【ハイキュー!!】308話のネタバレで続くラリー!!攻めあぐねる烏の攻撃!!

スポンサーリンク

ハイキュー!!308話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

前回のハイキュー!!では第2セットに入り烏野高校が善戦して、リードを広げています。

試合を観戦している多くの人が音駒高校が烏野高校の攻撃を耐えて、粘っていると言う構図に見えています。

しかし、実際は烏野高校も攻撃として常にジャンプしていることからも、かなり体力を使い粘り強く攻撃をしています。

果たして、烏野高校はさらなるリードを重ねることができるのでしょうか。

「ハイキュー!!308話のネタバレ要点をサクッと知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハイキュー!!308話のネタバレの要点まとめ

「ハイキュー!!308話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

苦しいラリー戦

今回のハイキューでは烏野高校の怒涛の攻撃をなんとか音駒高校が拾い上げたところから始まります。

 

音駒高校は山本がボールを拾い、なんとか返しました。

ナレーション

「ラリーは苦しい 足は重く呼吸は追いつかなくなってくる」

「でも知っている」

「お前らがもっと苦しいのを知っているぞ」


「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

山本が返したボールは上に上がって烏野高校側に返りました。

それを必死に追いかける烏野高校のメンバー。

 

全員が汗だくになり、体力も減ってきています。

ナレーション

「この一本だけ助走でジャンプで手を抜くのは簡単だ」

「俺一人が攻撃に参加しなくたって他の誰かが打つ」

「でもそうすれば次こそ音駒は完璧に拾うだろう」

「時として一番辛く見える道が一番楽な道」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

烏野高校は苦しくなりながらも、全員が必死にボールを拾って、全員でシンクロ攻撃を仕掛けます。

東峰、澤村、日向、田中が飛び、音駒高校もリエーフらがブロックに飛びます。

セッターである影山は、シンクロ攻撃で今回は田中を使い、田中が強力なスパイクを打ちこみました。

音駒高校は必死にリベロの夜久が拾いますが繋がりません。

 

こうして再び烏野高校にポイントが入ります。

実況

「レフトから強烈な一発田中龍之介―!!!」

「追いすがる音駒を一刀両断―!!!」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

田中はポイントを決めた喜びと疲れが爆発して叫びます。

 

そして、監督と胸をぶつけ合って喜びあいます。

実況

「いやーしんどい(笑)しんどいラリーでしたね 烏野よく打った!」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

田中は疲労がピークに達していて、5セット目のような錯覚に陥ります。

 

隣にいた東峰も、「それなら5セット目だ」と目をうつろにしながら、ボーっとして答えます。

日向

「まだ2セット目の最初です!もっと試合やれますよ!!」

影山

「先は長いっすね」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

一方で、主将である澤村は改めて音駒高校と現在戦っていることと、その音駒高校の強さを実感します。

澤村

「わかってるつもりなのに毎回思い知らされる」

「「絶対取れない」って絶望するようなスパイクやサーブが飛んでくるわけじゃないのに気付くと追い込まれてる」

「そうだこれが音駒だったと」


「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

 

突き放す烏野!!

試合が再開し、今度は烏野高校の影山のサーブの番が回ってきます。

第2セットでは初めて東峰がサービスエースを決めたことからも影山は気合が入っており、渾身のサーブを打ち込みます。

 

するとコートギリギリのサーブを打ち込み、強烈なノータッチエースを決めます。

実況

「なんというコース」

「影山飛雄本日一本目のサービスエース!!!」

「サイドラインの上でしたね今 これは取れない(笑)」

「影山君調子出てきましたねえ」


「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

音駒高校側も、さすがに影山の強力でコースも的確なサーブは取れずにタジタジの中、日向は影山の活躍に嫉妬します。

こうして現在烏野高校が9ポイント、音駒高校が6ポイントになりました。

 

これで音駒高校は、流れを切るためにも1回目のタイムアウトに入ります。

タイムアウト時に音駒高校の主将である黒尾は、チームを盛り上げるためにチームに話しかけます。

黒尾

「何なんだよ烏野ちょっとくらい攻撃サボれよ「ごめん悪いけどレフトがんばって」ってなれよ」

「うちの研磨くんみたいにとりあえずアンダーでレフトに上げたりしろよ」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

 

この言葉に孤爪研磨は、一言、他のメンバーに語りかけました。

研磨

「・・・でもちゃんと疲れてきてるよ」

「無限の体力なんて無い」

「まあそれはおれ達も同じだけど」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

こうしてタイムアウトが開け、再び烏野高校の影山のサーブから試合が始まります。

 

影山のサーブは今度変化して、音駒高校はなんとか返球するだけになり、チャンスボールに!!

実況

「こォれもキョ―レツゥ!!音駒返すだけ!」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

しかし、ラストに任された研磨はレシーブをネット際に落とすことに成功して、烏野高校の不意を突きます。

烏野高校側は一瞬不意をつかれて体が固まりかけますが、日向が反応して拾い上げました。

 

そこから烏野高校は田中がスパイクを打ちますが、ワンタッチされてしまいます。

そして、音駒も攻撃に入ろうとします。

日向

「この試合すっげー疲れる けど」

「とぶのはおれにとって別腹です!!!」

「古館春一「ハイキュー」第308話より引用」

こうして日向がブロックに入って、ボールを止めたところで今回のハイキュー!!は終わります。

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!308話のネタバレの考察

ハイキュー!!308話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

体力は全員持つのか!?

今回のハイキュー!!では、まだ2セット目でありながらも、ラリーが非常に長いです。

そのため、両高ともに疲労が著しく、多くの者が「バテバテ」の状態です。

特に、ここまで大きくポイントに貢献しており、シンクロ攻撃に参加している田中と東峰は、5セット目をやっている気分になっています。

 

ここで問題になってくるのが、「ラストまで体力が持つのかということ!!」です。

体力がなくなればそれだけミスも多くなり、怪我にもつながってきます。

どちらの学校もかなり体力のピークではありますが、攻撃側でジャンプしている烏野高校はここからは体力の勝負になることでしょう。

 

今後の展開とは!?

今回のハイキュー!!では、烏野高校がさらにせめてポイント差を3点にしています。

しかし、このまますんなり第2セットを取れるほど甘くないことからも、次回あたりは音駒高校の反撃があるでしょう。

また、音駒高校では未だあまり目立っていない選手も多いことから、これまで活躍してこなかったキャラクターにスポットが当たることも大いにあり得ます。

 

スポンサーリンク

 

ハイキュー!!308話ネタバレのまとめ

今回はハイキュー!!の308話のネタバレ記事を紹介しました。

接戦が続いていた試合に少しずつ烏野高校が押してきました。

しかし、これがいつまで持つのかが心配の種でもあります。

また個人的な心配ですが、今回のジャンプでのハイキュー!!の掲載順が後ろの方だったのが人気が無いということなのか……、少し気になります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)