【ゴールデンカムイ】最強キャラは誰?強さランキングベスト10!

スポンサーリンク

 

週刊ヤングジャンプで連載中の「ゴールデンカムイ」は、2018年4月からアニメ放送が始まるなど大注目の漫画作品です!

ゴールデンカムイでは、主人公の“不死身”の杉元佐一を含め、たくさんのユニークで強敵なキャラクターが登場しています。

最新刊12巻までに、ゴールデンカムイに登場したキャラクターの中では誰が1番強いのでしょうか。

今回は「最強キャラは誰?強さランキングベスト10!」を独断と偏見で作成してみましたので、ご紹介します。

 

ゴールデンカムイ最強キャラランキングベスト10!

 

10位 谷垣源次郎

大日本帝国陸軍第七師団一等兵で、秋田県出身のマタギでもある谷垣源次郎。

逞しい筋肉の身体を持っており、培ってきた判断力や技術が垣間みられます。

兵士として、またマタギとしての生き方に悩みながらも、恩義を大切にし、仁義を立てるキャラクターとしても描かれています。

ただ、作中では、襲われたり怪我をしたりと、いまいち活躍という活躍をしていないように見えます。

 

9位 アシㇼパ

主人公・杉元佐一と行動をともにするアイヌ民族の少女であるアシㇼパ。

まだ子どもであり戦闘力には欠けていますが、アイヌに伝わる知恵・知識を心得ているため、山などの自然界で生きる術を持っています。

また、勇敢で、何事にも果敢に挑んていく強い女の子です。

矢じりの先端にアイヌの毒を塗った弓と矢を使用しており、この毒は解毒剤がないため、上手く当たれば効果はてきめんです。

弓矢のほか、アイヌに伝わる小刀や山刀を装備しています。

 

8位 鶴見中尉

陸軍最強と言われた、北海道を本拠とした大日本帝国陸軍第七師団の中尉である鶴見。

実際にどれだけ強いかは不明な点が多いですが、多大な犠牲を払った戦いにおいて勝利を導いた人物でもあります。

奇抜であったり残忍の発言が多く見られますが、北海道に軍事政権を作り、戦争に関わった者たちを窮地から救うために策謀をたてています。

そのような背景から、部下からの信頼があつく、巧みな言葉使いで人を使うことで策謀を達成させようとします。

頭脳派の強さが際立つキャラクターといえます。

 

7位 二瓶鉄造

一人で200頭以上ものクマを仕留めてきたという猟師の二瓶鉄造。

入れ墨を持つ脱獄囚の一人。

クマの習性を知り尽くしており、ものすごい「熊撃ち」として知られていました。

リュウという名のクマも恐れないように育てられたアイヌ犬と一緒に行動しています。

予備の弾を使わず一発で獲物を捕らえることをモットーとしており、一昔前の一発ずつしか弾が入らない単発式の村田銃を使い続けています。

ヒグマと相対した時も予備の弾を出さずに1発で仕留めていました。

獲物への執着が異常に強く強靭な精神力を持っています。

 

6位 白石由竹

「脱獄王」という異名を持つ、脱走の達人である白石由竹。

強さというか、生き抜く巧みさを持ったキャラクターといえます。

入れ墨を持つ脱獄囚の一人。

関節を簡単自由に脱臼させることができる柔軟な特異身体と技術を持っています。

身体に忍ばせた小細工を駆使して、どこからも脱獄します。

この才能と技術は少年期より培ってきており、歯茎の隙間や喉、衣類の中など、身体の至るところにカミソリや釘などを隠してます。

用意周到なところもありますが、調子に乗りやすい性格で、思慮が浅いと思われる場面も多くみられます。

そのため、間抜けな人物という印象もあるキャラクターです。

スポンサーリンク

 

5位 尾形百之助

鶴見中尉率いる陸軍最強と謳われた北海道第7師団所属の上等兵でしたが、部隊に造反して逃亡。

主人公である杉本佐一と同行を共にするようになります。

幼少期からの家族問題により、表情が乏しく、心内がわかりにくいキャラクターです。

強さの秘訣は、300m以内ならば確実に標的を狙い打ちすることができる狙撃手としての技術力です。

動きの早いヤマシギを小銃で仕留めたり、エゾシカを二頭を弾を貫通させて一度に仕留めたり、狙撃手としての腕前と技術は一番といえます。

 

4位 牛山辰馬

無敗の柔道家として名を馳せていた「不敗の牛山」こと牛山辰馬。

見た目も強靭な肉体を持つ屈強な男です。

入れ墨を持つ脱獄囚の一人。

何の武器を使わずに、足を使って暴れ馬を転倒させたり、素手でヒグマを投げ飛ばしたり、凄まじい力を持っています。

額の皮膚は修練により一部が異常に硬くなっており、はんぺんのような四角いタコがあります。

精力も強く、定期的に性交を持たないと暴走することもあるので要注意のキャラクターです。

 

3位 杉元佐一

「不死身の杉本」こと主人公の杉元佐一は、元・大日本帝国陸軍第一師団一等卒特別支援隊隊員。

戦闘力もさながら、生き抜くという強い信念のもとピンチの時に強運を引き寄せるのも強さの秘訣です。

初めてあったアシㇼパにも「勇気と戦いの才能がある優秀な戦士」と言わせています。

顔から身体全体に残る数々の傷跡は戦場をくぐり抜けてきた証拠であり、誰もが驚くような驚異的な回復力も持っています。

帝国陸軍に従事していた時より使用していた軍帽のほか、歩兵銃や拳銃、弾薬盒、肥後守など兵士一般の装備一式をいまも携行しています。

 

2位 永倉新八

元・新選組で「最強の剣士」とも謳われていた永倉新八。

ガムシンとも呼ばれています。

明治期になってからは剣術師範として従事しており、看守に剣術を指導するために樺戸集治監を訪れた際に、かつての志士である土方歳三と再会します。

土方の脱獄を聞いた後は土方のもとに帰参し、資金や銃などを提供して行動を共にする同士に戻ります。

普段は穏やかで落ち着いた仙人のような雰囲気を持った老人に見えます。

しかし、新撰組最強と言われた剣術は健在しており、彼の奥義である「龍飛剣」も登場。

複数の敵にに囲まれようが、瞬時に相手を斬り捨てながら一切の反撃を許さない、とんでもない老人です。

 

1位 土方歳三


「鬼の副長」こと旧幕府軍、元・新撰組副長の土方歳三。

入れ墨を持つ脱獄囚の一人です。

素性を隠して政治犯として収監されていましたが、移送の際に屯田兵から軍刀を奪い取り脱獄に成功します。

銀白色の長髪に顎髭という風貌を持つ老人として描かれているますが、周りの若者に圧倒するほどの高い身体能力と技術力、そして精神的を持っています。

盗撮力や眼力、オーラの強さも含めて、経験が培ってきた力は底知れないキャラクターといえるでしょう。

ウィンチェスターM1892と、取り戻した愛刀の和泉守兼定を装備しています。

 

まとめ

以上「ゴールデンカムイの最強ランキング」をご紹介しました。

いかがだったでしょうか?

生き残りをかけた戦いをしているので、今回のランキングは、生存力を含めて考えてみました。

ゴールデンカムイには、謎が多く残されたキャラクターを多くいるので、今後さらに強いキャラが登場するかもしれませんね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)