【約束のネバーランド】95話ネタバレで全員で狩猟場を脱出!GP崩壊!

スポンサーリンク

約束のネバーランド95話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回94話では、エマの傷の治療するため一度シェルターに戻らなければならないものの、重傷者の数からすぐにGPを離れるのは難しく、オジサンやルーカスは決断を迫られます。

そこで、オリバーは「俺たちを置いて行って」と言うのですが……。

「約束のネバーランド95話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド95話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド95話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

オリバーたちのルーカスへの想い

オリバーはエマ以外の重傷者7人をGPに置いて行くようにルーカスに言います。

たしかにオリバー達重傷者が居なければ、オジサンとレイが最短ルートでエマを連れて帰り、他の皆はナイジェルとヴァイオレットが守りながらルーカスが元来た道を3週間かけて帰ることができます。

 

オリバー達は、自分たちを助けて、「狩猟場」を終わらせたいという我儘を聞き入れ、知識や技術、生きる目的、そして「家族」をくれたルーカを守るため、万が一全員で生き残ることができずとも、ルーカスと他の皆だけは必ず生かして外に出すと決めていたのです。

「父親がいたなら…こんな感じだったのかなぁ…」

「ルーカスは俺達にとって大切な恩人で師匠(せんせい)で兄さんで…父さんだ」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」95話より引用)

 

全員で生き残る道を選択!

そんなオリバーの気持ちに、ルーカスは罪悪感を募らせます。

なぜなら彼がオリバーたちの願いに協力したのは、「GPを出てどうするのか」という恐怖から逃れる口実に過ぎなかったからです。

オリバー達を置いて行けないというルーカスに、レイやオジサンも「エマが納得しない」と力強く賛同します。

 

レイは自分がナイジェルとヴァイオレットと一緒に皆を守りながらシェルターに帰ると宣言し、エマをオジサンに託します。

「任せろレイ お前の親友は俺が必ず連れ帰り助ける」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」95話より引用)

オリバーはそれでも危険だと反対しますが、生きてる限り諦めちゃダメだ、自分たちにできることなら何でもするという他の子どもたちに加え、誰かを犠牲に生き残る道はもう嫌だと言うナイジェルやヴァイオレットたちに、オリバー達も「生き残る」覚悟を決めます。

 

GP、崩壊

そして、手当てと準備を終え、ナイジェルが「最後の手段」である緊急破壊装置を作動させた後、レイたちは全員GPの外へと出ます。

 

そこでレイは、ルーカスたちは鬼たちの庭を壊したのだと、彼らに対して敬意を見せます。

「逃げるだけじゃない 立ち向かって もうGP(ここ)で殺される食用児(こども)はいないんだ」

「世界を変えた…その一歩だ」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」95話より引用)

レイは改めて、自分たちの行動が「世界を変える脱獄」だと実感したのです。

そうして、ゴールディ・ポンド密猟場は崩壊し、水の中へと沈んでいきました。

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド95話のネタバレ考察

約束のネバーランド95話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

シェルターに帰ったときの反応は?

95話では、誰も見捨てないために何とレイがオジサンにエマを任せることに決めました。

それは紛れもなくレイがオジサンを信用した証であり、オジサンもレイのことを初めて名前で呼び、それに応えています。

 

しかし、オジサンとレイ、エマの関係は信頼できるものへと変わったものの、シェルターにいる彼らの家族はオジサンを全く信用していません。

特にギルダはめちゃくちゃエマとレイを心配し、ふたりの安全についてオジサンにも釘をさしていたほどです。

 

このままオジサンがエマを連れて帰れば、ギルダたちはまず、オジサンがレイを始末し、エマにも重傷を負わせた上で帰ってきたと考えるでしょう。

もちろん、オジサンの必死な様子を見ればそれが演技でないことは分かるでしょうし、エマも重傷ですからすぐに誤解は解けるでしょうが……ちょっとギャグ風味になっても面白いかもしれませんね。

 

ピーターがレイたちを妨害するかも?

レイはナイジェルやヴァイオレットと共に、戦うことのできない子どもたちとルーカスを守りながら3週間かけてシェルターを目指すことになります。

もちろん、4匹の「知性鬼」を相手取ったナイジェルやヴァイオレット、そして来るときにも散々「野生鬼」の相手をしたレイであれば、比較的安全なルートで死ぬことはないでしょう。

しかしこちらには重傷者が7人も居り、3週間持つかどうかという問題もあります。

とはいえ、ここまできてまさか道中で死亡なんてことはないでしょうから、そこは大丈夫でしょうが……。

 

何せ、GPはミネルヴァの弟・ピーターがバイヨンに紹介した場所です。

当然その動向はピーターもチェックしているでしょうから、GPが緊急破壊装置によって崩壊したことは彼の耳にも届くはずです。

ただでさえGFハウスでは食用児の大量逃亡があったのですから、GPの崩壊も食用児たちの反乱だと気づく可能性は低くはありません。

ミネルヴァのメッセージを受け取った子どもたちがいることに危惧を抱いたピーターが、彼らに何らかのアクションを起こすことも有り得ます。

無事にシェルターまでたどり着けるといいのですが……。

 

情報共有の後は分かれて行動?

シェルターに全員が無事に辿り着けば、シェルター内には一気に人数が増えることになります。

食糧や広さの問題はなさそうですが、移動は一気に不利になりますね。

さしあたっては、全員での情報共有と、次にどこに向かうのかが重要になってきます。

人間の世界へ行く道は、4つのハウスにあります。

当然エマたちはフィル達を奪還するためGFハウスに向かうことになりますが、オリバーたちもGVの兄弟たちを助けたいと思っておかしくないはずです。

もしかすると、エマたちはGFハウスに、オリバーたちはGVハウスに向かうことになるのかもしれません。

ルーカスやオジサンがどうするのかにも注目ですね。
 

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド95話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド95話では、オジサンがエマを最短ルートで連れ帰り、レイはナイジェルやヴァイオレットと共に比較的安全なルートでルーカスや子どもたち、オリバー達を守りながらシェルターを目指すことになりました。

GPは崩壊し、彼らはようやく「狩猟場」を終わらせたのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です