました。

そして、アスタはグリモワールから新たな剣を取り出すことに成功し、転生魔法を破る方法を見つけます。

果たして、アスタとユノはクローバー王国を救うことができるのでしょうか。

「ブラッククローバー160話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー160話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー160話のネタバレ要点」をサクッと知りたいというあなたはこちらからどうぞ!

 

別行動をするアスタとユノ

今回のブラッククローバーでは、転生魔法によってエルフの魂が乗り移っていた敵のアップから始まります。

 

アスタにより、転生魔法が解けて人間の意識を取り戻しましたが、未だ状況を理解できない様子です。

ハージ村の人々はアスタとユノの成長に驚きながらも、助かったこととアスタとユノに再会できたことを喜びます。

しかし、時間もないためアスタとユノは敵だった魔法騎士団員も連れて、クローバー王国に向かいます。

移動を初め、もうすぐで平界となるところで北側と南側の2カ所からエルフの魔力をユノが感知します。

 

そこで、アスタは転生魔法を解くすべをもっていることから一人で行動し、ユノと敵だった魔法騎士団員が一緒に行動することになりました。

アスタとユノ

「王都で会おうぜ」

アスタ

「ユノ」

ユノ

「アスタ」


「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

 

ラックVSマグナ戦闘開始!!

一方、黒の暴牛団のアジト付近では、転生魔法によってエルフの魂が宿ってしまったラックが暇つぶしに町中を破壊しようとします。

 

そこに同じ魔法騎士団の一員であるマグナとバネッサが現れて、ラックに声をかけます。

マグナ

「・・・オイオイ町が壊れてっから来てみりゃどういうことだ・・・!!ラック・・・!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

 

マグナの問いかけにより、ラックはマグナとバネッサの存在に気づきますが、お構いなしに攻撃を続けます。

ラック

「・・・そいつが誰かに会いたがってたようだけど・・・君達かな??」

「けど残念 転生魔法でこの体はもう・・・僕ルフルのものになったんだ!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

 

ラックの体を持つルフルは、話しかけながらマグナたちに攻撃をしかけようとしますが、バネッサの魔法で見当違いの場所に攻撃します。

マグナも応戦してラックに攻撃しようとしますが、ルフルは体はラックのものであることから、バネッサの魔法は「黒の暴牛のメンバー」だと判断します。

これにより、マグナの攻撃も外されてしまいます。

 

攻撃が当たらないことにはどうしようもないことから、マグナはバネッサに魔法を解除するように呼びかけます。

マグナ

「その猫の力解除しろバネッサぁ!!」

バネッサ

「今のラックの攻撃が当たったらアンタ即死よッ!!」

「それに恐らく禁術魔法でラック本人は眠らされているだけ・・・」

マグナ

「だからあのバカの目ぇ覚まさせてやろうっつってんだよー!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

マグナは得意の炎の魔法で攻撃を仕掛けますが、ラックには単純な魔法呼ばわりされます。

しかし、マグナの炎の玉の魔法は瞬間的に消えました。

 

これは炎魔法”爆殺散弾消滅魔球”という名前で一瞬消えて、ラックを攻撃しますがよけられてしまいます。

ラックの雷を使った素早い攻撃に逃げ切れないマグナでしたが、すんでのところでバネッサの糸魔法によって助けられます。

バネッサ

「まったく・・・どいつもこいつも血の気が多いんだから・・・私がサポートしてやるわよ」

「それに確かにアンタにやられたらラックもびっくりして目を覚ますかもね!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

 

マグナとバネッサのコンビネーション技

バネッサの協力も得たマグナは、糸魔法によって素早く移動しながら、再び炎魔法を飛ばして攻撃をします。

 

ルフルもそれを避けますが、マグナの火球は当たらなくても爆発しました。

マグナ

「これがオレの新たな炎魔球”時限爆殺散弾魔球”だ・・・!!」

「当たらなくても爆発する!!どれがどこで消えるか爆発するか読み切れるかァァー!?」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

マグナはすさまじい攻撃を繰り広げますが、ルフルには当たらずルフルは相変わらずマグナをバカにします。

 

しかし、マグナはバネッサの魔法により、ルフルの後ろを取ることに成功させました。

ですが、それもルフルは読んでいて、マグナの腕をつかみます。

ルフル

「残念 君のマナに気づいちゃった」

マグナ

「わかってんだよ テメーの感知力とスピードの凄さはよ」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

マグナはルフルに気づかれるのも計算しており、ルフルが腕をつかんだ瞬間に自分も巻き込まれるように、火の玉を爆発させます。

自分もダメージを受けますが、打たれ強さと我慢強さは自分の方が上だと知っているからこそ攻撃し「極爆殺轟炎魔球」を決めました。


「田畠祐基「ブラッククローバー」第160話より引用」

そして、マグナはルフルを拘束しますが、ルフルの元に雷が落ちて、まだ元気なルフルが現れたところで今回のブラッククローバーが終わります。

 

スポンサーリンク

ブラッククローバー160話のネタバレの考察

ブラッククローバー160話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

ラックは誰に会いたがっていたのか!?

今回のブラッククローバーでは、転生魔法によってエルフの魂が宿ったラックが暴れているところにマグナとバネッサが現れます。

このときにラックの体を持つルフルがラック自身が誰かに会いたがっていたと言っています。

これは誰に会いたがっていたのでしょうか。

また、なぜ会いたかったのでしょうか。

ラックが会いたい人物というのは正確にはわかりません。

 

ですが、おそらくは黒の暴牛のメンバーであり、転生魔法の解けるアスタか団長であるヤミの可能性が高いと思われます。

また、会いたがっていた理由としては転生魔法にかかっている本人だからこそ、この魔法に気づいて解き方や謎がわかったのではないでしょうか。

 

今後の展開はどのようになっていくのか!?

今回のブラッククローバーではルフルとマグナによる戦闘が始まりました。

マグナはバネッサの力も借りることでルフルに大ダメージを与えますが、それでも倒すには至っていません。

そして、その戦闘している場面にはアスタが向かっていることから、次回は怒ったルフルによってマグナとバネッサが倒されるのではないでしょうか。

それで、ピンチのところにアスタが駆けつけるというのが定番の流れと言えるでしょう。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー160話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの160話のネタバレ記事を紹介しました。

同じ魔法騎士団同士が戦わなければならないという熱い展開に注目していることも多いでしょう。

アスタが助けに入ることによってラックは先に転生魔法から冷めそうですが、何か重大な情報などは発表されるのでしょうか。

今後も楽しみです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)