【MAJOR(メジャー)2nd】149話ネタバレで満塁で回ってきた太鳳の打球はどこへ?

スポンサーリンク

メジャーセカンド149話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

弥生が作った6回表の反撃ムードを潰してしまい失意の底にいた大吾でしたが、最終回の攻撃で先頭のアニータが道塁からヒットを奪ったのを見て、再び闘志を取り戻します。

そこで様々なミラクルが起きます。

「メジャーセカンド149話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

メジャーセカンド149話ネタバレの要点まとめ

「メジャーセカンド149話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

頼みの綱も倒れる

自分と同じように硬式に挑戦しなかったことから見下していた弥生の時と同様、アニータにもいとも簡単にヒットを打たれた道塁は焦りを見せます。

沸く風林ナインでしたが、続く丹波はあっさりと三振に倒れ、風中ナインの期待は左キラー8番・関鳥もキャッチャーの後ろに打ちあげてしまい、キャッチャーフライに倒れます。

(満田拓也「MAJOR2nd」149話より引用)

 

追い詰められるも!?

2アウト1塁と追い詰められた風中は、ラストバッタ―の睦子が打席に立ちます。

粘ってから打った打球はサードの正面。

ゲームセットから思われましたが、まさかの悪送球で出塁し、望みを繋げます。

あとアウト一つの場面で足踏みし焦り始めたバッテリーは、続く千里が仕掛けてきたバントの構えによる揺さぶりに慎重になりすぎ、四球を出してしまいます。

(満田拓也「MAJOR2nd」149話より引用)

 

道塁VS太鳳、再び

2アウト1塁からの満塁。

しかも、塁を埋めているのは全員女子とあって、道塁は焦りやイラ立ちを通り越して、困惑し始めます。

ランナーを全て返せば同点、ホームランで逆転という場面で、打席には前の打席で気迫のヘッドスライディングを見せていた太鳳が立ちます。

(満田拓也「MAJOR2nd」149話より引用)

 

弥生に憎まれ口を叩いてから打席に向かった太鳳のバットから快音が響きますが・・・!?

スポンサーリンク

 

メジャーセカンド149話ネタバレの考察

メジャーセカンド149話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

太鳳が初めての本塁打?

最後に太鳳が上手いスイングで捉えた打球ですが、おそらくアウトでゲームセットにはならないとして、一体何点入る打球となるのでしょうか。

睦子、千里と俊足が1、2塁にいますから、長打となれば一気に走者一掃で同点とすることも可能です。

もし、2点止まりだったとしても、次は弥生が控えています。

ただ、ここまではリトルリーグ編の佐藤光並みの万能戦士っぷりを見せている弥生が、これ以上活躍するといよいよ活躍のバランスがおかしくなってくるようにも思います。

そこで考えられるのが、決勝ではここまでノーヒットで、守備でしか活躍がない太鳳が、親友を助けるため、なにより女子相手に2度も凡退するわけにはいかないと、ホームランを打ってしまうのではないでしょうか。

道塁もかなり動揺していますし、捕手の魚住も冷静なリードが出来なくなってきていますから、柵越えも十分にあり得るのではないでしょうか。

あるいは、太鳳の2点タイムリーで1点差に迫り、弥生は歩かされて、満塁で大吾に回ってくるという展開も考えられます。

 

関鳥がまさかの凡退、睦子もまさかのラッキー

そんな大チャンスが来る前の打順で、準決勝と決勝とそれぞれ左投手からホームランとヒットを奪っている関鳥がまさかまさかのキャッチャーフライに倒れていました。

もしかしたら、「いくら左キラーだからって中学生がそう何度も違うピッチャーからヒットを打てるわけがない」とにらんでいた読者の方も多いのかもしれませんが、完全に見誤っていました。

アウトになるのは丹波と睦子の2人だと思い込んでいましたから、関鳥がフライをあげてしまったのは本当に驚きでした。

そして睦子が前の打席の振り逃げに続いて、ここでもラッキーな出塁を果たすのも意外でした。

リトルの頃から発揮していた高い野球センスで決勝まで必死に風中を引っ張ってくれていましたが、大尾中との決勝では完全に運に左右されて後逸や出塁を果たす選手に甘んじてしまっています。

ただ、大吾のこれまでの活躍に感謝と労いを励ますという女房っぷりを見せ、逆転した場合の大吾のプレーに好影響を与えるはずですから、あながち運だけとも言えないですが……。

それでもやっぱり関鳥の凡退と睦子の出塁は個人的に衝撃が大きかったです。

 

力戦虚しく、風中が負ける?

完全に押せ押せムードで、地区大会優勝の芽が出てきた風林中ですが、本当に県大会に進んでしまうのでしょうか。

大尾中のモロさと、風林中のしぶとさが出ている現状は逆転勝ちを収めそうな雰囲気を出していますが、負けてしまうように思います。

というのも、9人(しかも6人が女子)というギリギリのチーム状況ながらも決勝に進み、シニア4人がいる大尾中相手に食い下がり、さらにはチームに一体感が生まれた今、これ以上現時点で描くべき成長物語がなくなってしまったようにも思えるからです。

大吾自身も力試しの大会だと語っていましたし、県大会に進んでも悲惨なことになるだけにも思います。

 

一方の大尾中側も、傲慢な態度がかなり薄れてきていましたし、もう本当にこの試合が終わればこの大会中で描けることがなくなってしまうように思うのですが、どうでしょう。

ただ道塁に関しては、軟式をやっているハイセンスな女子に対する偏見は大尾中が勝てば治らなそうな気もしますが、それは今回の太鳳の結果と、試合後の会話次第となってきそうです。

県大会でさらなる快進撃を見せられそうもありませんし、勝ち進んで変にあっさり負けるよりも、ここで劇的に敗れた方が物語的にも良いような気もしますが、果たして・・・?
 

スポンサーリンク

 

メジャーセカンド149話ネタバレのまとめ

今回はメジャーセカンド149話のネタバレを紹介しました。

アニータの出塁に沸く風林中でしたが、丹波に続き頼みの左キラー関鳥も倒れるというまさかの事態で崖っぷちに立たされます。

睦子の打球も鈍いサードゴロとなり万事休すかと思われましたが、緊張と勝ちビビりにのまれた相手サードの悪送球によって辛くも望みを繋げます。

さらには千里も四球を選んで2アウト満塁。バッターは女子の中で唯一出塁していない太鳳。上手く捉えた打球の行方はいったい?そして大尾中相手に逆転することができるのか。

父親の茂野吾郎同様に、学生のうちは眉村に勝てない運命にあるのか、それとも中学に上がってちょっぴり性格が歪みはじめてしまっている道塁に灸をすえるのか。

ついにクライマックスが近づいてきた地区大会決勝のゆくえから目が離せません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)