【MAJOR2nd】134話ネタバレで満塁弾で勝負あり!次戦は英邦…じゃない?

スポンサーリンク

メジャーセカンド134話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

柳川中との準決勝の終盤、同点ソロホームランと満塁ホームランによって1イニングで逆転することに成功した風中。

大会前は考えてもみなかった決勝進出を果たしますが、次の試合に備える風中ナインにさらなる不思議が重なります。

「メジャーセカンド134話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

メジャーセカンド134話ネタバレの要点まとめ

 

準決勝第1試合、決着!

対左投手に強い左バッターという不思議な特性を持っていた関鳥の満塁ホームランで、1イニングで1点ビハインドから逆転に成功した風中。

柳川中最後の7回表の攻撃も先発の睦子がしっかりと締め、勝利に沸く風中ナイン。

 

試合序盤のアクシデントや試合中の不和も吹き飛ばし、ついに午後からの地区大会決勝にコマを進めます。


(満田拓也「MAJOR2nd」134話より引用)

 

英邦との対面に違和感

試合を終えてベンチから引きあげていく風中ナインは、通路で準決勝第2試合を行う英邦中野球部と対面します。

 

敵意むき出しで来るかと思いきや、意外にフレンドリーかつ紳士的な対応をを見せる英邦野球部監督。

風中の勝利を称え、自分たちも健闘を誓ったスポーツマンシップ溢れる対応だったにも関わらず、大吾はどこか面食らった表情。

 

女子メンバーも安堵と不安の混ざった複雑な感覚を抱きます。


(満田拓也「MAJOR2nd」134話より引用)

 

決勝は意外な組み合わせに?

昼食を取りながら、決勝戦の対戦相手となるであろう大会優勝候補の英邦中の試合を観戦する女子メンバーと丹波。

 

観戦席を離れた仁科と大吾は、決勝に向けてピッチング練習に臨みます。

睦子の連投を避けつつ仁科と千里という2枚の投手を確立したい大吾は、仁科に変化球を覚えるよう促します。

 

相手を打ち取る変化球ではなく、仁科の持ち味であるノビのあるストレートを活かすための変化球を即興で習得すべく色々な変化球を仁科に試投させます。


(満田拓也「MAJOR2nd」134話より引用)

 

一方、球場内では風中女子たちが目前で繰り広げられる光景に戸惑っていました。

異常事態を知らせるべく大吾の元へ走ってきた睦子が話したのは、次戦の相手と目された優勝候補英邦の予想外の劣勢でした。

スポンサーリンク

 

メジャーセカンド134話 ネタバレの考察

メジャーセカンド134話を読んだうえでの考察をまとめておきます。

 

野球好きの好奇心をくすぐる関鳥の不思議な特性

先週判明した関鳥が左キラーだったという情報に、読者一同ざわめいているご様子。

 

投手の利き腕とバッターボックスが同じだと、リリースを含めた球筋が見えづらく、大抵は苦手とするものなのですが、関鳥はむしろ左投手の球しか打てない稀有な体質のようです。

そこで気になったのが、左投手を得意とする左バッターって本当にいるの? です。

 

漫画の感想・考察に実際の情報やセオリーを持ち込むのも無粋な気もしましたが、気になって仕方がなかったので参考までに調べてみました。

パ・リーグでは西武ライオンズの秋山翔吾選手が、セ・リーグではヤクルトの坂口智隆選手が、それぞれ左打者ながら対左投手で好成績を残しているようです。

 

しかも両者ともに昨年のシーズン打率よりも対左投手打率の方が高かったという正真正銘の左キラーです。

ただ、秋山はシーズン歴代最多安打記録の保持者ですし、坂口も高い出塁率を誇るリードオフマンとして長年活躍してきた選手ですから、そもそものバッティング能力が尋常じゃなく高いために投手の利き腕は関係ないとも見れますが…。

関鳥のような「左投手にだけ強い左打者」というピンポイント左キラーはやはりかなり珍しいでしょう。

今後の起用方法がかなり気になります。

 

右投手の時は右で打つスイッチヒッターになったりもするのでしょうか?

 

英邦は2軍メンバーだった?

驚きの快進撃で決勝にコマを進めた風中でしたが、ここまで引っ張り続けた肝心の優勝候補英邦が負けそうらしいですね。

スコアやイニングは不明ですが、観戦組の唖然とした表情、そして睦子の慌てようから察するに、終盤で大量リードを許したままなのではないでしょうか。

 

よくある展開と片付けるのは簡単ですが、ここは落ち着いて考えてみましょう。

まず、英邦はベストメンバーではなかったか、ノーマークの押尾は大吾も見逃していた逸材を隠し持っていたかのどちらかでしょうか。

 

そこから考えられる次の展開は、本命で英邦の1軍メンバーが途中から参加して試合をひっくり返す展開、対抗で英邦が2軍のまま逆転して2軍のまま決勝に臨み、大穴でダークホース押尾、といったところでしょうか。

漫画のセオリーでしか次の展開を予想できないことが歯痒いです。

 

仁科が覚える変化球は?

野球漫画の中では特に珍しくもないですが、ことメジャーに関しては極端に数が少ない変化球取得シーン。

打ち取るためではなく、見せ球にして揺さぶるのが目的のようなので、今回の大吾の股間直撃シーンのように、取得後しばらくはギャグシーンの肥やしとして変化球が使われそうです。

 

そしてどんな変化球にするのでしょうか。

おそらくですが、横の変化球ではあらぬ方向に行く危険性があるため、多少難易度が高くてもフォークのような縦の変化、あるいはチェンジアップ系で緩急をつけるのではないでしょうか。

ただ、これだと前作の主人公・茂野吾郎と同じ流れになってしまいますが……。

 

メジャーセカンド134話 ネタバレのまとめ

今回はメジャーセカンド134話のネタバレを紹介しました。

大会前のゴタゴタはどこへやら、目の前の困難に一つ一つ対処している間にあれよこれよと決勝まで辿り着く健闘を見せる風林中野球部。

エースに成長した睦子、リリーフの千里、エース候補の仁科、実は左キラーだった関鳥にと、実力者の弥生や太鳳に加えて着々と戦力も整ってきた風中にさらなる戦力増強を促すため、仁科に変化球を取得させようとする大吾。

そこへ飛び込んだ英邦苦戦の報。

 

仁科の変化球は間に合うのか、そして次戦の相手は英邦と押尾のどちらになるのか。

予想通り決勝に進んだものの、この先の展開は予想以上に混沌としたものになりそうですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です