284-285【七つの大罪】ネタバレ考察「最新話」煉獄内での出来事の画バレ解説

スポンサーリンク

『七つの大罪』284話のネタバレ考察&最新話285話の展開予想です。

以下ネタバレ&画バレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

『七つの大罪』284話ネタバレ考察

まずは、七つの大罪284話のネタバレ考察をしていきましょう。

なお、七つの大罪284話のネタバレはこちらでご覧いただけます。

>> 【七つの大罪】284話ネタバレ!ワイルドの犠牲によって煉獄から脱出!

 

ちょっと物足りなかったVS魔神王

魔神王の魔力の仕組みを暴き、やっと攻略の糸口を掴んだところで、さあ本格的に魔神王との戦闘に臨むのかと思いきや、メリオダスの号令によって動き出した一向は、弱っている魔神王をスルーして現世への扉を探すという暴挙(?)に出ました。

前回のラストでも「油断するな」「ここからだ」と言っていたのに、隙をついて現世へ戻る扉を探し、見つけてからは扉を通るために魔神王との戦闘を如何に避けるかということに終始し、3人で挑んで魔神王から大きな隙を作るという作戦はついぞ取られませんでした。

そんな戦闘を見て、肩透かしを食らった読者は多いのではないでしょうか。

もちろん決着がつくなんてサラサラ思っていませんでしたが、不意打ちの贈与だけではなく、地力で膝をつかせるぐらいはやるものと思っていましたから、今回も防戦一方だったのは少し物足りなく思いました。

俺が食い止めると見えを切ってからのメリオダスと魔神王の戦闘は多少見ごたえがありましたが、それについても何で最初からそういうスタイルで現世への扉を探さなかったのか不思議に感じてしまい、どうにも面白く感じることができませんでした。

魔神王の本気、あるいはその片鱗ぐらいは引き出せるものかと期待していましたから、今回の戦闘に関しては久しぶりに残念だなと感じました。

 

現世へ戻る扉も意外に普通

魔神王が現世へ戻るための扉がどこにあるか知っているはず、という流れだったはずですが、普通に魔神王の近くにありましたね。

それも、なんだか拍子抜けするくらいあっさりとしたデザインで、それも扉というより完全にただの穴でした。

なんというか、ノスタルジーを刺激するようなシンプルな感じではあるのですが、今回の戦闘の物足りなさをより引き立てる原因にもなったようにも思えてなりません。


(鈴木央「七つの大罪」284話より引用)

 

凄いですよね、このシンプルさ。

なにより不思議だったのは、開けっぴろげになっていることです。

確かに魔神王が現世への扉を管理していたらそれもそれでおかしいですから、普通に空いているのが自然な状況ではあるのですが、何かしらの封印みたいなものが施してあって、それを解くために魔神王とくんずほぐれつの戦闘や交渉やらをする展開があってほしかったなと思ってしまいました。

自分がいれば誰も通れないという絶対的な自信があったのかもしれませんが、ちょっと迂闊かなと。

何度も通る場所ではありませんし、デザインに凝っても仕方がない部分なので、ただの揚げ足取りではあるのですが、やはり戦闘同様気になってしまいました。

 

ワイルドの犠牲

そして、煉獄編で唯一の癒やしキャラだったワイルドが、現世へ戻る扉を通ることなく、煉獄の荒れ地に散ってしまいました。

絶対に現世へと戻って、弟ホークとの涙の対面が叶うものと思っていましたから、少なからず驚かされました。

ワイルドの散り際に関して、生命力を爆発させる技ならバンの贈与で無限に生命力を与えれば……なんて野暮なことも一瞬考えましたがきっと発動したら最後、命が尽きるまで解除できない技だったのかなと思い直しました。

10話にも満たない登場回数でしたが、読者の間に強烈な印象を残したワイルドの退場に、心を痛めた読者も多かったかと思います。

 

七つの大罪285話 展開予想

次回の七つの大罪285はどのような展開になるのでしょうか。

今回の内容のラストや今までの伏線から来週の285話の展開を予想していきます。

 

現世へ戻るタイミング

ついに現世への扉を通り、煉獄からの脱出に成功したメリオダスの感情とバンですが、一体どのタイミングで現れるのかということです。

マエルが正気を取り戻した後に出てくるのは確定だとして、いつ、誰の前に現れるのでしょうか。

ホークの目を通してゴウセルがエスタロッサを追うところを魔神王が見てから60年経っているようですから、1分が1年という煉獄と現世の時間の違いから、1時間後に現世に現れるものと思われます。

ゴウセルが演舞場に向かうところからマエルが正気を取り戻すまではおそらく10~20分程度しか経っていないでしょうから、あと40~50分ほど経ったら現世に降り立つはずです。

おそらくは次に起こる戦闘は飛び越して、聖戦の勝敗を大きく左右するような局面で登場するのではないかと思われますが、果たして?

 

それと、場所についてはどこに出現するのでしょうか。

ホークの目から出てくるのでしょうか。それとも固定された場所があるのか、あるいはマーリンがすでに用意してあるのか……。

楽しみでしかないですね。

 

ワイルドはきっと生きて……

ワイルドの犠牲によってバンとメリオダスは現世へ通じる穴へ入ったわけですが、まだ希望を捨ててはいけません。

死んだと思ったキャラがもう一度出てくるのは七つの大罪の十八番ですし、命を犠牲にする技で命が繋がるのはあらゆる漫画の定石ですから、きっとワイルドだって瀕死の状態で生きているかもしれません。

それに、魔神王にはちょっと甘いところがあるようですから、きっとトドメは刺していないのではないでしょうか。

不死身のバンはともかく、ワイルドとの幾千の戦いで圧倒的な力の差があるにも関わらず、鬱陶しい存在のワイルドを始末できなかったのは、きっと殺す気がないからではないでしょうか。

今回の現世への扉の防衛戦にしたって、本気で通すつもりがないのなら、とっととやっていたはずです。

そうした点からも、ワイルドの再登場の可能性は完全に無いとは言い切れないはずで、期待する価値は十分あるように思います。

 

魔神王の再登場

大いに考察のし甲斐がある魔神王との戦闘が終わってしまいましたが、魔神王についてはまだまだ不完全燃焼な感がありますから、ワイルドの再登場よりも高い確率で再登場するはずです。

とりあえず聖戦編の終盤までは絶対に出ないでしょうけど、煉獄から出てくるのか、メリオダス辺りがもう一度煉獄に入るのか、どちらかの形で魔神王に会うことになるはずで、その時こそ魔神王とのガチ戦闘が見たいなと思いますよね。

>> 七つの大罪285話のネタバレはこちらから

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)