【約束のネバーランド】77話ネタバレでジリアン達がルーチェを追いつめる!

スポンサーリンク

約束のネバーランド77話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「約束のネバーランド77話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド77話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド77話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

反乱に気付いた「鬼」たち

前回「鬼」たちの気を逸らした爆発は、音だけの猫だましでした。

それを聞いてようやく食用児たちが反乱を起こしていると悟った「鬼」たちは、それでも余裕の様子を見せます。

一方、やり口を見て「強者」の仕業だと勘づいたレウウィスは、どこかへと移動します。

 

ジリアン達の反撃開始!

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」77話より引用)

木の上から誘き出した「鬼」たちを見つめるジリアン、ナイジェル、サンディ、ソーニャの頭に浮かぶのは、今まで散々に家族を「鬼」たちに弄ばれ殺されてきた記憶です。

 

静かな憎悪を滾らせて、ジリアンとナイジェルは攻撃を開始します。

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」77話より引用)

ルーチェはその攻撃が、手下ではなく主人である自分の目を狙っていることに気付きます。

 

しかし、自分の面が小銃ごときでは割れない頑丈なものであることから、乱射してくる食用児たちを「ムダ」だと馬鹿にします。

そうして弾切れになったジリアンとナイジェル。

ルーチェは手下に「殺せ」と命じるものの、気づかぬ間に手下はふたりによって全滅させられていました。

ジリアン達は、貴族のお面は硬く、手下のお面は目以外の場所なら比較的簡単に破けるということをルーカスから聞いていたのです。

手下のお面を側面から狙い、顔ごと仮面を剥ぎ取ることで目を狙うことができます。

ジリアン達は最初から、ルーチェ狙いだと思わせておいて、ルーチェから手下を奪い取っていったのです。

 

手下という戦力が無くなり、追い詰められたルーチェの仮面を外しながら、ジリアンは言います。

「ゲームセットよ 覚悟しなお坊っちゃん」

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」77話より引用)

 

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド77話の考察

約束のネバーランド77話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

レウウィスはどこに向かった?

(白井カイウ・出水ぽすか「約束のネバーランド」77話より引用)

オリバー達10人全員で倒しにかかる予定のレウウィスですが、一体爆発を見てどこに向かったのでしょうか?

 

今回レウウィスは、食用児たちの反乱を見て、ルーカスやエマといった「強者」のやり口だと気づきます。

まさかルーカスが生きているとは思い至らないでしょうから、エマの仕業だと思っていることでしょう。

とすると、レウウィスは、「猟場」の全員を「エマの仲間」だと見なしたのかもしれません。

 

自分を本気で殺しにかかってくる相手の仲間を殺し、自分への憎悪を掻き立てる傾向にあるレウウィスですから、他の「鬼」の相手をしている食用児たちのもとへ向かった可能性も十分にあります。

77話では、ルーカスが、「鬼」の弱点だけでなく、細かな性格まで把握していることが分かりましたから、当然ルーカスもレウウィスの傾向には策を打っていることでしょう。

鬼の弱点についてはこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

【約束のネバーランド】鬼の弱点が判明

2018.02.28

 

前話76話で言っていた「15分だけレウウィスを引きつけられる」策が機能するかどうかが、他の「知性鬼」を相手取る食用児たちの生死を分けることになりそうです。

今後の展開上、レウウィスが予想外の動きをしてくる可能性は高いですから、もしかするとルーカスの足止め策が通じないということも考えられます。

ルーカスの考えた策の具体的な内容が知りたいところですね。

 

ソーニャ達は無事なのか?

今回はジリアンを中心に描かれていたので、バイヨンを引きつけたザックや、ノウス&ノウマを引きつけたソーニャの様子は分かりません。

ジリアンとナイジェルは、ルーカスから教わったルーチェの性格を利用したやり方でルーチェの仮面を剥ぎ取りました。

 

しかし、見たところ「知性鬼」の中ではルーチェが一番の小物のようですから、バイヨンやノウス&ノウマにそう上手くいくかどうかは分かりません。

特にバイヨンは「猟場」の持ち主です。

ルーカスの情報があればそう簡単に殺されることは無いと思いますが、次回食用児の誰かが重傷を負っていてもおかしくはありません。

 

先述した通り、予想外の動きを見せたレウウィスによって、ソーニャかザックのどちらかが殺されてしまう可能性もあります。

「全員で脱出」という目標が叶うのかどうか、早ければ次回にでも明らかになることでしょう。

 

なぜ「猟場」の食用児は「並」なのか?

77話で、バイヨンは「猟場」の食用児たちを「GVの並肉」と称しています。

ということは、「猟場」に居る子どもたちはほとんど全員ランクとしては「並」ということになります。

 

前話76話で「鬼」たちがGFの特上に昂奮していたわけですね。

食用児のランクは下から順に、「下」「並」「佳」「上」「特上」です。

「特上」はともかく、「佳」や「上」が居ないのには何か理由があるのでしょうか?

 

「佳」以上だと反乱の恐れあり?

まず考えられるのは、高級農園の「佳」や「上」は、「猟場」で反乱できる可能性があることから、「猟場」には入れていないということです。

エマやルーカス達のように優秀な食用児であれば、「鬼」たちを攻略できる可能性は高まります。

 

しかし、レウウィスを除いて、「鬼」の目的は「雑魚を狩って楽しむこと」です。

「猟場」を成り立たせるためには、「並」の食用児たちが一番ベストだったのかもしれません。

 

「並」以外は生きたまま出荷させられない?

もう一つは、「秘密の猟場」であるがゆえに、「並」以外には手が出せないという可能性です。

バイヨン卿は、GV農園から生きたまま食用児たちを出荷させています。

「秘密」と言うくらいですから、当然それは公的には認められない行為なのでしょう。

農園から「鬼」への出荷の仕組みは分かっていませんが、「佳」や「上」より「並」の食用児の方が、「秘密裏の出荷」には適しているのかもしれません。

「佳」や「上」の出荷には厳しい監視があるけれど、「並」はそうでもないということになるでしょうか。

上級貴族であるバイヨン達ですから、「佳」や「上」は手が届くランクではあるものの、「猟場」用に入荷するのは厳しいのかもしれません。

 

約束のネバーランド77話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド77話では、3方向に分かれた「鬼」たちに攻撃を開始しました。

ジリアン・ナイジェルvsルーチェは、ほぼジリアン達の勝利が確定しています。

残る2組は果たして15分以内に「鬼」を殺すことができるのでしょうか?

次回、約束のネバーランド78話に注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)