【カイジ】291話のネタバレで坂崎のおっちゃんへ拷問開始!しかし、そのとき……

スポンサーリンク

カイジ291話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

遠藤が率いる帝愛のカイジ捜索チームに拉致された坂崎のおっちゃん。

遠藤はカイジに車を手配したのは、おっちゃんであると断定。

一方、おっちゃんはそんなことはしていません。

が、カイジから1億800万円のお礼のお金をもらっているのです。

下手なことは口にできないおっちゃんはシラを切り通すつもりでしたが、さすがに帝愛は甘くありません。

爪の間に鋭い針を突き刺して行く拷問開始です。

通称「血のマニキュア」――

嬉々として拷問を始めようとする遠藤。

泣き叫ぶおっちゃん。

そのとき、1本の電話が事務所になるのでした。

 

カイジ291話ネタバレの要点のまとめ

帝愛の黒服たちに、押さえつけられ身動きのとれなくなった坂崎のおっちゃん。

遠藤に止めてくれと懇願しますが―ー

どう考えても無理。

遠藤は拷問開始前の最後質問をします。

カイジに買い与えた車の車種、色についてです。

しかし、おっちゃんは全く関与してませんので答えることなどできるわけがありません。

 

遠藤、すごく楽しそうに拷問開始!

おっちゃんは指をガードするため、拳を握っています。

遠藤は容赦なく、そこに重そうな灰皿を叩きつけます。

たまらず、手のひらを開くおっちゃん。

遠藤はそのタイミングを逃さず、拷問具をセットします。

手馴れたものです。

遠藤は自分はサドでも拷問マニアでもなく、「こんなことは心からやりたくない」と言います。

しかし、拷問具を装着するその顔は、すごく楽しそうです。


福本伸行「カイジ」第291話より引用

役目だか仕方ないなといいなからも、ウキウキしながら、拷問具をセットする遠藤。

このようなメンタリティの持ち主でなければ、帝愛のカイジ捜索チームを率いることなどできないでしょう。

 

指1本1000万円!耐えるんだ!

坂崎のおっちゃんは泣き叫んで、止めてと懇願するしかありません。

しかし、遠藤はお前しかいないだろと、決め付けて聞く耳などもってくれません。

おっちゃんにとっては、本当に身に覚えのないことなのですから、いくら拷問されても車のことは言えません。

遠藤は痛い目を見て話すか、痛い目を見る前に話すかの違いだといいます。

坂崎のおっちゃんに拷問に耐える根性などないと言い切ります。

話そうにも本当にカイジの車の件には全く関係ないおっちゃん。

話せるはずがないのです。

しかし、カイジからもらった1億800万円のことがあります。

このことだけは、帝愛に知られてはいけないとおっちゃんは決意するのです。

指は全部で10本(手の指だけなら)とおっちゃんは思います。

つまり1本1000万円と思えば耐えられると意を決して拷問に挑もうとするのです。


福本伸行「カイジ」第291話より引用

「絶対・・ゲロせんぞっ」とおっちゃんが覚悟を決めます。

と、そのとき事務所に電話が鳴り響くのでした。

 

カイジ情報ヒット!

坂崎のおっちゃんの爪に、針が食い込もうとするその瞬間でした。

事務所の電話が鳴ります。

遠藤は「出ろ」と黒服に指示、拷問をそのまま続行しようとしますが……

電話を受けた黒服が「ええっ!? え!?」と大きな声を上げます。

全員の視線がその黒服に集まりました。


福本伸行「カイジ」第291話より引用

遠藤も拷問の手を止め、電話の方を振り返ります。

その電話は、カイジたちがレンタカーを借りたという知らせだったのです。

カイジ情報が5日目にしてヒットしたのでした。

 

沸き立つ、帝愛カイジ捜索チーム!そして……

カイジは、隠れていた場所の最寄り駅のある志野市のレンタカー屋で「黒のエスティマ」借りたのです。

免許をもっているチャンが借りたという情報が入ってきました。

「本当か?」と確認する遠藤。

黒服の「はい」という返事に、カイジ捜索チームは沸き立ちます。

気の早い黒服が「おめでとうございます」を連呼。

遠藤は情報に従い、全国の兵隊(債務者)にマークすべきは「黒のエスティマ」と連絡するように指示。

そして、志野市を中心に東日本をマークしろと命令します。

そして、カイジ捕獲チームの構成を命じるのでした。

そして、ふと気づくと……

涙目の坂崎のおっちゃんが遠藤を見つめているのでした。


福本伸行「カイジ」第291話より引用

遠藤は気まずそうに視線をそらし、黒服たちにおっちゃんを解放するように指図します。

 

お前の「いかがわしい人相」が悪い!

