【約束のネバーランド】83話ネタバレでバイヨンを待ち伏せるルーカス達!

スポンサーリンク

約束のネバーランド83話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「約束のネバーランド83話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド83話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド83話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

わざと煙玉を食らったバイヨン

バイヨンから逃れたナイジェル、ペペ、ジリアン。

ナイジェルとペペはまず、バイヨンを倒す前にジリアンを安全な場所に移し手当てすることに決めます。

 

しかし、実はバイヨンは、煙玉を持って自身の背後に迫るペペの存在に気付いていました。

バイヨンは、彼らがジリアンを本拠地に退避させるだろうと踏んで、わざと彼らの攻撃を食らったのです。

 

ルーカスの策に乗るレウウィス

一方、緊張が走るエマとレウウィス。

レウウィスが13年前にルーカスに持ち掛けた「ゲーム」とは、15分間の「フェアな狩り」です。

 

13年前、レウウィスはルーカスとフェアな狩りをするために、「鬼」の弱点を教えていました。

弱点を教えた上で、10分の間レウウィスはルーカスを攻撃せずに好きに仕掛けるよう言い放ち、さらに武器も与えた挙句に、特別に面も外すという異常な行動に出たのです。

「互いに命を懸け合わなくば狩りとは呼べぬ」

「私は君達と狩りがしたい」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」83話より引用)

エマがレウウィスに持ち掛けたのは、15分のうち最初の10分間レウウィスはエマに何もしないというこのゲームでした。

 

しかしレウウィスは、その提案を「必要ない」と切り捨てます。

 

レウウィスは、エマ達の目的が仲間全員でレウウィスを総攻撃するための時間稼ぎであることに気付いていました。

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」83話より引用)

 

策が読まれていることに焦るエマでしたが、レウウィスはエマの不安に反して10分の間待つことを選びます。

 

レウウィスは、この反乱こそが13年前に自身がルーカスに投げかけた「殺す策を考えてみろ」という言葉への解答だと感じていたのです。

しかし、待つからには来てもらわなければ意味がありません。

もしも10分後仲間が来なければ、エマ一人で自分を楽しませてくれと、レウウィスは不敵に笑います。

 

ルーカス達がバイヨンを待ち伏せ!

一方、ナイジェルとペペを追ってきたバイヨンは、彼らの本拠地が地下にあることを知ります。

 

ナイジェル達と同じように地下に侵入したバイヨンを脇道で待ち伏せしていたのは、オリバー、ナイジェル、ルーカスです。

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」83話より引用)

バイヨンへの急襲は、果たして成功したのでしょうか?

スポンサーリンク

 

約束のネバーランド83話の考察

約束のネバーランド83話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

オリバー達はエマのもとに集まれるのか?

レウウィスは今回、ルーカスとエマの考えを見抜いた上で、フェアな狩りのために敢えてそれに乗っかってくれています。

無事に全員がエマの元に集まり、さらに13年前と同じようにレウウィスが面を外してくれれば、当初よりは格段に勝ち目が見えてきます。

 

しかし、それはあくまでも全員での総攻撃が叶った場合であり、オジサンの仲間であったルーカスが一人で挑んで片腕を失ったように、エマ一人でレウウィスを相手取るとなれば、かなり厳しい「狩り」になることでしょう。

 

対レウウィス戦は、「猟場」のメンバーが無事に集まることができるかどうかに懸かっています。

ジリアンは重傷を負っており、安否不明のザックもペペと共に現れなかったということは、「歩ける状態」には無いのでしょう。

 

エマを含め10人いた仲間のうち、すでにふたりが脱落しています。

激昂したノウスの攻撃を受けたポーラとヴァイオレット、そして背後に迫られたソーニャも無事ではないでしょう。

 

さらに、83話でバイヨンを待ち伏せしていたナイジェルとオリバーですが、バイヨンがこのふたりを圧倒してしまえば、エマの元に集まる人数は当初の10人の半数以下ということになります。

エマの運命は、地下壕で行われたバイヨン戦と、未だ詳細不明のノウス戦をいかにして仲間が切り抜けるかというところに懸かっていますね。

 

ペペが煙玉を使うのは二度目

ペペが煙玉を使用したことについて、バイヨンは「また」と言っています。

ということは、ペペはザックと共にバイヨンを相手取っていたときに、煙玉を一度使用していたということになります。

 

攻撃のときに使えば、並外れた嗅覚を持つ「鬼」相手には却って不利となってしまいます。

 

恐らく、今回のようにバイヨンから逃れる一手として煙玉を使ったのでしょう。

ジリアンのときと同じように、ザックが殺されかけたときに「目くらまし」として利用したのかもしれません。

 

オリバーが持っているのは専用銃?

83話で、地下壕にジリアンを運んだナイジェルとペペ。

待ち伏せをしていたことから、バイヨンが「あえて自分たちを泳がせている」と気づいていたことが分かります。

 

恐らくジリアンを奥に運び手当てをしているであろうペペに代わってバイヨンを待ち伏せしていたのは、リーダーであるオリバーです。

 

さらにルーカスの姿も見られることから、オリバーとルーカスはジリアンの笛によって計画の異変を察知し、地下壕に潜ったと考えられます。

 

もしかすると、異変が起こった際には指示を仰ぎやすくするためにオリバーは、地下壕に入ると決めていたのかもしれませんね。

バイヨンが匂いで察知した通り、恐らく奥には「猟場」の他の子どもたちが隠れているのでしょう。

 

つまり、ここを死守しなければその子供たちまで危険に晒されることになります。

3人はここでバイヨンを仕留めるつもりのようですが、オリバーが持っているのは特殊銃が装填された専用銃なのでしょうか?

もちろんそうでなければ、バイヨンの面を壊すことができませんから、恐らく専用銃なのでしょうが……。

 

しかし、ジリアンとナイジェルの危機に駆け付けたペペは「手ぶら」だったはずです。

ペペが服の下に隠し持っていたとも考えられますが、あるいは専用銃を持ってノウス&ノウマを相手取っていたソーニャとサンディが帰還していたのかもしれません。

もっとも、ソーニャがノウスに殺されてしまったのであれば、帰ってきたのはサンディだけということになりますが……。

多方面で展開される「猟場」編ですが、次回はいよいよ絶体絶命のまま安否不明のソーニャ達の末路が描かれるのかもしれません。

 

約束のネバーランド83話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド83話では、エマとレウウィスの取引が上手くいき、レウウィスは10分の間何もせず待ってくれることになりました。

一方、地下壕に侵入してきたバイヨンを、オリバー、ナイジェル、ルーカスの3人で待ち伏せし攻撃します。

果たして生き残るのは誰なのか、次回以降も注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です