【火ノ丸相撲】189話ネタバレは巡業編終了で火ノ丸は謹慎処分!

スポンサーリンク

火ノ丸相撲189話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

童子切による刃皇の弱点探しも不発に終わり、さらなる刃皇の脅威を突きつけられた力士たち。

火ノ丸の熱気に当てられ他の力士たちも熱く燃えた巡業の初日もようやく終わり、次の場所へと移りますが……。

「火ノ丸相撲189話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

火ノ丸相撲189話ネタバレの要点まとめ

 

謹慎処分を受ける火ノ丸

巡業初日終了後、残る過密日程を消化するべく、撤収作業が慌ただしく進められます。

 

次の巡業への意欲を燃やす火ノ丸でしたが、蜻蛉切との一番で粗暴かつ危険な相撲を取ってしまったことへの罰として、謹慎を兼ねた入院をさせられてしまいます。

(川田「火ノ丸相撲」189話より引用)

 

火ノ丸を鎮めるレイナ

見舞いに訪れた病室で薫丸に謹慎の件を笑われ、また共に研鑽の日々を送ることを誓い合った後、レイナと2人で先の蜻蛉切との取り組みについて語り合う火ノ丸。

刃皇は相撲を通して幸せになれと語っていたものの、自分にとっては大相撲の土俵に立てるだけで幸せだと語る火ノ丸。

 

その刃皇を倒すためには「自分の身を省みないしかない」と決意を固める火ノ丸に対し、一度は応援の言葉を口にしたレイナでしたが、つい本音を漏らしてしまいます。

(川田「火ノ丸相撲」189話より引用)

 

不機嫌な刃皇

火ノ丸も復帰し、各地で行われた巡業でしたが、初日のような燃え滾る相撲が展開されることはなく、いつも通りの華相撲が展開されます。

 

その中で一人、茨城での初日同様に各地の巡業でも、童子切や草薙ら大関との取り組みを続けてきた刃皇だけは、どこか不機嫌な様子。

(川田「火ノ丸相撲」189話より引用)

 

巡業中無敗を通します。

そして巡業は全日程を終え、いよいよ本場所前の番付発表の日を迎えます。

スポンサーリンク

 

火ノ丸相撲189話 ネタバレの考察

火ノ丸相撲189話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

巡業が続くと見せて、終わりました

火ノ丸の蜻蛉切撃破に加え、短いながらも白熱した相撲を展開した童子切と刃皇の一番を終え、もう巡業編はお腹いっぱい。

夏合宿でさらに強くなった草薙や、まだ見ぬ2人の横綱についても気になるところではありますが、本場所まで楽しみを取っておいてほしいと思っていたら…前回のあのラストの引きですよ。

 

まだ巡業編が続くかのような引きを見せられてしまい、「あれ、もしかしてまだ巡業編を盛り上げる要素を隠し持っているのか…?」と再び空腹になりました。

けど、やっぱり巡業編が終わり、多少肩透かしを食らった感がありつつも、今度こそ本当に本場所へ向けて期待を膨らませられますね。

 

次は番付発表ですが、先場所12勝3敗だった火ノ丸は、幕内の下位から上位まで上がることは確実ですが、ギリギリ横綱と当たらない前頭4枚目ほどになると思われます

序盤は火ノ丸が学生編のライバルたちや天下三名槍と対戦し、刃皇は刃皇で若手力士たちの挑戦を受け続けるという毎週行きつく暇もない展開が予想されます。

 

そして上位陣の総当たりが始まる前までに途中休場者が出て、繰り上がりで火ノ丸が刃皇と当たる流れになるのではないでしょうか。

 

これなら火ノ丸は刃皇云々ではなく、序盤から目の前の一番に集中することができますし。

ただ、そのやり方で行くと次の本場所だけで2年近くかかりそうですが(笑

 

あれだけ暴れて不問なわけもなく…

前回ラストで火ノ丸の顔に唐突に黒丸が浮かび上がり、「やはりワシが刃皇に勝つには」なんて意気込んでいましたが、やっぱり蜻蛉切との対戦のしっぺ返しがありました。

 

「謹慎」という罰を受け、大好きな相撲を取れなくさせられてしまった火ノ丸。

次に黒丸を使ってしまったときは、例え本場所中であろうと再び罰を受けることと、レイナを心配させることは必須。

 

そのため刃皇を倒す時までどんな窮地や強敵と当たったとしても、修羅の相は出てこない、もとい出さないはず。

親方の柴木山、兄弟子の薫丸、そしてガールフレンドのレイナによる黒丸3点封印の効果はそれほどにかなり高いものと思われます。

というより、そうであってほしいです。

 

火ノ丸の今後は?

ところで、高校相撲編では「火ノ丸は大相撲に入れるのか」という点に焦点が当てられていましたが、大相撲編では未だにその辺がはっきりしていませんよね。

 

優勝すると語ってはいるものの、なんだか横綱をぶん投げられればそれでいいような雰囲気もチラチラと見え隠れしてしまっているだけに、どうにも感情移入がし辛いと言うか…。

本来なら入れなかったはずの大相撲にも入り、大怪我を乗り越えて幕内上位に再び登り詰め、さらには自身を否定し続けた蜻蛉切にも勝利し、次は優勝に手をかけようとしているのに、黒丸なんか発動しちゃってますし。

 

同じく土俵に立つ力士たちはどう思っているのかは分かりませんが、応援よりも心配の声が出てしまったレイナ、同じ境遇に陥った薫丸、お見合いを薦めた柴木山親方、そして理想を尋ねた大和国と、沢山の人から心配されています。

スポーツ漫画のラストには、最高の結果と引き換えに、主人公が二度とプレイできなくなって終わるみたいなものがあるだけに、今回の描かれた全てがそこへの振りになってしまっている気がしてなりません

 

くれぐれも「短い間だけじゃったが、こんな体格のワシが大相撲の幕内上位で戦えたことは、それだけで価値があったんじゃ」みたいな終わり方にはなってほしくないものです。

大相撲編の焦点がはっきりするのは良いですが、「火ノ丸は燃え尽きるのか?」に寄るのは是非回避していただきたい!

 

火ノ丸相撲189話 ネタバレのまとめ

今回は火ノ丸相撲189話のネタバレを紹介しました。

蜻蛉切と荒々しい相撲を取ってしまったことで、痛めた身体の休養を兼ねた謹慎として柴木山親方により巡業2日目以降を休場させられてしまった火ノ丸。

不本意ながらもつかの間の休養期間に入り、薫丸・レイナの2人とも今後の相撲との関わり方についてじっくり話し合う機会を得ます。

一方、童子切との一番の前には周囲の殺気を心地いいとさえ語っていた刃皇は一転して不機嫌に…。残る巡業の取り組み全てに勝利します。

そして本場所の取り組みを左右する番付の発表を迎え、火ノ丸、そして刃皇の引退を阻止したい全ての力士たちにとって重要な本場所を迎えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)