【七つの大罪】261話ネタバレで圧勝のリオネル軍と惨敗のデリエリ!

スポンサーリンク

七つの大罪261話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

人間の集落で静かに暮らしていたデリエリとモンスピートの元に、同じ十戒の一人であるエスタロッサが2人の戒禁を求めて襲来。

十戒同士の不毛な争いは、モンスピートの「手品師の悪戯」によりエスタロッサから勝利を収めたかに思えましたが、一瞬の隙を突かれて心臓をえぐり取られてしまいます。

聖戦の第1陣と十戒同士の戦い両方に決着がつき、一瞬の静寂がおりる幕間回にも注目です。

「七つの大罪261話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

七つの大罪261話ネタバレの要点まとめ

 

モンスピートに最後の言葉はなく…

最後の心臓を潰され、死を待つのみとなってしまったモンスピートは、「伝えたい想いがある」という言葉とは裏腹に、何も伝えずにデリエリをその場から吹き飛ばして離脱させます。

 

最後の言葉を聞くため、そしてエスタロッサに一矢報いるため、すぐさまモンスピートの元へ戻ろうとするデリエリ。

 

魔界随一で言われる獄炎使いであるモンスピートの命を賭した獄炎が放出され、今度は村からも弾き出されてしまいます。


(鈴木央「七つの大罪」261話より引用)

 

聖戦も第一陣が終結

十戒同士の戦いが幕を下ろしてた頃、激しく繰り広げられた聖戦の第1陣が終結していました。

 

致命傷を負っていたはずのデスピアス、さらにはその他の聖騎士や7つの大罪などの軽傷も治っていることに気づきます。

 

リュドシエルにおかげだと沸く聖騎士たちですが、実はエリザベスのおかげだったと判明します。


(鈴木央「七つの大罪」261話より引用)

 

失意のデリエリが戦場に乱入

第1陣の勝利に安堵し、次の行動に移ろうとするリオネル軍。

 

そこへ突如として飛来した巨大な魔力。

落下した位置を中心にして、すぐさま第2陣開戦の態勢に入った聖騎士団。


(鈴木央「七つの大罪」261話より引用)

 

しかし、土埃の中から現れたのは、モンスピートが発した最後の獄炎の爆風によって集落から吹き飛ばされたデリエリでした。

戦意も生気も失った様子のデリエリを心配するエリザベスが近づいていきます。

スポンサーリンク

 

七つの大罪261話 ネタバレの考察

七つの大罪261話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

最後の言葉はすでに伝えてある?

前回のラストで、沈黙の戒禁から解放されることでモンスピートは「長年隠し続けてきた自身の想いをようやくデリエリに伝えることができる」と語っていましたが…、

結局、最後の言葉は語られませんでした。

 

それどころか、モンスピートの最後の瞬間も、エスタロッサの損害状態も、次週以降に持ち越しとなりました。

 

しかし、すでに最後の言葉自体はデリエリに伝えてあるのではないでしょうか。

 

他誌の作品ですが、ナルトの忍界大戦編でチャクラの受け渡しと同時にメッセージを送る技が何度も出てきたように、モンスピートはすでにメッセージを何らかの形でデリエリの中に潜り込ませているのだと考えられます。

 

七つの大罪に置き換えると、戒禁の「沈黙」を利用して、ある特定の条件を満たすまで最後の言葉をデリエリの中で沈黙させている、といった感じでしょうか。

エスタロッサに続けざまに倒されてしまうものと思われていたデリエリがリオネル軍に合流したので、今後しばらくは生き延びるでしょうから、ゆっくり待たせてもらうとしましょう。

 

ただ、それは魔神族を憎むリュドシエルの行動次第ですが……。

 

再び分からなくなったエスタロッサの動向

デリエリに悲痛な別れを強いた張本人であるエスタロッサですが、これでまた次の動きが分からなくなりました。

 

前回の考察で予想した、メリオダスを止めるという共通の目的によってエスタロッサがリオネル軍に参加する可能性はかなり薄くなってしまい、あとはメリオダスをだまし討ちする線ですが……。

 

モンスピートの最後の獄炎で致命傷になっているとは思えませんし、すぐにまた次の行動に移るのではないかと思います。

 

次の動きは想像できませんが、とりあえずエスタロッサの次の戦いの相手はサリエルとタルミエルになりそうですね。

デリエリではどうあがいてもエスタロッサに勝てないことをはっきり認識させられましたし、サリエルとタルミエルはエスタロッサを倒したがっていますし、リオネル軍は優勢すぎますし…。

魔神側としても読者としても、もう少し戦力を割いてもらわなければいけません。

 

デリエリからエスタロッサの場所を聞いた大天使2人、高位魔神と戦う組、そしてキャメロットに突撃する組にと分かれそうです。

というより、分かれてほしいです。

リオネル軍がひとまとまりになっている今の状況ではエスタロッサの動きが限定されてしまいますから、リオネル軍の動きから推測していくように…。

 

エリザベスの努力はフラグ?

全員なのかは不明ですが、とりあえずはエリザベスの治癒能力によって、主要キャラの中に戦闘不能に陥った者はいなかったうえ、戦闘力を削がれた様子すらありません。

ただ、この治癒力の散布は、この先に控える高位魔神たちとの戦闘の悲惨さをより際立たせるためのフラグとなるような気がしてならないのですが…

 

「駄目…治癒が間に合わない」といった形か、あるいは治癒力を誰に優先させるかの非情な決断を迫られるという流れでしょうか。

ディアンヌやキングなどの七つの大罪は例え致命傷を負ったとしても聖騎士たちの治癒を優先させるでしょうから、その辺りでの葛藤は描かれそうですね。

 

七つの大罪261話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪261話のネタバレを紹介しました。

デリエリをかばってエスタロッサに心臓を貫かれたモンスピートは、秘めてきた想いを言葉にする前に、最後の力を振り絞ってデリエリをエスタロッサの元から離脱させます。

そしてデリエリが飛ばされた先には偶然にも聖戦の第1陣を終えていたリオネル軍が…。

エリザベスとリュドシエルの力によって被害を最小限に抑えることができたリオネル混成軍に、デリエリがどのような影響を及ぼすのか。

圧勝だったリオネル軍と、何も守れなかったデリエリ。

真逆の結果で終わった2つの戦場が1つに交わり、この先いったい展開となっていくのか注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)