【七つの大罪】293話ネタバレ!瀕死のエレインの元へ、煉獄帰りの男が駆けつける!

スポンサーリンク

2018年12月12日発売の「週刊少年マガジン」の鈴木央『七つの大罪』293話のネタバレになります。

「七つの大罪293のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

以下ネタバレありの考察と感想なので、未読の方はご注意ください。

スポンサーリンク

 

 

七つの大罪293話ネタバレの要点まとめ

前回の七つの大罪のあらすじ

『無限』の力によって闘級17万越えの2人の老魔神さえも圧倒していたマーリン。そのマーリンの精神世界で地獄の責め苦を受けていたキューザックは、禁呪解除の影響でマーリンが頭痛に苛まれたおかげでなんとか抜け出すことに成功します。

現実世界に戻ると、第1幕の終結と禁呪解除による混乱の隙に再び神器を手にしたエスカノールが戦列に復帰していましたが、リュドシエルは禁呪が解かれた影響が大きく身動きが取れずにいました。

一方、魔神サイドも混乱の隙に乗じて全員が回復し終え、第2幕に入る準備を整えてしまっていました。

禁呪が解けた影響により未だ動揺の残るリオネスサイドに対し、エスタロッサという存在の謎が解けてむしろ晴れ晴れとした気持ちの魔神サイド。

苦しむリュドシエルを見てほくそ笑むゼルドリスは意気揚々と再戦に臨もうとしますが、キューザックから任せてほしいと進言されます。

いずれ現れるであろう残りの七つの大罪との戦闘のため、自分たちがマーリンとエスカノールという戦力を全力で潰すと語る老魔神たちは、真の姿を見せます。

かつて魔神王より生み出されながら反旗を翻し2人に分離させられていた原初の魔神を前にし、息をのむマーリン。

時を同じくして、ついにバンが煉獄から現世へと帰ってきました。

>>七つの大罪292話ネタバレはこちらから

「七つの大罪293話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

バン、再び離脱

メリオダスの感情を救い出すために煉獄内へ命懸けの救出に行っていたバンの帰還に、喜びを露にするエリザベス。メリオダスの感情を救い出してくれたのか心配するエリザベスに対し、それまでの厳しい表情から変わって、穏やかな笑みで答えます。

安堵するエリザベスをよそに、再び厳しい表情になったバンは、周囲を見渡した後、七つの大罪メンバーとは別行動を取ることを伝えます。

一同をメリオダスの元へ急がせ、自分はもう一つの目的を果たすために動くとだけ言い残し、エリザベスたちと分かれます。

そう、メリオダスの感情を救い出し、現世に戻ってきたバンの目的といえば……。

 

その頃リオネス部隊は……

一方、キャメロットへ急ぐリオネス地上部隊は、巨人族と妖精族とも合流し、下級魔神の軍勢の第2波との激しい戦闘に臨んでいました。

第1波を有利に進めてくれたサリエルとタルミエル、同じく聖騎士たちとは比べ物にならない圧倒的な魔力で勝利に導いたキング・ゴウセル・ディアンヌ七つの大罪の3人、さらには治療に徹してくれたエリザベスという主力が、マエル(エスタロッサ)の暴走を静めるために部隊を離れてしまったために、決定力を欠いたリオネス部隊。

マトローラなど各種族の手練れたちが集結したとはいえ、主力のいないリオネス軍は下級魔神たちの群れにひたすら消耗戦を強いられていました。

 

下級魔神を同時に葬る戦果を挙げるも……


(鈴木央「七つの大罪」293話より引用)

 

その激戦の渦中に、バンの目的の人であるエレインも、妖精族の一員として命懸けの戦いに身を投じていました。

禁呪によって仮初めの生を受けている身であることを承知していながら、命懸けで親友を救いに煉獄へ行ったバンに報いるため、心配するゲラードの制止を振り切って魔力を惜しげもなく使い、魔神たちに抵抗していました。

しかし、エレインの命をかけた攻撃も、魔神たちの勢いを押し返すほどにはいたらず、戦局は苦しいまま。

そんな中、仮初めの命に限界が訪れ、妖精の力の証である羽は無残に剥がれ落ち、意識を失ったエレインも地上へと落ちていきます。

薄れゆく意識の中で、バンを想うエレイン。そこへ群がる魔神たち。絶体絶命の状況で、あの男が駆けつけます。

 

再会、そして不死身の贈与

エレインに群がる下級魔神たちを一瞬で葬り去り、深手を負ったエレインを優しく受け止めるバン。

バンが帰還したことに驚愕と歓喜に揺れるリオネス混成部隊。抱きしめられたエレインは1人、安堵した様子でバンの帰還を祝福します。

しかし、無情にもエレインの命は限界を迎え、バンの腕の中で一度消えかけます。

周囲が悲しみに暮れる中、バンは煉獄で習得した『贈与』を使い、自らに宿っている不死身の源である妖精の泉の力を全てエレインに贈ります。

 

バンの手から激しい光が放たれると……


(鈴木央「七つの大罪」293話より引用)

 

妖精の泉の力が永遠の生命を受け取ったエレインはみるみる生気を取り戻しますが、恋人バンが不死身を失ってしまったことを心配します。

当のバンは、これまでの強敵たちとの戦いや、煉獄で親友を救出するという無謀な挑戦など、あらゆる困難を可能にしてきた不死身には何の未練もなく、『あの時』望んでいた通りに泉の力が恋人エレインのものとなったことに満足げな様子。

さらには他では見せない穏やかな表情と、仲間に向けた軽口や敵に吐く暴言とは天地の差がある甘~いセリフと共に、熱い口づけをします。

魔神が泉を襲う悲劇の別れからはじまり、数々の苦難を乗り越え、ようやく互いにしっかりと生を受けた状態で抱き合う2人を描き今回は幕切れとなります。

この先にまだまだ困難が待ち受けているため、バンが不死身を失ったことで新たな悲劇の予感がしないでもないですが、物語が終わった時にきっとまた同じ構図が見られると思わせるような、悪い予感さえも吹き飛ばす2人の熱い抱擁でした。

>>七つの大罪293話ネタバレ考察&最新話294話展開予想はこちらから

スポンサーリンク

 

七つの大罪293話 ネタバレのまとめ

今回は七つの大罪293話のネタバレを紹介しました。

煉獄から帰還したバンは、メリオダスの元には向かわず、恋人エレインの危機を救いに駆けつけます。

バンデッドと呼ばれたバンが現世に帰って来てまず行ったことが、自らの不死を与えたこと。そして最初に奪ったものが恋人の唇と、なにからなにまでカッコいい現世での最初の活躍に痺れます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)