【進撃の巨人】105話のネタバレでサシャ死亡!?やはりジークは裏切っていた!!

スポンサーリンク

 

進撃の巨人105話のネタバレ&考察です。

戦争では、エレンが戦鎚を吸収するなどエルディア側優勢の展開でした。

そして、エレンたちは飛行船に乗り込み、そのまま勝ち逃げになりそうです。

前回はそんな中、ガビが憎悪の感情を持って銃を手に飛行船を追いかけました。

進撃の巨人105話の要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

 

進撃の巨人105話のネタバレの要点まとめ

進撃の巨人105話のネタバレ要点をまとめてみました。

 

戦争はエレンたちの勝利!

エルディア勢が撤退する中、エレン、ミカサも飛行船に乗り込みます。

エレンが船内に入ったところ、リヴァイ兵長と対面しました。

リヴァイ

「何って汚ぇナリだ・・・」

「糞溜めに落ちたらしいな エレン」

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

このような言葉を投げかけた後、彼はエレンを蹴り飛ばします。

そして、エレンを拘束すると言いました。

何やらエレンは作戦でやってはいけないことをしてしまっているようです。

リヴァイは、今のエレンは地下街によくいるクソ野郎と同じ顔をしていると言います。

エレンが何をやったのか分かりません。

しかし、その場面にはエレンと、煙に包まれた謎の男性が写っています。

彼らが協力しリヴァイが嫌がる何かをやったのでしょう。

 

そして、ジャンたち他の兵士も飛行船に乗り込み、逃げ切ることに成功します。

とりあえず、戦争ではエルディアの勝利となりました。

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

 

エルディア人のガビの過去

一方マーレの土地では、銃を手にして走り続けるガビと、彼女を追うファルコがいます。

エルディアの勝利はもうほぼ確定し、それでもなお無駄に飛行船を追い続けるガビをファルコは止めようとしていました。

そして、彼がガビの肩を掴んだ時、ガビが振り向きます。

彼女は泣いていました。

彼女は戦争の被害について話します。

  • さっきまで隣で喋っていたゾフィアは突然瓦礫に潰された
  • ウドはゾフィアを助けようとして逃げる人たちに踏み殺された
  • 二人の兵士は自分をかばいサシャに撃たれて死んだ

ガビはエルディア人なため、国の人々に嫌われツバを吐きかけられたりしていました。

しかし、だからこそエルディア人は悪い人ではないと証明するために彼女は頑張り続けてきたのです。

そうして作り続けてきた信用を、戦争で襲撃したエレンたちが簡単に崩し、さらに彼女の大切な人たちの命を奪っていきました。

ガビはジークが殺されたところも見ています。

無駄だとは分かっていても、エレンたち島の悪魔を許すことはできません。

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

彼女はまた走り出しました。

 

ガビに撃たれるれるサシャ

飛行船に残りわずかな兵隊が全て乗り込むその時、兵士の一人が下に一人の少女を見つけました。

彼女はガビです。

そして、銃でその兵士に向かって発砲します。

銃弾は彼の頭を突き抜けました。

倒れた兵士と飛行船はワイヤーで繋がっています。

これを使えば飛行船に乗り込むことが可能です。

 

しかし、追ってきたファルコが止めに入ります。

乗り込んだところで一人では戦力がなさすぎる、一方的に殺されるだけだと。

それでも彼女の覚悟は変わりません。

そのままワイヤーを引き飛行船まで一気に登りました。

ところがファルコもガビにしがみつきます。

二人で船内に乗り込みました。

 

船内では、エルディアの兵士たちが勝利で歓喜しています。

物音がし、振り返ったところ、乗り込んだガビを発見。

そして、彼女はすぐさま発砲しました。

球はサシャに命中します。

その後ガビはすぐに取り押さえられますが、サシャには致命傷を与えました。

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

 

ジークはやはり裏切っていた

ガビは押さえられつつも、エルディア勢に罵声を浴びせ続けます。

ガビ

「触るな悪魔!!」

「私達は負けてない!!」

「ジーク戦士長が残した意志は同胞が引き継ぐ!!」

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

ガビは怒り狂い、殺される寸前まで憎悪をむき出しにします。

そんな彼女にジャンは、今からジークに会わせてやると言いました。

ガビは驚愕します。

 

扉を開けると、そこにはエレンやリヴァイたちがいます。

そして煙に包まれた謎の男もいます。

彼はジークでした。

詳しいことは謎ですが、今回の戦争は全てジーク、そしてエレンの作戦だったようです。

そして、作戦は概ね成功したと言います。

ただ、いくつか誤算があったとのことです。

例えば、乗り込んで来たガビとファルコは誤算だと言います。

他にも、戦争で多くの被害や死者が出たことなども誤算だったようです。

いろいろな犠牲を出しつつも、彼の準備が整いました。

ジーク

「だがこうして「始祖の巨人」と「王家の血」を引く巨人が揃った」

「すべての尊い犠牲がエルディアに自由をもたらし必ず報われる」

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

 

そして、致命傷を受けていたサシャの死も確定しました。

諫山 創:「進撃の巨人」105話より引用

 

スポンサーリンク

進撃の巨人105話のネタバレの考察

進撃の巨人105話を読んだ上での考察をまとめてみました!

 

今回の戦争は、ジーク、エレンが引き金?

エルディアの自由のため、ジークが何かをやろうとしていることが今回分かりました。

そして、そのジークの近くにエレンがいることから、エレンがジークに協力したのではないでしょうか。

エレンは一人でマーレに降り、一人で戦争を始め、その後仲間が助けに来ました。

そのときミカサはエレンに「お願い、戻って来て」と言っています。

また、今回リヴァイはエレンを蹴り上げ拘束しました。

作戦の内容というのはまだ謎ですが、リヴァイやミカサ、その他兵団のメンバーが理解できないようなものなのだと思います。

しかし、エレン、ジークは平和のため、突っ走って行動し、戦争を起こしたのだと思われます。

 

ジークの準備完了、サシャの死。物語も後半か?

進撃の巨人の最終目標は、ジークの言っているエルディアの自由かと思われますが、今回、その準備が整ったと言っています。

そして、主要メンバーの一人であるサシャも死亡してしまいました。

今回でエルディアとマーレの戦争も終わり、次の展開に入っていきます。

そうなると、そろそろクライマックスも近いのではないかと思います。

まだ回収されていない伏線も多くありますが、ジークの作戦が完成していくにつれ、謎も溶けていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

進撃の巨人105話のネタバレのまとめ

戦争はエレンたちエルディア勢の勝利となりました。

しかし、ガビは彼らを許すことができず、飛行船を追い続けます。

そして、飛行船に乗り込み、サシャを射殺しました。

ジークの意志を受け継ぐというガビですが、そこで、ジークと対面し、ジークが裏切っていたことを知ります。

今回の戦争でエルディアの自由のためのジークの準備が整ったようです。

 

リヴァイのエレンに対する嫌悪や、過去にミカサがした「戻って来て」というセリフから、エレン、そしてジークが単独で作戦を決行したと考えられます。

また、サシャの死や、ジークの作戦の準備が完了したこと、戦争が終わったことから、物語も後半になり、そろそろ様々な伏線が回収される頃ではないかと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です