【食戟のソーマ】259話ネタバレでえりなが必殺料理を創り上げる!

スポンサーリンク

食戟のソーマ259話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「食戟のソーマ259話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

食戟のソーマ259話ネタバレの要点まとめ

「食戟のソーマ259話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

えりなが必殺料理に取り掛かる!

「神の舌」を持ちながら、未だ仙左衛門に認められる必殺料理を持っていないえりな。

 

創真からの「食戟」という提案に棘のある言い方をしますが、最終的にはそれを受け入れたようです。

創真

「こーゆう方が俺ららしいだろ?」

えりな

「バカねっ」

(附田祐斗・佐伯俊:「食戟のソーマ」259話より引用)

 

えりなは今まで作ってきた食材のうち使えるものを厳選し、創真の必殺料理に勝つための全く新しい一皿を創り出すことを決めます。

(附田祐斗・佐伯俊:「食戟のソーマ」259話より引用)

 

制限時間残り10分の中で、えりなは創真に調理のサポートを指示しながら、怒涛のペースで調理を進めていきます。

 

えりなの必殺料理に必要なもの

今までのえりなでは必殺料理は作れませんでした。

つまり、今までのえりなには無くて、今のえりなにはあるものを見定めなくては、えりなは必殺料理を作ることができません。

 

えりなは今まで自分が辿ってきた道筋を思い出します。

父・薊の言葉や、アリス、田所、仙左衛門、そして創真とのやりとりに、「行き着く先がわかってたら楽しくないだろ」という言葉……。

数々のことが脳裏に過るえりなは、やはり創真をねじ伏せるにはコレしかないと、必殺料理を無事完成させました。

不敵に笑う薊に、自らの必殺料理をサーブするえりな。

果たして、えりなの必殺料理とはどんな品なのでしょうか?

スポンサーリンク

 

食戟のソーマ259話のネタバレ考察

食戟のソーマ259話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

仙左衛門が考えるえりなの必殺料理

えりなは、子どもの頃から、「必殺料理候補」を作っては仙左衛門に認めてもらおうとしていましたが、仙左衛門は今に至るまで、えりなの作ったものを「必殺料理」だとは認めていません。

仙左衛門によると、えりなは神の舌によって作る品どれもが完璧な美味を持つものとなります。

しかしそれは、ある意味ではいずれも必殺料理でありながら、ある意味ではいずれも必殺料理ではないというのです。

 

仙左衛門は、完璧な美味を超えた一皿こそ、えりな自身の顔が見える「必殺料理」だと考えていました。

完璧な美味を超えた皿……

それはつまり、パーフェクトだと思われる司の品を超える皿ということにもなります。

しかし、完璧な美味を超えた皿とは一体どんな皿なのでしょうか?

 

えりなの必殺料理とは?

えりなは「今までの自分には無くて、今の自分には有るもの」こそ、必殺料理を創る鍵だと気づいています。

えりなが薊との再会の後家出して得たものは、創真や極星寮の皆との研鑽の日々です。

えりなも、えりなの周りの料理人たちも、神の舌のジャッジこそがすべて正しいと思い込んでいました。

しかし、創真を始めとした極星寮の皆は、えりなのアドバイスを吸収しながらも、自分で考え、えりなが全く思いつかなかった新たな美味を創り出していました。

 

それに気づいた今のえりなは、料理の無限の可能性を視野に入れることができます。

型破りだから、常識はずれだからと切り捨てることなく、正当派ではないながら全く新しい「美味」の形を提供することが、今のえりなには可能でしょう。

しかし、ただ型破りなだけではえりなの顔が見える必殺料理とは言えません。

 

今までえりなが積み重ねてきたものも、間違いなくえりなという料理人を形作るものです。

つまり、えりなの必殺料理は正統派でありながらもどこか型破りな品ということになるでしょうか。

創真を捩じ伏せる最高の調理、しかもメイン級の創真の品を前菜にしてしまうほどのインパクトを持つ一皿……。

果たしてえりなに創り切ることができたのか、楽しみですね。

 

えりなが創るのはフランス料理?

259話で、調理中のえりなは時折フランス語を交えた台詞を言っています。

これは、えりなの作る品がフランス料理であることを表していると考えられます。

 

創真に作るように指示していた前菜、パテ・ド・カンパーニュもフランス料理ですから、元々えりなはフランス料理のメインを創る予定だったのでしょう。

創真はパテ・ド・カンパーニュをメイン級の代物に改作していますが、元がフランス料理ですから、えりなの必殺料理もフランス料理のままということになるのでしょうか。

 

えりなから創真への信頼

急な調理変更により、10分で必殺料理を創ることを余儀なくされたえりな。

調理途中のもので使える食材があったとはいえ、間に合うかどうかはかなりの賭けだったのではないでしょうか。

 

もちろん、えりなだけでは決して追いつかない作業量だったでしょう。

えりなが残り10分という短い時間にも関わらず、創真との食戟を受け入れ、メイン料理を変更したのには、創真のサポート力が確かなものだと信頼していたという理由もあったのでしょう。

制限時間内に間に合わなければ元も子もありませんからね。

 

前回258話では創真からえりなへの「えりなであれば自分の前菜を超える皿を創れる」という信頼が垣間見えました。

今回はえりなから創真への「創真がいれば自分は必殺料理を創り上げることができる」という信頼が見えた形です。

 

えりなの必殺料理への薊の反応は?

259話で薊は、「創真の酷い前菜の後ではえりなが必殺料理を出そうとどうしようと手遅れだ」とほくそ笑んでいます。

しかし、えりなの必殺料理は、薊からの英才教育に縛られてきた今までのえりなでは決して作れないものになっています。

つまり、えりなの必殺料理への審査は、薊がえりなの成長をどう受け止めるのかということに繋がります。

味の是非のみを語れと歪んだ教育をえりなに押しつけてきた薊。

果たして彼がえりなの必殺料理にどのような感情を抱くのか、注目ですね。

 

食戟のソーマ259話ネタバレのまとめ

食戟のソーマ259話では、えりなが創真との食戟を受け入れ、無事に必殺料理を完成させました。

今までのえりなには無くて、今のえりなには有るものを胸に必殺料理を創り上げたえりな。

果たして彼女の全てが込められた品とはどんな皿なのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)