【カイジ】282話のネタバレでチャン「幸福とは現状維持」と一瞬だけ悟る

スポンサーリンク

カイジ282話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

チャンは紆余曲折あったもののコインロッカーに到着。

コインロッカーの中に6億円はまだあるのか?

コインロッカーの周囲は日常の風景のままです。

しかし、チャンはコインロッカーの前で逡巡します。

すでに空けられいるのか?

そして……

カイジ282話のネタバレ要点をサクッと知りたいあなたはこちらからどうぞ!

 

カイジ282話ネタバレの要点のまとめ

チャンはコインロッカーに到着するも、チャンはコインロッカーをすぐに開けることがでません。

6億円は無事コインロッカーの中にあるのか?

チャンは「大丈夫」と自分に暗示をかけるかのように繰り返すのです。

 

チャン、コインロッカーの前で迷う

チャンは「大丈夫」と心の中で繰り返しながら、なぜ大丈夫なのかの理由、理屈を求めで思索します。


「福本伸行「カイジ」第282話より引用」

自分を安心させるための理論を構築していきます。

大丈夫な根拠――

まず、6億円が発見されているとすれば、大騒ぎになるはずとチャンは考えます。

 

であれば、事件でありコインロッカー周辺は警官が立ち、立ち入り禁止になっているはず。

であれば、普通にコインロッカーを開けることの出来る状況は、セーフということではとチャンは思います。

 

しかし――

爆弾ではなく、現金の場合、警察はそこまで大騒ぎをしないのではないか?

そのような思いもチャンの胸の内に浮かび上がってくるのです。

チャンは神に祈り、コインロッカーの中に100円玉を投入します。

錯綜する思い、迷いを振り切り、チャンはコインロッカーを開ける決心をしたのでした。

 

そのころカイジとマリオは?

その頃、カイジとマリオは栃木県内のボロ空き家で、チャンを待ち続けていました。

 

マリオは押しつぶされそうな不安を口にします。


「福本伸行「カイジ」第282話より引用」

しかし、カイジとマリオには何もできません。

カイジはただ淡々と事実だけを語ります。

現在、コインロッカーの使用期限の三日目の昼です。

その日からプラス1日が深刻だとカイジは断言します。

その場合、チャンが6億円を失っている可能性があること。

カイジは淡々とその可能性を口にするのでした。

 

果たしてコインロッカーの中は?

そして場面はコインロッカー前のチャンに――

チャンは「ハァハァ」と荒い呼気を吐き、コインロッカーを開けます。

 

しかし目を開いて現実を見ることができません。

目をつぶったまま、コインロッカーを少しだけ開けるのです。

チャンは歯を食いしばり、コインロッカーを全開します。

 

そこには、6億円の入ったバッグがありました。


「福本伸行「カイジ」第282話より引用」

チャンは神様に感謝しながら、バッグの中を確認します。

そこには札束がびっしり詰まっていました。

6億円は無事だったのです。

チャンはかばんを抱きしめ、神に感謝をするのでした。

 

なぜ、コインロッカーの中の6億円は無事だったのか?

コインロッカーの使用期限は確かに3日間です。

しかし、駅側がコインロッカーの中を確認するのは3日目が完全にすぎた4日目というのが一般的という解説。

つまり、チャンは駅側が開錠する前に十分に間に合っていたということになります。

 

幸福とは現状維持!

6億円を回収し、駅を出るチャン。

そして、目の前の地方のありふれた駅前の光景に感動します。

目に映る全ての物が光り輝き、チャンを祝福しているかのような思いにかられます。

 

そして、チャンは悟るのです――

今、すべて分かった! 幸せとは 幸福とは 現状維持!


「福本伸行「カイジ」第282話より引用」

命がけで6億円を手にしている時点で「現状維持」もへったくれもないのですが、チャンはその悟りに至ります。

チャンは母を思い、家族を思います。

失わぬことこそが幸せであるという思いを抱き駅前に立つのです。

 

全く持って甘っちょろい考えです。

おまえらひょっとして生きてるってことは心臓や肺が動くことと勘違いしてるんじゃねぇのか…?

「福本伸行「賭博黙示録カイジ」より引用」

現状維持が幸せなわけがありません。

現状維持が幸せであるならば、なぜ命をかけてまでギャンブルをするのかということです。

 

チャン、カイジとマリオの下に向かう

カイジ世界はそんなに甘くありません。

チャンもそのことを悟ります。

 

現状維持が幸せなど、今までの苦労と喜びから来た一瞬の気の迷いにすぎないことです。


「福本伸行「カイジ」第282話より引用」

チャンもそれに気づき、気合を入れなおします。

そして、チャンはカイジとマリオの待つ場所へ向かいます。

しかし、「家に帰るまでが遠足です」という煽り文句の通り、カイジの世界ではこの先何があるか分からないのです。

 

スポンサーリンク

カイジ282話ネタバレの考察

紆余曲折、錯綜する様々なことがありましたが、チャンは無事6億円を回収できました。

そして、カイジとマリオの待つ空き家に向かいます。

しかし、ここまで、トラブルはあったにせよ、結果的に致命傷にはなっていません。

果たして、6億円を回収したチャンは、何事もなくカイジとマリオの下に帰還することができるのか?

まだまだひと波乱ありそうな予感です。

スポンサーリンク

 
 

カイジ282話ネタバレのまとめ

チャンはコインロッカーから6億円の回収に成功しました。

その喜びと、広島からコインロッカーに至るまでの道のりを考え「幸福とは現状維持」という悟りに達しそうになります。

しかし、それは一瞬の気の迷いです。

カイジ世界にそのような愚昧な思想が入り込む余地などあるわけありません。

そして、これからも現状維持などはありえず、おそらくチャン――

もしかすると、チャンの帰還を待つカイジたちに何かあるかもしれません。

まだまだ、カイジたちは24億円を完全に手にしたわけではないのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です