【刃牙道】185話ネタバレで武蔵がゴキブリダッシュを見切る!

スポンサーリンク

 

刃牙道185話のネタバレをまとめてみました。

刃牙道185話の内容をサクッと知りたい方はこちらをご覧ください!

刃牙道185話のネタバレの要点をまとめる

最新格闘技、さらにはゴキブリダッシュすらも見切った武蔵により、さらなる上の脳の読み合いの戦いになります。

武蔵、ゴキブリダッシュを見切る

刃牙はゴキブリダッシュで一気に武蔵に間合いを詰め、ハイキックを繰り出します。

しかしそれをしゃがんでかわす武蔵。

それと同時に、刃牙の脹脛を蹴り、刃牙のバランスを失わせます。

刃牙が着地すると同時に武蔵は間合いを取り、「見切った」といいました。

 

刃牙は驚き絶句します。

武蔵はダメージを食らった金的をもみほぐしながら、戦闘態勢へと入って行きます。

武蔵

「金的(つりがね)がな・・・」

「だいぶ降りてきた」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

武蔵はずっと金的を揉んでおり、かなりのダメージがあったようです。

前回は同時に3発の打撃を決めました。

ゴキブリダッシュはスピードが速い分攻撃のスキも一瞬しかありません。

その一瞬の間に的確に弱点を攻撃できるのは刃牙くらいしかいないかもしれません。

さまざまな強敵と戦ってきた武蔵ですが、ここまでダメージを引きずることはほとんどなかったでしょう。

しかし、その金的のダメージも回復しつつあり、武蔵の反撃が始まろうとしています。

 

ゴキブリダッシュを語る柴千春

かつて刃牙と戦ったことがある柴千春。

彼は当時刃牙との戦いで、ゴキブリダッシュを体験しました。

その時を回想します。

柴千春

「「あれ」だ・・・ッッ」

「あんときの「あれ」」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

常に弱点をさらけ出す戦い方をしている柴千春。

その千春にとって、目つぶしというのは禁句の技でした。

それは、相手の弱点を攻撃するというものであり、彼の戦闘スタイルや美学に反するものだからです。

しかし、刃牙との戦いでは、刃牙は千春に目つぶしをさせ、そしてその指を眼球で砕くと宣言しました。

眼球を武器にして指を砕くというのは普通ありえません。

しかし、刃牙は「ある技」でそれをやって見せます。

柴千春

「「眼球」でもって指をくじくってアンタ・・・」

「でもよ・・・」

「やっちまうんだ あの人は・・・」

「究極の脱力?なんたら?ってやつでよォ」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

千春は刃牙との戦いで「目つぶし」という禁句の技を使おうとしたのは、あくまでハッタリでした。

本当は、指が目にあたる直前で手を握る予定でだったのです。

しかし、そのスキすら与えず、刃牙はダッシュして「目つぶし」をさせてしまいます。

柴千春

「5~6メートルの間合いを」

「瞬間・・・?移動・・・?なんたらで俺の指をくじきやがった」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

本来なら、ダッシュして向かっていった刃牙のほうが目を怪我するでしょう。

しかし、ゴキブリダッシュという超高速の移動方法により、刃牙はぶつけた目よりも千春の指のほうを骨折させました。

その「目つぶし」の指をひっこめることすらできなかったゴキブリダッシュ。

ゴキブリダッシュというのは、それほど驚異的な技であり、「それほど強いもの」であると千春は言いました。

 

それを武蔵は、あっさりとかわし、それどころか刃牙の脹脛に反撃の蹴りを入れています。

ここで、武蔵がそれだけ強い人物であると、表現されているようです。

武蔵はゴキブリダッシュについてこう語りました。

 

ゴキブリダッシュを語る武蔵

武蔵

「驚かされた」

「加速がない」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

武蔵は、侍の立ち会いを回想します。

相手に切り込む際、人間はどうしても加速が必要です。

体が静止している状態から、踏み込み、相手の間合いに行くまで、段々と早くなっていく必要があります。

しかし、刃牙の動きには加速がありませんでした。

最初の踏み込みの時点で、すでに最高速のスピードを出しています。

踏み込む際、よほど足に力を入れ地面を蹴らないと、これほどのことはできないと、武蔵は称賛します。

そして、刃牙の師匠は誰なのか、と疑問を持ちました。

ゴキブリダッシュはゴキブリから学んだ技なので、この場合、師匠はゴキブリということになるでしょう。

この意外な師匠から学んだ技は、戦闘の経験を積んでいる武蔵でもわからなかったようです。

スポンサーリンク

 

「読み合い」の戦いへ

ゴキブリダッシュを称賛する武蔵ですが、刃牙はまだまだ緊張は解けていません。

刃牙

「よく言うわ」

「その「出端」 余裕で返り討ちにしておいてよォ」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

しかし、武蔵がゴキブリダッシュを見切ったのは、スピードではありませんでした。

彼は長い命がけの戦いを経験したことで、常人を超えた勘があり、相手の思考が気配として脳に届きます。

そのため、敵が動く一瞬前に、すでに気配を読み取り先手を取ることができるのです。

そうした、相手の脳を読み取ったその上で、武蔵は前回攻撃を食らっています。

客席の本部が話します。

本部以蔵

「ガイアよ・・・」

「お前さんにはあって 俺にないもの」

「それがあの 「初動」の察知能力だ」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

ガイアは、彼の師匠である本部にも、察知能力はあるはずだといい返しますが、本部は、自分にあるのは察知能力ではなく「読み」であるといいます。

経験値からくる単なる「読み」であって、武蔵のように脳に直接届くものではありません。

客席の数々の猛者たちが、ここからは脳の戦いであると同時に認識します。

そして武蔵もこういいます。

 

武蔵

「ここからは「読み合いだ」」

板垣 恵介:「刃牙道」185話より引用

 

この「読み合い」というのは、本部が持っているという経験からくる「読み」ではなく、脳に直接届く察知能力のことになります。

刃牙道185話のネタバレ考察

前回は武蔵の知らない最新の格闘技を使い、刃牙優勢の戦いを見せました。

しかし、今回はその「ゴキブリダッシュ」も武蔵の察知能力で見切られてしまいました。

この先、「読み合いの戦い」になるということになりますが、そうなれば、剣術家として多くの戦闘に立ち会い、勘が大きく発達しているという武蔵が有利になってきそうです。

 

刃牙道185話のネタバレまとめ

今回は刃牙道185話のネタバレ考察をご紹介しました。

「読み合いの戦い」で劣勢(?)に立たされた主人公の刃牙がどのように武蔵と戦っていくのか、次回以降の展開が気になりますね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)