【僕のヒーローアカデミア】163話ネタバレで仮免講習組が動き出す!イナサやケミィも登場

スポンサーリンク

 

僕のヒーローアカデミア163話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「僕のヒーローアカデミア163話のポイント」をサクッと知りたいという方はこちらからどうぞ!

 

僕のヒーローアカデミア163話ネタバレの要点まとめ

「僕のヒーローアカデミア163話のポイントを押さえて内容を知りたい」という方はこちらからどうぞ!

インターンを終えて寮に帰還!

インターンを終えた出久、切島、お茶子、梅雨が寮に戻ったのは夜になったにも関わらず、ラウンジには激闘を終え帰ってきた出久たちを心配するA組全員がいました。

 

あまりに心配だったのか次々と声をかける皆に対し、飯田がストップをかけます。

「級友であるなら彼らの心を労り静かに休ませてあげるべきだ」

「身体だけでなく…心も磨り減ってしまっただろうから…」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

 

インターン中に様子がおかしかった出久を思い出してそのように気遣う飯田に対し、出久は……、

「ありがとう でも…大丈夫」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

サーナイトアイの最期の言葉やミリオの言葉を思い出し、弱音を見せることはありませんでした。

また、賑やかなラウンジの中で、お茶子の表情は固いものでした。

お茶子は治崎との戦いの際、致命傷を負ったナイトアイを抱えていました。

ナイトアイの死亡に対し、あのときもっとやれることがあったのではないかとお茶子は悔やんでいたのです。

「すぐに前を向けとは言わないが…これを受けて自分がどうしたいのか考えてみてくれ」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

 

そんな相澤の言葉に、お茶子は自分なりに答えを出したようです。

 

「私 救けたい」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

 

切島も、今回のインターンについては後悔が残るようです。

芦戸「切島−−−大丈夫?」

切島「………まだまだだわ」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

 

一方、爆豪はラウンジにはいたものの、インターン組に一言も声をかけることなく部屋に戻って行きます。

轟も出久たちを気にかけつつ、早めに部屋へと戻りました。

 

仮免講習に向かう轟と爆豪

そして翌日、彼らは仮免講習へと向かいます。

仮免講習の付き添いは相澤の担当だったのですが、今回は壊理の個性制御のために学校を開けることが多くなる相澤の代理としてオールマイト、警護役としてプレゼントマイクが同行します。

連合の動きも鑑みての措置だそうで、オールマイトの脳裏にはグラントリノからの連絡が過ぎります。

その内容は黒霧は逮捕したものの、新たな脅威・ギガントマキアを取り逃がしてしまったというものでした。

ギガントマキアについては現在も捜索が続いているようです。

一方、轟はオールマイトを見て、険しい表情をします。

 

というのも、轟はオールマイトに因縁を持つ父・エンデヴァーが仮免講習を見に来るという連絡を受けていたのです。

轟の懸念通り、仮免講習会場にて、エンデヴァーとオールマイトは再会を果たします。

「ちょうどいい…貴様とは…腰を据えて話したいと思っていた」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

その頃爆豪と轟は、傑物高校のイナサ、ケミィ、肉倉と出くわしていました。

 

肉倉は一次試験落ちなので見学のみですが、とうとう雄英と傑物の優秀なヒーロー候補の仮免講習が始まります。

スポンサーリンク

 

僕のヒーローアカデミア163話ネタバレの考察

僕のヒーローアカデミア163話のネタバレを読んだ上での考察をまとめておきます。

ギガントマキアの動向

グラントリノと警察組織でも捕らえることのできなかったギガントマキア。

「正直…黒霧逮捕とアレの取り逃がしを天秤にかけて…どちらが傾くのか計りかねる… あれは歩く災害だ」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

山が抉れていることやグラントリノの台詞からも、ギガントマキアの強さが相当なものであることが窺えます。

あの巨体で見つからないということはないでしょうから、Mt.レディにように巨大化系の個性だと推測されます。

グラントリノに「歩く災害」とまで言わしめたギガントマキアが死柄木率いる連合に合流してしまえば恐ろしいことになるでしょう。

仮免講習の話とギガントマキア登場が同時並行で行われていることから、もしかするとギガントマキアが仮免講習会場を強襲するという展開もあるかもしれません。

 

黒霧逮捕はステイン脱獄のため?

ギガントマキアと比べてあっさりと逮捕されてしまった黒霧ですが、もしもタルタロスに収監された場合、ヒーロー殺し・ステインやオールフォーワンと同じ刑務所ということになります。

すると、黒霧はステインやオールフォーワンを脱獄させるためにわざと捕まったという見方もできます。

オールフォーワンの方は既に死柄木の手綱を手放しているため分かりませんが、ステインは未だ「偽物のヒーローを屠り正しき世にする」という目的を達成していないため、脱獄に乗る可能性は十分にあり得ます。

作中屈指の強敵だったステインの脱獄がもし現実のものとなれば、ヒーロー側にとっては相当な痛手となります。

 

163話で登場したケミィの正体はトガ?

仮免試験で登場したケミィは変装したトガでした。

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

すると、163話で登場したケミィは、果たして本物なのでしょうか?

本物のケミィである場合、ケミィは完全に敵連合の一味、もっというなら傑物に入り込んだ「内通者」ということになりますね。

トガが成りすましていたときとは口調や性格がかなり異なるので、本物なのかもしれませんが…。

「オイハゲ この女 この前まで居なかっただろ」

堀越耕平:「僕のヒーローアカデミア」163話より引用

この前までの仮免講習には居なかったというケミィ。

このケミィがトガだと考えると、トガは連合がオーバーホールと手を組んだ後八斎會に出向し自由に動くことができなかったので、辻褄が合います。

やはりトガである可能性が濃厚でしょうか。

そうすると、トガ、ひいては敵連合の目的は一体何なのでしょうか。

潜入できているのはトガひとりであることから、大規模な事件を起こすとは思えません。

トガの個性は「変身」で、血を摂取した人間に変身することができます。

トガがヒーロー側の人間の血を摂取すれば、潜入したり他のヒーロー達を欺いたりすることも可能なのです。

そう考えると、ヒーロー側に属する人間の血はあればあるだけ敵側にとっては好都合です。

仮免講習では出久の血を手に入れていたので、もしかすると轟、爆豪、イナサといった面々の血を手に入れることが目的なのかもしれません。

 

僕のヒーローアカデミア163話ネタバレのまとめ

今回は、インターン組の帰還と轟、爆豪、イナサ、ケミィといった仮免講習組が動き出しました。

様々なものを得たり失ったりして帰ってきたインターン組と、一歩出遅れてしまっている轟、爆豪との対比が印象的でしたね。

来週から本格的な講習となりそうなので、見逃せません!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)