【約束のネバーランド】97話ネタバレでエマが全食用児の解放を望む!

スポンサーリンク

約束のネバーランド97話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回96話では、オジサンとエマ、レイと猟場のメンバーが無事シェルターへと到着し、エマが目を覚ましました。

「約束のネバーランド97話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

約束のネバーランド97話ネタバレの要点まとめ

「約束のネバーランド97話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

エマの望む未来は全食用児の解放!

ミネルヴァの残した情報に触れたレイ達。

行き来の道に支援者の存在、農園の設計図にΛ計画、七つの壁、支援者との連絡のとり方まで記してあるそれは、やろうと思えばすぐに人間の世界へ渡れるほどの情報です。

しかしレイは、ミネルヴァを殺した裏切り者を始め、食用児を「鬼」に食わせる「約束」を代々守り続けてきたラートリー家全体が敵である以上、人間の世界へ逃げても身の安全は保障されないと指摘します。

人間の世界で食用児の存在は知られているのか、自分たちは受け入れられるのか、自分達が二世界間の戦争を引き起こすきっかけとなってしまうかも……と問題は山積みです。

エマは、戦争も嫌だし、GFハウスの食用児全員を解放すれば、ラートリー家に見つからないように人間の世界へと渡るのは難しいだろうと言います。

加えて、GPで猟場を経験したエマには、新たな思いも宿っていました。

「私は全食用児を解放したい」

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」97話より引用)

「食用」児なんて居ない世界をつくりたい、追われない世界にしてから鬼の世界を抜け出したいというエマは、そのために七つの壁を探し出して、名前の読めない「鬼」の頂点と新たな“約束”を結びたいと言います。

遠回しになるし、簡単でもないこの選択肢を進みたいというエマに、家族は笑って賛成します。

(白井カイウ・出水ぽすか:「約束のネバーランド」97話より引用)

エマ達の話を盗み聞いていたユウゴ、ヴァイオレット、テオ、ナイジェルを始め、ルーカスも、オリバー達も、相当無茶で危険だらけの道であろうと、先に逃げるという選択ではなく、エマ達と一緒に人間の世界へ行くことを笑って決めてくれました。

 

ピーター、動く!?

その頃、ピーター・ラートリーは、バイヨン卿の遺体を発見したという報を受けていました。

GP破壊装置の作動と、GFの脱走……偶然であろうとなかろうと、食用児たちは絶対に逃がさないと宣言するピーターは不穏に微笑みます。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド97話の考察

約束のネバーランド97話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

支援者との連絡

97話で方針が定まったエマ達が目下やらなければならないのは、支援者と連絡をとることです。

しかし、そもそも支援者と本当に連絡を取ることはできるのでしょうか?

ミネルヴァがGPでの電話の声を録音したのが2031年のことであり、現在は2046年です。

つまり、ミネルヴァが支援者を用意してから少なくとも15年の年月が経っており、支援者たちが今どうなっているのかは全く見当がつきません。

ピーターが始末してしまっているかもしれませんし、そうでなくてもラートリー家に監視・拘束されている可能性は十分にあります。

何せ支援者は、「約束」を壊そうとしている、言うなれば重罪人なわけですからね。

もしくは、支援者から連絡方法をすでに聞き出した・もしくは連絡方法を発見したラートリー家の者が、迂闊に連絡を取ってきたエマ達を罠に嵌めるという可能性も考えられます。

そもそも、ミネルヴァの用意した支援者は、食用児たちが秘密裏に人間の世界へと渡るための存在です。

“七つの壁”を探し、「約束」を結びなおすことにしたエマ達は、支援者と連絡をとって何をしようとしているのでしょうか?

考えられるのは、人間の世界側から協力してもらうということでしょう。

「約束」を結びなおすといっても、本来「約束」とは「鬼」の頂点とラートリー家が結んだもののはずです。

であれば、最初に「約束」を結んだラートリー家を無視することはできないでしょう。

「鬼」だけではなく、ラートリー家、すなわちその当主であるピーターも説得する必要があります。

しかし、「鬼」の頂点が“七つの壁”の向こうに居ると分かっているのに対し、ピーターの居場所は全く分かりません。

ノーマンの養父として現れたことや、食用児を詰めた培養器(?)に囲まれた部屋にいることから、「鬼」の世界に居ることもあるようですが、やはり人間の世界で生活を送っている可能性が高いです。

ということは、エマ達には現状手出しができません。

エマは支援者たちに、ピーターの側から攻めていってもらうつもりなのかもしれません。

 

“七つの壁”を探すには?

エマ達の最終目標は「約束」を結びなおすことですが、そのためにはまず“七つの壁”を探し出さなければなりません。

しかし、「鬼」の世界でシェルターの大人数で動き回るのはかなり危険でしょう。

「鬼」の世界がどれだけ広大か分かりませんが、少なくとも2、3日で見つかるような場所でないことは確かです。

つまり、何人かのチームをつくり、分担して探し回ることになりますが、探すにしても、どこをどうやって探せばいいのかまるで見当がついていません。

そもそも“七つの壁”が物理的な壁なのか否か、七つあるのか否か、といった具体的なことも分からないのです。

“七つの壁”についてある程度のヒントがなければ相当苦戦しそうですが、支援者がそれについて何か情報を持っていることを期待したいものです。

もしくは、ムジカが何かを知ってそうな雰囲気でしたから、“七つの壁”を探している途中に、彼女たちと再会し、教えてもらうことになるのかもしれません。

 

約束のネバーランド97話ネタバレのまとめ

約束のネバーランド97話では、エマ達が全食用児の解放を目指して進むことを決めました。

まずは支援者に連絡をとることになりますが、果たしてどうなるのか、注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です