【ブラッククローバー】166話のネタバレついにリヒト覚醒!!黒の暴牛に迫りくる狂気

スポンサーリンク

ブラッククローバー166話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のブラッククローバーではヘンリーの魔法によって、黒の暴牛のアジトが変形しました。

そのアジトを利用することと、団員同士で協力することでエルフ3人を相手に圧勝しています。

では、今回はどうなるのでしょうか。

「ブラッククローバー166話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ブラッククローバー166話のネタバレの要点まとめ

「ブラッククローバー166話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ウィリアム・ヴァンジャンスの心情

今回のブラッククローバーは、幼いころのウィリアム・ヴァンジャンスの回想から始まります。

ウィリアム・ヴァンジャンスは、物心ついた時から、自身の中に「誰か」が眠っていることを感じていたようです。

その「誰か」は、ひどく傷ついていて・・・、ひどく怒っていて・・・、ひどく悲しんでいるように感じていたようです。

そんな弱い存在である「誰か」を、ウィリアム・ヴァンジャンス自身が守らねばと思ったからこそ、辛く孤独な幼少の時代を生き抜けたと告白します。

 

ウィリアム・ヴァンジャンスは記憶をたどりながら、さらに今までの過去を振り返ります。

齢9の頃から「ある夢」をよく見るようになったこと…。

齢13の時、始めて認めてくれ、優しく偉大な人であったユリウス様と出会ったこと…。

ウィリアム・ヴァンジャンスは、幼いころの思い出と魔法帝との出会いを思い出し懐かしみます。

 

そして、さらに過去に起きた心の変化を思い出します。


ウィリアム・ヴァンジャンス

「この体が齢16の時、君は目覚めた」

「その頃私は、ユリウス様が団長を務める「灰色の幻鹿」の新人として活躍していた」

「君もグリモワールを授かったことで、私達は一つの肉体を二つの魂で共有していることを確信した」

「君と私は、徐々に魂で意思疎通が出来るようになり、互いに魂を切り替えられるようになった」

「君には絶対に成さねばならない使命があった」

「それは、私のもう一人の大切な人を、国を裏切る行為だった」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

 

ウィリアム・ヴァンジャンスは、ユリウスと双子のような、もう一人の自分の中の精神とどちらにつくのか迷います。

そして、その迷いからどちらにも協力し、時には仲間を助け、時には仲間を裏切るような行動をしてきています。

最終的にウィリアム・ヴァンジャンスは、どちらに味方すればいいのかわからなくなります。

それから、ついにユリウスと自分の中のもう一人に決断を委ねます。

 

そして、結果的にウィリアム・ヴァンジャンスのもう一つの精神が勝ち、そちらに着くことに決めました。

ウィリアム・ヴァンジャンス

「そして私はどちらかを選べず、2人に委ねてしまった・・・」

「最低な男だ・・・そして君が勝った」

「ごめんなさい、ユリウス様・・・おめでとうパトリ・・・」

「そして君の願いが叶う時が、僕達の別れの時だ」

「さようなら、パトリ、願わくばー」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

 

こうしてウィリアム・バンジャンスの体は目覚め、今までリヒトと呼ばれていた人格が目を覚まします。


「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

その後、リヒトと呼ばれていたパトリは起き上がり、ウィリアムが眠りについたことを実感します。

そして、パトリはウィリアム・バンジャンスに対して「ありがとう」と伝え、さらに別れを告げます。

 

目覚める白夜の魔眼メンバー達

パトリが目覚めたことで、白夜の魔眼のメンバーの一人だったラデスのグリモワールが光ります。

そして、ものすごい雄叫びとともにラデスは起き上がりました。

ナレーション

「転生の瞬間命の危機感 激しい憎悪と怒りが死者の肉体を操るのみだったラデスの魔法を成長させた」

「魂を操る真の死霊魔法の完成」

「進化した魔法は、転生の贄とされかけた魂を、ギリギリのところで肉体に呼び戻した」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

 

ラデスは山の先にいるパトリに向かって吠えます。


「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

ラデスは人間に対して非常に強い恨みと憎悪をあらわにしています。

そして、ラデスは他の白夜の魔眼のメンバーも起こします。

 

黒の暴牛に近づくラデス

その頃、黒の暴牛のアジトでは三人のエルフを倒したことで、アスタはテンションが上がって叫んでいました。

 

すると、いきなり黒い魔法が現れて、ラデス達が現れます。

ラデス

「よォ・・・黒の暴牛ぅ・・・!!」

「オマエらは・・・!!オレの復讐の為にテメエら利用してやるよ・・・!!」

「田畠祐基「ブラッククローバー」第166話より引用」

こうして、黒の暴牛メンバーとラデスとの戦いになるところで、今回のブラッククローバーは終わります。

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー166話のネタバレの考察

ブラッククローバー166話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

パトリとは誰なのか!?

今回のブラッククローバーでは、今までウィリアム・ヴァンジャンスの中にいたエルフの精神がリヒトではなく、「パトリ」であることが判明します。

まだ、完全に謎が解明したわけではなく、大掛かりな伏線でもあることから、今後の展開にも大きく関わっていくことでしょう。

ちなみに、パトリというのもエルフであり、以前、ライアが見た夢の中で登場しています。

リヒトに近い立ち位置でもあり、リヒトに個人的な情を持っていることからも、パトリが全ての鍵を握っていることは間違いないでしょう。

 

今後の展開はどうなるのか。

今回のブラッククローバーでは、ラデスが転生魔法によって、エルフの魂が乗り移っています。

それにより、ラデスの死体を操る魔法も進化して、さらに強力になりました。

そして、死にかけていたキャサリンなどを操ることに成功して、アスタ達の前に現れています。

このことからも、次週はアスタや黒の暴牛とラデスの戦いが、繰り広げられるのではないでしょうか。
 

スポンサーリンク

 

ブラッククローバー166話ネタバレのまとめ

今回はブラッククローバーの166話のネタバレ記事を紹介しました。

やっと物語も大きく動き出し、伏線も少しずつわかってきました。

しかし、未だに謎が多い部分もたくさんあります。

リヒトはどうなっているのか。

パトリの詳細など今後の内容に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です