【刃牙道】187話のネタバレ!まるで喧嘩!素手の武蔵は強かった!!

スポンサーリンク

刃牙道187話のネタバレ&考察です。

刃牙道187話の要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

戦国時代最強の剣豪武蔵に、最新の格闘技で牽制していた刃牙。

しかし武蔵は、戦闘経験からくる脳の読みで先手を取り、戦いは読み合いの次元へ移りました。

 

刃牙道187話のネタバレの要点

 

0間合いからの斬撃

読み合いのバトルの中、刃牙は一気に武蔵に間を詰めます。

剣ではなく、完全に素手の間合いまで近づき、刃牙のフックが当たるかと思いきや、武蔵がこの距離でイメージ刀を振り下ろしました。


板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

 

剣で斬るよりも、素手で殴った方が効率の良い距離です。

しかし、武蔵はこの近さにも関わらず一瞬で刀を振り斬撃を浴びせます。

 

客席にいる格闘技マニアや、郭海王や本部以蔵などの達人たちも含め、全ての観客が驚きます。

本部以蔵

「ほぼほぼ0間合いからの斬撃・・・・・・ッッ」

「それにしてもッッ」

「あの間合いで斬るかァ〜〜ッッ」

板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

武蔵は読み合いにも勝ち、その上高度な剣術を使い、素手の間合いで見事に剣撃を入れました。

 

やはりイメージの刀は効く!

とはいえ、使用したのは本物の刀ではなくイメージの刀です。

実際に斬られたわけではないので、肉体にダメージはありません。

しかし、刃牙は効いてしまっています。

客席の愚地独歩、渋川剛気も、イメージの刀で斬られた刃牙のダメージを理解しています。

体は傷ついていない、何の問題もないと思い込もうとしても、抗えない絶対の斬撃感。

自分が否定しようとしても、細胞が認めてしまっています。


板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

 

本来なら斬ったこの時点で決着でしょう。

しかし、武蔵は攻撃を続けます。

 

武蔵の新しい「引き出し」

剣の距離ではなく、素手の距離で武蔵は言います。

宮本武蔵

「「近間」は俺も好きだ」

板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

 

彼はまず刃牙の体を抑え、金的を蹴り上げます。

弱点への攻撃に、悲鳴をあげる刃牙。

以前刃牙が武蔵に行なった攻撃の仕返しです。

 

そして怯んだ刃牙へ、もう一度イメージの刀で斬り下ろしました。

刃牙は体が真っ二つになり、腕が千切れた光景を目にします。

このイメージは大変リアルであり、腕の断面や筋肉、骨が鮮明に見えています。

体を斬られた刃牙へ武蔵はすかさずタックル。

刃牙は客席前まで吹っ飛ばされました。


板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

 

まるで喧嘩のような攻撃です。

剣豪武蔵が、剣士らしくない戦い方を見せはじめ、戦いを見に来た戦士達は驚きます。

 

そして本部は、これは武蔵の新しい「引き出し」だと言いました。

戦の場では、剣術だけで済まない場合があります。

何人も斬って入れば刀は刃こぼで劣化をし、使用できなくなります。

そうなるとそこからは素手を使った戦闘です。

  • 平手を剣に見立て、鎧のガードがない敵の首へ「斬る!
  • 拳を使い、敵の顔面を「突く!
  • 人差し指と中指で、敵の目を「刺す!
  • 親指と人差し指で敵の首根っこを「締める!
  • 敵を捕まえ、顔面を地面に「投げる!

刀が使えなくとも、武蔵はあらゆる素手の武術を駆使し、生き残ってきました。

刃牙は武蔵の剣士としての間合いをかいくぐり、素手の間合いまで近づきましたが、それでも武蔵の方が優勢です。

武蔵は素手でも強力でした。


板垣恵介:「刃牙道」187話より引用

 

スポンサーリンク

 

刃牙道187話のネタバレの考察

 

素手の武蔵は「剣術」と「喧嘩」の両方使える?

武蔵は二天一流の二本の刀を使った戦闘を得意としていました。

烈海王や花山薫との戦いでは、刀を使って物理的に肉体を斬ることで勝利しています。

しかし、範馬勇次郎との戦いでは、刀を使っては倒せなかったため、無駄を省いて言った結果たどり着いたという究極の奥義「無刀」で善戦しました。

刃牙との戦いで「刀はわざわざ用意しなければならないのか、そんなに不便なものか」とも言い、イメージの刀で斬撃を浴びせています。

 

こうしたことから、まず刀がなくてもイメージの刀で剣術を行う「無刀」の技が素手の武蔵にあると言えるでしょう。

この「無刀」とはあくまで剣術の一貫であり、素手とはいえど殴ったり蹴ったりなどはできず、敵を斬ることしかできません。

そして今回、本部のいう新しい「引き出し」というものを見せました。

これは金的を蹴り上げたりタックルしたりするというもので、喧嘩のように自由に素手の攻撃を行うことができます。

 

「無刀」に至った武蔵が、ピクル戦では結局帯刀し、刀と素手どちらが強いのか複雑になりました。

しかし、素手の方がイメージの刀で剣術を使える上、殴る蹴るなどの喧嘩も行えるため、剣を持たない武蔵の方が強いと考えられるのではないでしょうか。

 

刃牙もイメージの攻撃を使う?

刃牙は武蔵と初対面の時から、エア斬撃をくらわされてしまっています。

今回も読み合いのバトルの結果エア斬撃をくらい、怯んだところで肉体のダメージを負わされました。

最新の格闘技も躱され、読み合いにも負けた刃牙は、武蔵に対抗する方法がなかなかありません。

しかし、刃牙はエア攻撃をまだ出していません。

以前、イメージでカマキリを作り上げ、訓練したことがありました。

また、範馬勇次郎との喧嘩では、満身創痍になり動けない状態でもイメージの体で勇次郎に打撃を浴びせています。

その後、エア夜食を作り二人で食べたなど、イメージの具現化能力を、実は刃牙はかなり持っています。

 

勇次郎との最終決戦では、最終的にお互いに静止し、しかし頭の中で味噌汁を食べあうという終わり方でした。

武蔵のエア斬撃に対し、エア夜食で対抗するというのは流石にないと思いますが(でも刃牙ならありえるかもしれません)、イメージバトルになるという可能性は考えられるのではないでしょうか。

 

刃牙道187話ネタバレのまとめ

最新の格闘技を使い一瞬優勢だった刃牙ですが、武蔵は戦国時代に培った読みの力で刃牙に先手を取りました。

自在に使うことのできるイメージの刀を使ったエア斬撃に刃牙は慣れることなくダメージを受けてしまいます。

その間に、武蔵は蹴り上げやタックルという剣士らしくない攻撃を刃牙に浴びせました。

この喧嘩のような技は、本部のいう武蔵の『新しい「引き出し」』です。

 

素手の武蔵は、「無刀」というイメージの刀を使った剣撃に加え、『新しい「引き出し」』という喧嘩技も使えると考えていいでしょう。

この強力な素手の武蔵に、刃牙はどう対抗していくのでしょうか。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)