155-156【MAJOR(メジャー)2nd】ネタバレ考察「最新話」試合の結末と今後の展開の画バレ解説

スポンサーリンク

『MAJOR2nd(メジャーセカンド)』155話のネタバレ考察と最新話156話の展開予想になります。

以下ネタバレ&画バレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

 

『メジャーセカンド』155話ネタバレ考察

まずは、メジャーセカンド155話のネタバレ考察をしていきましょう。

なお、メジャーセカンド155話のネタバレはこちらでご覧いただけます。

>> 【MAJOR(メジャー)2nd】155話ネタバレ!大尾中戦もついに決着!!

 

決勝戦、決着

ついに決着となった大尾中戦。サヨナラ負けを覚悟していた分、大きなショックはなく、「やっぱりか」と小さく納得しただけでした。

始まる前から敗色濃厚で、予想外の善戦に一度は「もしかして」と思わされたものの、道塁に同点打を打たれた時点で「これは…」と半ば諦めていましたから、勝敗についてもうあれこれと言うつもりはありません。

ただ、やり切ったという清々しさを見せると思っていた大吾が、あそこまで落ち込むとは思いませんでした。

やっぱり魚住を歩かせる作戦を見逃していたようで、3塁にランナーを置きたくないという考えだけで動いていたことを反省するとは思っていましたが、公園で一人黄昏るほどに落ち込むとは……。

正直、沈んでいる大吾をあそこまでフィーチャーするよりも、弥生と魚住や、大吾と道塁といった過去の因縁がある人物同士の絡みを

他にも道塁がリトルリーグ編以来の満面の笑みを見せたり、弥生の尊すぎる笑顔が見えたりと、ドキッとする場面もいくつか描かれましたが、やっぱり他との絡みをもっと描いてほしかったですよね。

(満田拓也「MAJOR2nd」155話より引用)

 

吾郎登場の意味

多くの読者の間で「吾郎は何の目的で球場を訪れていたのか」というのが、この決勝戦の勝敗と同じぐらい重大な懸案事項だったかと思いますが、なんと純粋に息子の試合を観に来ただけでした。

「クビになったのか?」や「引退するのか?」という疑惑については、吾郎の口から四国の独立リーグで選手兼コーチとして雇われていることが語られたため、否定されました。

「それでも試合を観に来るのは不自然」と思っている人もいるかもしれませんが、独立リーグはプロ野球ほどの試合数があるわけではないため、バリバリシーズン中といえど試合と試合の間は数日空くこともあり、初めて野球を教えてあげた可愛い息子の地区大会決勝を試合の合間に見に来ることは不思議でも不可能でもありません。

 

他にも「光くんの最新情報を持ってきてくれたんじゃないのか」とか、「風林中の新監督に就任するんじゃないのか」とか、「弥生の怪我を見抜いて試合を止めに入るのか」とか、様々な憶測が飛び交う中、そのすべてをスルーして、試合に出場していた誰にも絡むことなく去ってしまいました。

じゃあ何の目的があったのかといえば、もちろん単純に「息子であると同時に教え子にもなった大吾の試合を観に来た」という部分が大きいでしょうけど、おそらくは今後も吾郎を登場させやすくするためなのではないでしょうか。

リトルリーグ編では片手の指で足りるほどしか登場しなかった吾郎は、すでに読者の中では「登場する=何か大きなイベントがある」というキャラクターになってしまっていましたから、そうした雰囲気を壊すために、今回のような普通の親として登場する機会を設けたのではないでしょうか。

 

メジャーセカンド156話 展開予想

次回のメジャーセカンド156話はどのような展開になるのでしょうか。

今回の内容のラストや今までの伏線から来週の156話の展開を予想していきます。

 

高校生編突入か、引き続き風林中を描くのか

風林中での最初の大会が終了し、全読者の関心はこのまま中学野球編を続けるのか、高校野球まで飛ぶのかという点に移っているはず。

可能性としては3つ。

今のチームのまま次の大会を描くか、3年生まで時間が飛んで中学最後の大会に臨むのか、あるいは高校野球まで飛ぶのかの3択です。

しかし、メジャーは他の野球漫画と違い、同じ学年のうちに2大会以上描かないのがこれまでの描き方でした。

というより、大会が終わると進学or転校・転入するというのが決まり事のようで、その原理でいくと今回の大会が終わった時点でもう風林中での野球は描かれないということになります。

風林ナインについても、千里以外は全員それなりに深く掘り下げてきましたから、これ以上描けることもないように思えますから、可能性としては高校野球まで飛ぶ確率が高そうです。

最終学年以外で大会に臨むのは前作メジャーの最初期以来のことで、その際は大会後に吾郎が転校し、一気に中学3年生まで時間が流れましたから、やはりセオリー通り高校生編へ飛んでしまうのではないかなと思います。

とはいえ、メジャーセカンドの中学野球編を2年生の最初の大会から始めたのに、このまま秋の大会や3年生編を飛ばして高校野球の話を描くのはあまりにも突拍子がない気が…。

当時は大会前から引っ越しや義母・桃子の再婚のことなど、ともかく、次週いきなり高校生編が始まっているなんてことは絶対にないため、そこでどんな話が展開されるのかによって中学編が続くのかどうかも予想しやすくなるのではないでしょうか。

 

近々、光くんの最新情報が出てくる?

風林中での大吾の活躍が描かれている間、リトルリーグ編でバッテリーを組んだ佐藤光については一切語られないままでした。

中学野球編は大吾が必死に野球に取り組んでいる姿を追うだけで十分満足できましたが、大会がひと段落着いたいま、少しでも良いので光くんの情報が欲しくなってしまいます。

むしろ、大吾が風林で苦難の道を歩むことは、読者に光くんのことから目を背けさせる目的もあったはず。

となると、この段階でほどよく何らかの情報を提供してくるはずです。

直接会うのか、風林に転入してくるのか、あるいは県大会も勝ち抜いて全国に進んだ道塁たちが光くんのいる群馬代表に敗れるという展開か、様々な形が考えられます。

前作でも吾郎の活躍と同時に佐藤寿也の情報も散りばめられていたため、きっと今作でも大吾と光のバッテリーが再結成されるまでは少しずつ情報が提供されるものと思われます。

次週からチームメイトとのことについて1、2話程度かけた後に、何らかの形で大吾が知るはずですから、もうしばらく楽しみに待っていましょう。

>> メジャーセカンド156話のネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)