【火ノ丸相撲】188話ネタバレで童子切が引き出したのは刃皇の弱点…?

スポンサーリンク

火ノ丸相撲188話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

相手の取り口に対応して戦術を柔軟に変える後の先(ごのせん)の相撲を展開する刃皇に対し、逆に後の先の相撲を展開した童子切。

先手を取られて一方的な相撲を強いられる童子切でしたが、守勢の中で前回しの位置を微妙にずらして探り、刃皇の逆鱗に触れてしまいます。

打倒刃皇のためのかすかな光明を見つけたかと思った矢先、新たな脅威をつけつけられてしまいます。

「火ノ丸相撲188話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

 

火ノ丸相撲188話ネタバレの要点まとめ

 

怒り狂う刃皇

 

立ち合いから続いた刃皇の激しい相撲を全て防いだ童子切は、膠着状態の中で前回しの位置を微妙にずらし、刃皇の弱点ともいえる獰猛な顔を引き出します。

しかしそれは当然それまでの力士たちも通ってきた道で、それを探ろうとした力士はことごとく憤懣の相を染まった刃皇の極めて荒々しい相撲に飲み込まれてしまっていました。

 

(川田「火ノ丸相撲」188話より引用)

 

 

真骨頂を見せる刃皇

 

あらゆる力士を葬ってきた怒涛の攻めにも必死に食らいつく童子切の様子に、初めて刃皇が困惑の表情を浮かべます。

機を見て童子切の右脇に腕を差し込み、前回しを掴んでいた童子切の右腕を強引に切った刃皇ですが、逆に童子切に左腕を挟まれてしまいます。

しかし、一気に攻めに転じる童子切は信じられない光景を目にします。

顔の右反面に「静謐の相」を、左反面にそれまで同様の「憤懣の相」を出し、左右で違う顔を同時に発動してみせます。右腕で正確に童子切の左脇をはず押しし、挟まれた腕を荒々しく抱え上げて童子切を投げ飛ばします。

 

(川田「火ノ丸相撲」188話より引用)

 

 

打倒刃皇に燃える…火ノ丸!?

 

結果だけ見れば終始攻めた刃皇の圧勝。

童子切の隠された挑戦などつゆ知らず、ただただハイレベルな相撲に沸く観客。一方で、勝負を見守っていた力士たちは惜しいところまで行きながらも最後の決着の瞬間に敗北を受け入れた童子切に不満を覚えます。

いついかなる時でも次に備えるプロ意識から、怪我をしないよう努めたために最後の踏ん張りをしなかった童子切は、残りの巡業期間でも同じことを刃皇に仕掛けることを心に誓います。

 

(川田「火ノ丸相撲」188話より引用)

 

実際の取り組みによって打倒刃皇の手掛かりを得ていた童子切と同様に、取り組みを観戦していた火ノ丸もまた自身が刃皇に勝つための手段に思い至っていました。

そして再び蜻蛉切との相撲で顕現した修羅の相が現れます。

 

火ノ丸相撲188話 ネタバレの考察

火ノ丸相撲188話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

刃皇打倒計画が実行に移る

 

茨城巡業編の大関VS横綱の頂上決戦が早くも決着となりました。

学生編の天王寺VS草薙を彷彿とさせる激しい攻めと的確な守りが展開され、さらには一つずつの発動が原則だとされてきた「相」を同時に発動するという神業も出ました。

こんな化け物どうやって倒すんだよという声が日本中から聞こえてくるようです

確かにこれなら弱点を探っている場合ではないかもしれませんが、いかに自分の型を貫くと言っても、元大関の大景勝が刃皇に勝ったのはほんの数回。

それが次の本場所で出なければ刃皇は引退。なんとしても阻止したい。

個人的には童子切だけではなく、当たる力士全員に同じことをやっていただいて、刃皇包囲網を敷いてほしいものですが。

 

あれ、巡業編続いちゃうの?

 

頂上決戦が幕を閉じ、さぁいよいよ本場所かと思いきや、「力士たちは次の地へ」の言葉が。

なんだか巡業編はまだ続くようですよ。

実際の巡業でも20か所近く回るため、本場所のない月はほぼ毎日のようにどこかしらで大相撲の地方巡業が行われていることになります。初日が終わってもまだ本場所以上に長い日程が残っているのが巡業です。

その日程を2日以上使って描かなければならないようなことは無さそうに思えましたが、巡業編は夏合宿の後の期間を飛ばした時のように本場所まで時間を流しませんでした。

それはつまり、巡業編をこのまま続けていけば本場所がさらに盛り上がる要素が出てくるということ。

これまでもさんざん考察してきた刃皇以外の2人の横綱の詳細についても語られるのではないでしょうか。

巡業の途中から合流するというのもよくあることですし、そろそろ他の横綱にも出てきていただきたいものですが。

逆に巡業の途中から休場し、本場所ギリギリになって稽古を開始するようなパターンもありえます。

他の横綱が出場する一方で刃皇が休場してしまい、童子切の弱点探りや他の力士たちの対刃皇戦の経験を積む回数が削られてしまうような展開もありそうですね

 

また出やがったな黒丸!!

 

はい、蜻蛉切との壮絶な相撲で修羅の相として現れ、そして自分自身で抑え込んでからたった3話で黒い火ノ丸(通称黒丸)が再登場しました。してしまいました

しかも黒い顔だけではなく、また命を省みない相撲を取ることを考えていそうな発言まで残して…。

顔も恐ければ発言も恐い、相撲の取り口は激しさを通り越して危なっかしいしで、もうあんな火ノ丸は二度と見たくないと思っていたのに、この分ではどうやら今後もコンスタントに出てきそうですよ、黒丸は。

蜻蛉切を煽り、本気を引き出すためだけに描かれたものだと高を括っていましたが、一度覚醒した相とはずっと付き合っていかなければならないということなのでしょうか。

それとも、修羅の相を持って挑めば、似たような取り口の憤懣の相に対抗できるという算段なのか。

刃皇の弱点らしきものは見つけたかと思いきや新しい脅威を引き出し、それを見ていた火ノ丸の黒い部分まで引き出してくれやがって、どうしてくれるんだ童子切!!

 

スポンサーリンク

 

火ノ丸相撲188話 ネタバレのまとめ

 

今回は火ノ丸相撲188話のネタバレを紹介しました。

弱点らしきものが見えたかと思った矢先に、2つの相を同時に発言する刃皇の真骨頂も垣間見てしまった力士一同。

大景勝の言う通り自分の型を貫き通して倒すしかないのか、それとも童子切が見つけた荒々しい相撲を切り崩していくスタイルを取るのか。

そして勝利への飽くなき執念の前に敗れた童子切を目の当たりにし、再び修羅の相を引っ張り出してきた火ノ丸はまた危険な相撲で刃皇に挑むつもりなのか。

どう考えても血みどろの結末しか見えてこなくなってきた火ノ丸相撲に幸あれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)