遠藤は、黙っておっちゃんの指から拷問具を外します。

そして、パンパンと身体を叩き、くるっとおっちゃんの身体を反転させるのでした。

お互い無言です。

そして、言います。

「釈放!」

すかさず、おっちゃんも「こらぁ!」と突っ込みます。

拉致!拘束!暴力!そして、あわやの拷問です。

坂崎のおっちゃんは「非道」といいますが、もう明らかに刑事事件案件です。

しかし、遠藤はそんな突っ込みは受け付けません。

遠藤は坂崎のおっちゃんの何か隠してそうな素振。

そして長年培ったいかがわしい人相が悪く、誰でも誤解するときっぱりと言い切ります。

 

罪悪感など微塵も感じさせないスカッとした言葉です。

とにかく、もうおっちゃんには用なしです。

遠藤はおっちゃんをさっさと追い出します。

おっちゃんも、腹は立つものの、1億800万円を守りきったことでホッとするのでした。

 

一方、カイジたちは……

足取りを帝愛に補足されたカイジたち。

カイジはレンタカー「黒のエスティマ」をタワーパーキングに駐車するのでした。

マリオは「せっかく借りた車をどうして駐車場にいれるのか?」とカイジに訊きます。

マリオは「テキパキ動かないと危険ではないか」とカイジに言います。

マリオの話では、大金はまだコインロッカーの中にあるようです。

カイジはマリオに答えます。

いろいろ考えた結果、レンタカーを借りるのはヤバイと思うと――

それに対し、マリオは今更何を言っているのかと反論します。

それに対し、カイジは言います。

あの黒のエスティマは囮であると……


福本伸行「カイジ」第291話より引用

果たしてカイジはなにを考えているのか……

その考えは帝愛の裏をかくことができるのか?

 

スポンサーリンク

カイジ291話ネタバレの考察

カイジ291話を読んだ上での感想です。

 

結構、遠藤頼りないんじゃ……

とりあえず、坂崎のおっちゃんは、間一髪入ったカイジ情報で助かりました。

遠藤がみせた勘は、大きく外れ、坂崎のおっちゃんは「釈放」の一言で謝罪もなく解放。

本来であれば、刑事事件になりかねない帝愛の行動に対し、おっちゃんも警察に訴えることはできません。

下手に動いて1億800万円のことが表に出てしまっては、元も子とありません。

そう考えると、釈放といったときに「警察」の話がでなかったことを遠藤はもう少し疑うべきだったかもしれません。

車の件は別として、「警察」にいえないことを隠している可能性を感じるべきだったのではと思うわけです。

案外、遠藤は頼りない感じです。

 

カイジの考えはいったい?

一方で、カイジはレンタカーを使わずにすぐに駐車場にいれてしまいます。

しかもタワー駐車場ですので発見率は非常に低くなります。

黒のエスティマは囮だと言ったカイジ。

では、この先どうするのか?

レンタカーは危険という考えであれば、レンタカー以外で車を入手するのか?

それとも、複数のレンタカー会社から車を借りまくって、煙幕をはってしまうのか?

もうひとつは、いらなくなった車を入手する方法です。

チャンが車を捨てたように、無断で車を廃棄する人もいるでしょう。

そのような人間を見つけて車を入手する。

または、お金はいくらでもあるのですから、タクシーを利用しまくるという手段もあるはずです。

さて、カイジはどのような手段にでるのでしょうか?
 

スポンサーリンク

 

カイジ291話ネタバレのまとめ

カイジ291話のネタバレ&考察をお届けしました。

遠藤はすばやく指示を与え、カイジ包囲網を作り、捕獲チームの編成を命じますが、カイジにも秘策があるようです。

レンタカーを囮としたカイジは、果たしてこの後どんな行動にでるのでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)