【七つの大罪】259話ネタバレで十戒のいない戦場と、十戒同士の戦場!

スポンサーリンク

七つの大罪259話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

現代で再現されてしまった女神・魔神・聖騎士が入り乱れての「聖戦」。

十戒のいない魔神軍に対し有利な戦局を展開するリオネル軍。

一方で、戦列から離れている3人の十戒にも戦闘の兆しが見え始めます。

「七つの大罪259話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

七つの大罪259話ネタバレの要点まとめ

 

聖戦の開戦

ギーラ、ハウザー、デスピアスなど実力者の揃う聖騎士団に、七つの大罪とエリザベスを加えた地上の掃討部隊と、リュドシエルとマーリンを中心に、少数精鋭で強襲を目論む「空中部隊」に分かれたリオネル軍。

 

魔神1匹1匹が高い魔力と闘級を持つ魔神軍ですが、リュドシエルの魔力によって痛みを感じない「神の軍団」と化した聖騎士団も互角に渡り合います。

 


(鈴木央「七つの大罪」259話より引用)

 

 

主力の活躍

それでも魔神一匹に対して、数人で立ち向かわなければならない聖騎士たちは、群れで襲い掛かってくる魔神たちに徐々に押され始めます。

一時的な退却を余儀なくされた聖騎士たちの劣勢を覆したのが、七つの大罪の2人、「ディアンヌ」と「キング」のけた外れの魔力でした。

 

 

さらには、空での戦闘を受け持つ大天使・タルミエルとサリエルの魔神すら軽々と蹴散らす力により、戦局を有利に進めるリオネル軍。

 

(鈴木央「七つの大罪」259話より引用)

 

 

十戒たちの思惑

激しい戦闘が繰り広げられるリオネル軍と、魔神族の戦場からほど近い村にて潜伏していた2人の十戒、デリエリとモンスピート。

人間の村の中で送る静かな暮らしと、十戒としての存在意義の間で揺れ動く2人は、話し合いの末、ゼルドリスの元へ戒禁を返しに行こうとします。

 

(鈴木央「七つの大罪」259話より引用)

 

そんな魔神2人の穏やかな時間の中に、1人戒禁を集めて回るエスタロッサの影が差し込みます。

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪259話 ネタバレの考察

七つの大罪259話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

戦闘を有利に進めるリオネル陣営

特殊な事情から前線が手薄となっている魔神軍。

いくら低級魔神の数を揃えて攻撃しても、十戒どころか高位魔神さえ1人もいない魔神軍側の先鋒では、大天使と七つの大罪を加えた聖騎士団に叶わないのは道理。

 

おまけに、巨人族と妖精族の援軍も来るということで、魔神軍側は高位魔神の参戦がない限り惨敗が濃厚となってしまいました。

マーリンが警戒していたゼルドリスの戒禁も、すでにゼルドリスの手を離れ、メリオダスがその身に取り込んでいる最中で、残る戒禁も新たな戦いの中心にあるため、現状ただちに戒禁を持った魔神が参戦してくる状況もなくなりました。

 

ひとまず直近のリオネル側に降りかかり得る脅威としては、前々回に戦闘態勢に入った姿が描かれていた老魔神のチャンドラーとキューザックが戦列に加わることと、メリオダスの元を離れたゼルドリスの参戦です。

そして、その高位魔神たちが掃討部隊と強襲部隊のどちらと衝突するのかも気になるところ。

エスタロッサへの復讐に燃えるタルミエルとサリエルの2人の大天使は、目的のエスタロッサと戦うまで、もといエスタロッサに負けるまでは大物との戦闘は無さそうなので、やはり強襲部隊の方でしょうか。

流れとしては、下位魔神との戦闘を掃討部隊に任せ、先に進んだ強襲部隊が、キャメロット付近でまずチャンドラーとキューザックにぶつかり、力を合わせて退けたところでゼルドリスとぶつかる、といった形になりそうですね。

 

そして魔神たちとの戦闘を続ける掃討部隊は、近くの村にいるエスタロッサがデリエリとモンスピートとの決着をつけ次第、介入してくるエスタロッサとの戦闘に移るのではないでしょうか。

 

デリエリとモンスピート、死んじゃうの…?

死と破壊の象徴である魔神らしからぬ穏やかで優しいシーンを、ふんわりと読者にお届けしたデリエリとモンスピートの十戒カップル。

そんな2人の上空には、戒禁集めにしゃかりきになっているエスタロッサの黒い影が……。

 

すでにネット上でも2人に生き延びてほしいという声が散見される状態で、敵方でも高い人気を得るという七つの大罪の作品の魅力を改めて。

ただ、対するエスタロッサもまた人気があるため、もっと悪行に手を染め続けて欲しいという声も上がっている難しい状況。

物語の流れ的には確実に命を絶たれるでしょうが、個人的には戒禁は持って行っていいから命だけは見逃してあげて欲しいところです。

 

戒禁を集めるエスタロッサ

ガランの戒禁を手に入れ、さらにはデリエリとモンスピートの戒禁をも手中に収めようと画策するエスタロッサ。

 

勝手に戒禁を自身に取り込むなというメリオダスの言いつけを守っているようですが、狙いは何なのでしょうか。

メリオダスが半分以上の戒禁を肉体に取り込んでいる最中で、それよりも劣る数の戒禁を必死になって集めてどうするのでしょうか。

 

素直にメリオダスに渡すのか、戒禁の中に何かを仕込んでメリオダスに取り込ませる作戦でもあるのか、戒禁をどこかに隠して交渉の材料にするのか……。

 

ゼルドリス以外の魔神たちはみなどこか読めないところがありますが、中でも常に軽薄なうすら笑いを浮かべているエスタロッサは特別読めません。

エリザベスたちリオネル陣営の他に、メリオダスの魔神王化を阻止する対抗馬となるのでしょうか

 

七つの大罪259話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪259話のネタバレを紹介しました。

ついにリオネル軍と魔神軍との聖戦の火蓋が切って落とされ、早速激しい戦闘シーンがいくつも描かれました。

臆してこそいないものの、苦戦を覚悟していた聖騎士たちの予想を上回る優勢状態に持ち込んだリオネル軍ですが、いつまた傾くかも分からない不安定な戦場であることもまた確か。

 

さらにはエスタロッサの目論見、そしてエスタロッサが狙う十戒・デリエリとモンスピートの2人が持つ戒禁のことなど、新たな戦場の発生も予感させる展開となりました。

聖騎士たちの掃討部隊に、少数精鋭の強襲部隊、そして十戒同士の戦いにと、どこを向いても目を見張るような戦いが描かれる熱い聖戦編。

1週たりとも、そして1コマたりとも見逃すのは厳禁です。是非マガジンも手に取って読んでみましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)