【約束のネバーランド】75話ネタバレで「狩り」が予定外に早まりスタート!

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド75話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「約束のネバーランド75話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド75話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド75話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

オリバー達の計画に懸ける想い

副リーダーのソーニャによると、「鬼」たちにとって自分たちがザコに見えるよう振る舞いながら情報を集めてきたのだといいます。

しかし、油断は禁物だということを彼らはよく解っていました。

 

ルーカスの仲間は当初、ルーカスの親友でリーダー格の少年(オジサン)の指示によって、一人も死なずに猟場を生き残っていました。

しかし、レウウィス大公に目をつけられた途端、壊滅してしまったのです。

実力が高く、その上行動が読めないレウウィス大公は、オリバー達の計画に支障をきたす可能性が最も高いといっていいでしょう。

 

ヴァイオレットとテオの覚悟

ジリアンがご飯を配り始めると、エマは二人分の食事を持ってテオのもとに向かいます。

テオは、昨日の夜ヴァイオレットが来て、テオやテオの兄姉を見殺しにしたことを謝りに来たと話します。

 

ヴァイオレットはテオに、ずっと見知らぬ他人を見殺しにしてきたけれど、それももう終わりだ、次の狩りで「鬼」たちを殺すと宣言したのです。

「仇をとろう」

「あんたの兄姉の分も オレの姉弟の分も」

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」75話より引用)

 

ヴァイオレットの言葉を聞いたテオは、苦しさや悔しさを抱えるのは自分だけじゃない、自分も終わらせたいとエマに言います。

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」75話より引用)

 

そんなテオを、エマは肯定します。

「できるよ 敵がどんなに強大で私達がどんなにちっぽけでも」

「何度踏みつけられ 奪われても」

「私達は立ち上がる」

「人間は弱くない!」

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」75話より引用)

 

次の狩りは早くて明日……。

そのために今は精をつけようと意気込むエマたちの耳に届いたのは、狩りの始まりを知らせる音楽でした。

 

このタイミングでの早すぎる狩りに動揺を隠せないオリバー達ですが、それでも武器を手に配置へとつきます。

いよいよ始まる「猟場」潰し、果たしてエマ達は無事に全員で脱出できるのでしょうか?

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド75話の考察

約束のネバーランド75話を読んだ上での考察をまとめておきました。

 

「狩り」が早まったのはレウウィスのせい?

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」75話より引用)

 

このタイミングで狩りが早まったことから、普通に考えればオリバー達の計画が「鬼」たちにバレているということになるでしょう。

しかし、75話でソーニャが言っている通り、オリバー達はかなり用心して周到に準備を重ねてきました。

「鬼」を殺す方法を知っていながら、憎悪の対象である彼らを殺さないでいる日々はさぞかしつらいものだったでしょう。

そんな苦しい日々が報われず、「鬼」たちに計画がバレたというのは考えたくないですし、何より「鬼」たちが計画を知るきっかけもありません。

もしも「鬼」たちが計画を知って狩りを早めたとすれば、オリバー達の中に内通者がいることになります。

しかし、「猟場」はあくまで狩りを楽しむためのものであり、内通者に確固としたメリットがあるとも思えません。

とすると、オリバー達の計画と無関係のところで狩りが早まる理由があったと考えるべきでしょう。

 

一番考えられる可能性は、レウウィス大公の意向ということです。

エマに目をつけたレウウィス大公が、エマを追い詰めるため、早いペースで彼女の仲間を嬲り殺していこうと考えているのかもしれません。

ルーカス達以来、久方ぶりに現れた強者ですから、レウウィス大公にも逸る気持ちはあるでしょう。

レウウィス大公は「鬼」たちの中でも年長者のようでしたから、彼の意見によって狩りの周期が変わるのも不思議ではありません。

 

「全員」での脱出は不可能?

予定外に早く始まってしまった狩りによって、オリバー達の計画には狂いが出てくるでしょう。

「鬼」の殺し方を知っており、何より綿密に準備をしてきたオリバー達9人は生き残れる可能性が高いです。

しかし、オリバー達の計画や武器が「猟場」の全員に行き渡る前に狩りが始まってしまったことから、「猟場」の全員が無事に生き残れる可能性は限りなく低くなったと言っていいでしょう。

 

さらに、「猟場」の全員で結託していることが「鬼」側に悟られれば、ルーカスの仲間をかつて嬲り殺していったように、レウウィス大公が弱い子供から順に殺していく可能性もあります。

75話の最後のシーンでは、計画を知る9人が小さい子を抱えて逃げる様子が見られます。

しかし、予定外の狩りの混乱の中ではぐれた子供が居れば、エマを始め、オリバー達「強者」の憎悪を駆り立てるため、レウウィス大公は真っ先に殺しに行くでしょう。

普通はオリバー達が強いと分かればそちらの方を優先して殺そうとしますが、レウウィス大公に限ってはそうはいかないということですね。

 

やはりこの狩りで一番の肝となるのは「レウウィス大公」です。

エマは他の子供が殺されないためにも、レウウィス大公から目を離さないことが必要になってくるでしょう。

 

ルーカスは戦うのか?

予定外に狩りが始まってしまいましたが、果たしてこれにルーカスはどう対処するのでしょうか。

そもそもルーカスが「猟場」を潰す計画に戦力として数えられているのかも分かりません。

 

怪我が原因で杖をついていることから、「鬼」たち相手に戦えるようには見えませんが……、

あれだけの憎しみを「鬼」たちに抱いているルーカスですから、塔でただ待っているとも思えません。

 

仮にルーカスが狩りに出てくるとすれば、隠れながらの後方支援ということになるでしょう。

もしかすると今後、ルーカスとレウウィス大公との再会もあるのかもしれませんね。

 

約束のネバーランド75話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド75話では、いよいよ「猟場」を潰す計画の決行が迫り、オリバー達の想いやテオの心情が明かされました。

そして、早くて1、2日後だったはずの狩りが始まってしまいます。

オリバー達の計画はうまくいくのか、「猟場」の全員が無事に脱出することができるのか……注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)