【ブラッククローバー】162話のネタバレでアスタ対ラック!!ついに戦闘開始!!

スポンサーリンク

ブラッククローバー162話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のブラッククローバーでは転生魔法によってエルフの魂が宿ったラックがマグナとバネッサに襲い掛かりました。

マグナとバネッサはコンビネーション魔法で一度はダメージを与えますが、ラックに本気を出されてからは手が出せなくなってやられてしまいます。

そこで、ついにアスタが駆けつけて、ラックを助けるために戦い始めます。

「ブラッククローバー162話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー162話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー162話のネタバレ要点を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

スピードに対応するアスタ

今回のブラッククローバーは、アスタがマグナとバネッサの元に駆けつけて、ラックと睨みあうところから始まります。

ラックは、アスタがラックの事を仲間だと大きな声で叫びましたが、転生魔法によってエルフの魂が入っているラックには届きません。

ラック

「仲間・・・ネ・・・」

「そいつもこいつも癇に障るよ・・・!」

「・・・君魔力がまったく無イね・・・ここまでマナに愛されてないヤツがいるなんてね・・・」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

 

ラックは魔力が無いアスタのことをバカにしますが、アスタは全く気にかけずに返します。

アスタ

「そんなオレを仲間として認めてくれたのが黒の暴牛のみんなだ・・・!」

「誰一人失わせねー!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

ラックはアスタの言葉を聞いて怒り出して、猛スピードで攻撃を始めます。

 

ラックの猛スピードによる移動で、地面やあたりの建物は砕けていきます。

ラックは猛スピードで移動しながらも、しっかりとアスタを捉えて死角から襲おうとします。

ラック

「誰だろうと何だろうと今の僕の動きハ捕らえられないよー!!」

「仲間の体の手にかかって死ね!!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

 

ラックは死角からアスタを攻撃しようとしたものの、アスタはタイミングを合わせてカウンターを狙います。


「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

 

ラックはアスタが付いてこられたことに驚きながらも、方向転換して仕切り直します。

アスタ

「怒りがムキ出しのアンタの気はすげー読みやすい・・・!!」

「そしてこの剣はデカイ魔力に敏感に反応してどこまでも追いかける」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

アスタは気を読むことと剣の能力でラックを追跡しますが、ラックもそれをさせまいと攻撃を放ちます。

 

そして、強力な一撃をアスタに与えようとしますが、アスタはマグナとバネッサに力を求めます。

マグナとバネッサの援護によって大きな一撃を防ぎながら、ラックの蹴りをガードするアスタ。

 

アスタは吹き飛ばされる中そろそろ限界が近いことも悟り、次で決めると意気込みます。

ラック

「そろそろ終わりだ・・・!!人間!!」

アスタ

「次で決める!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用

 

黒の暴牛団の底力!!

アスタがラックに吹き飛ばされつつ、次の攻撃で決めると決意した時マグナも加勢に入ります。

 

マグナは叫びながら魔法を使って大爆発をさせることでラックの視界を遮って、アスタの位置を隠します。

ラック

「魔力が無くて感知出来ないなら隠せばいいって?」

「だったらマナを広げてキミの剣が僕のマナを消しているところを感知すればいい!!」

「真っ直ぐ向かって来る」

「完全に捕らえた」

「僕の怒りの方が強い!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

 

ラックはアスタを視界の中では見逃すもマナを広げることで、自分のマナが消えているところを探してアスタの位置を捕らえます。

そして、自分の怒りを全てぶつけるかのようにタイミング良くアスタに攻撃をしかけました。

ですが、その時バネッサが糸の魔法で思いっきり手に持っていた糸を引っ張ります。

すると、その糸はアスタの足につながっており、一瞬アスタの動きが止まってタイミングをズラしました。

 

さらに、追撃としてマグナがアスタの足についている糸を焼き切ることでアスタは自由になり、ラックに強力な一撃をお見舞いします。

こうして今回のブラッククローバーはアスタとマグナ、バネッサの三人の活躍によりラックに一撃を与えたところで終わります。

 
「田畠祐基「ブラッククローバー」第162話より引用」

 

スポンサーリンク

ブラッククローバー162話のネタバレの考察

ブラッククローバー162話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

来週はどのようになっていくのか!?

今回のブラッククローバーではアスタとマグナ、バネッサの協力技によってラックの裏をかいてダメージを与えることに成功しました。

しかし、本当にこれでラックがそのまま転生魔法から解放されるのでしょうか。

アスタによる剣で攻撃しているようにも見えますが、殴っているようにも見えるのが疑問でもあります。

 

また、ハージ村で倒した転生魔法のエルフは雑魚だったから一発で転生魔法が解けたと言う可能性もあります。

まだしっかりと転生魔法の解け方がわかっていないことからもこの後もラックが起き上がって、アスタとの戦闘を繰り広げる可能性も十分にあると考えられます。

もしくは、そろそろアスタ側ではなくユノの方に視点が変わることもあり得ます。

ユノはアスタと違い、能力は強い反面転生魔法の治し方を持っていません。

なので、苦戦することは間違いなく、より激しい叩きになるでしょう。

ユノは同じ金色の夜明け団のメンバーと戦うことになってしまうのか、それとも違うメンバーと戦うのかという部分も注目です。

 

ラックの意識はすぐに戻るのか!?

今回のブラッククローバーでアスタがラックに攻撃を与えました。

来週にすぐにラックの転生魔法が解けるかどうかは不明ですが、おそらく流れとしてはラックを助け出すことに成功はするでしょう。

ですが、この後ラックは戦線に復帰することはできるのでしょうか。

マナは増えていたとは言え、たくさんの場所を暴れまわってマグナとバネッサから強力な一撃を喰らっています。

そして、さらにアスタからのダメ押しも受けていることからも、すぐに戦える状態になることはないでしょう。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー162話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの162話のネタバレ記事を紹介しました。

このままではアスタ以外には転生魔法を解く手段がないままですが、果たしてどうなるのでしょうか。

今後に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です