【七つの大罪】267話ネタバレで実は兄想いだったエスタロッサ、さらなる精神崩壊をきたす!

スポンサーリンク

七つの大罪267話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

サリエルとタルミエルが元の体に戻っていた頃、精神崩壊を起こしたエスタロッサに攫われたエリザベスは首を絞められていました。

そんなエリザベスを救出すべく器を抜け出したサリエルとタルミエル、そして一人でも救出に向かうつもりだったキングに、ある人物が同行を提案します。

「七つの大罪267話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

七つの大罪267話ネタバレの要点まとめ

「七つの大罪267話のネタバレ要点をまとめてみました。

 

思い出の地に立つ

狂ったエスタロッサに首を絞められていたエリザベスでしたが、魔力の光弾を打ち付けて抜け出すことに成功します。

そしてエスタロッサに連れられたその場所が、3千年前にメリオダスと会っていた天空演舞場であることに気づき、涙を流すエリザベス。

 

その様子を見たエスタロッサも、2人が会っていたのを見ていたことを思い出したことを吐露します。


(鈴木央「七つの大罪」267話より引用)

 

エリザベス救出にデリエリも同行

一方、ハウザーらリオネス軍はそのまま進軍を続け、元の女神族の体に戻ったサリエルとタルミエル、そして彼らと同じく飛行能力のあるキングはエリザベスの救出に向かいます。

ディアンヌとも再会を誓い、リオネス軍と別れる直前、突如デリエリが「エリザベスの救出に同行する」と言います。

 

サリエルによって提案はつっぱねられますが、「エリザベスが信じたデリエリを信じる」と語るキングによって同行することになります。


(鈴木央「七つの大罪」267話より引用)

 

窮地のエリザベス、取り込み中のメリオダス

兄メリオダスがいたことでエリザベスへの想いが叶わなかったこと、それでも兄を尊敬していたことを語るエスタロッサでしたが、かつてメリオダスが発した「エリザベスとの仲を取り持つ」という言葉を巡るエリザベスとのやりとりが引き金となり、さらに精神崩壊が進んでしまいます。

悲痛な雄叫びと共に、エスタロッサの内側から魔力があふれ出し、エリザベスに襲い掛かります。

 

その頃、ゼルドリスに見守られながら着々と戒禁を取り込んでいたメリオダス。


(鈴木央「七つの大罪」267話より引用)

エリザベスのメリオダスに会いたいという気持ちに応えることはなく、静かに戒禁を取り込み続けます。

 

 

スポンサーリンク

七つの大罪267話 ネタバレの考察

七つの大罪267話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

窮地から抜け出せないエリザベス

首を絞められても自分の力で抜け出し、このままエリザベスとエスタロッサの2人だけで解決してしまいそうな流れになった直後、エスタロッサの暴走で再び窮地に陥るエリザベス。

一難去ってまた一難。

逃れられないピンチの渦の中心にいるエリザベスですが、今度はどんな緊急対応を見せるのでしょうか。

 

助けに来ると予想したメリオダスは文字通りお取り込み中で、ゼルドリスは何故かメリオダスのそばでじっと見守っている状態。

キング、サリエル、タルミエル、デリエリの強力な救出部隊も出発したばかり。

エスタロッサがリオネス軍の元を離れてから、それほど時間が経っていないとはいえ、エスタロッサとの移動能力の差や、天空演舞場を見つけ出すまでに時間がかかるはずですから、おそらく間に合わないでしょう。

この状況でありえそうなことといえば、エリザベスの想いに応えたメリオダスがエスタロッサに会話を試みるという流れでしょうか。

戒禁を取り込んだ影響で遠く離れた場所にいる相手と、思念によるやり取りができるようになってしまうほどの魔力を宿し、エリザベスの想いを受け取り、エスタロッサを停止させる、という流れかと思います。

連続で公開された268話内でメリオダスも出てきていたことですし……。

それか、また今回の冒頭のようにエリザベス自身で解決してしまうのでしょうか。

 

そして誰もいなくなりつつあるリオネス地上部隊

戒禁を取り込んだエスタロッサに対抗するため、元の体に戻ったサリエルとタルミエルに加え、キングも救出に出向き、さらにはエスタロッサとの相性が最悪ながらもエリザベスのために同行を志願した十戒のデリエリ。

計4人の大きな戦力がリオネス地上部隊の元を離れ、これで単体で魔神と対抗できる戦力がディアンヌとゴウセルの2人だけになってしまいました。

ギーラも手負いのままで、これでは低級魔神たちの群れがまた現れただけでも全滅してしまうでしょう。

ということは、これでしばらく地上部隊は物語上お休みとなるのでしょうか。

 

ずっとサリエルの器となっていた女性が目を覚ませば、サリエルの魔力の残滓によって戦闘に参加するという流れもありそうですが、それは少なくともサリエルが退場してからの話になりそうですし……。

次はそろそろ空から進んでいる精鋭部隊の動向も気になるところですから、戦力低下にともなく出番お預けは打倒かもしれません。

 

エスタロッサ、実は兄想いの良いやつだった

今回、このまま死ぬ瞬間まで悪役として突っ走るだろうと思われていたエスタロッサが、実は兄想いの良いやつだったことが分かるシーンが描かれました。

才能に恵まれなかった分、十戒の中でも飛びぬけて人間味のある性格を育んでいたということでしょうか。…魔神ですが。

謎の多い人物ではありましたが、ここまで複雑な境遇を持ったキャラクターだとは思っていませんでした。反省です。

持ち前のイケメンっぷりに、尊敬する兄と想い人との関係で揺れ動く男という明確な影が加わったのは、世のエスタロッサファンにはたまらないのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

七つの大罪267話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪267話のネタバレを紹介しました。

自身の力で窮地を抜け出したエリザベスは、思い出の地に立ったことに感慨深くなります。その様子を見ていたエスタロッサもかつての記憶を思い返しながら、メリオダスとエリザベスへの想いを語り出します。

一方、サリエルとタルミエルの2人にキングとデリエリを加えたエリザベス救出隊も出発します。

当のエリザベスはエスタロッサとの対話によって事態の収拾を図ろうとしますが、戒禁のパワーによって再び暴走し始めたエスタロッサによって黒い魔力の中に取り込まれてしまいます。

秘密の場所を知るもう一人の人物であるメリオダスは未だ戒禁を取り込んでいる最中。

今度の窮地は一体どう切り抜けるのでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です