【ハイキュー】289話のネタバレで日向の完璧なファーストタッチ!!最後のデュース!?

スポンサーリンク

 

ハイキュー289話のネタバレの要点をこちらにまとめました。

「ハイキュー289話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

ハイキュー289話のネタバレの要点まとめ

「ハイキュー289話のポイントを押さえて内容を知りたい」というあなたはこちらからどうぞ!

 

烏野高校のマッチポイント

今回のハイキュー289話は、烏野高校のマッチポイントで日向のサーブから始まります。

 

稲荷崎高校は、日向のサーブを難なくレシーブし、攻撃に移ります。

宮治

「いちいち1年坊主共にテンション上げよって なぁにが高校№1セッターじゃ」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

宮治は、双子の宮侑に文句を想いながら飛びます。

 

その一方セッターである宮侑は

宮侑

「ああ贅沢やなあ」

「『俺に寄越せ』という圧『絶対に決めたる』と思とる奴の殺気 最高やわ」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

と思いながら宮治を囮に使います。

 

そして、あっさりとポイントを決める稲荷崎高校!!

これでまたお互いデュースにもつれ込みます。

 

現在、烏野高校も稲荷崎高校も28点です。

実況

「宮兄弟の速攻は、打数自体はそれほど多く無いんですが、印象的に使いますねえ」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

烏野高校も稲荷崎高校も、極限状態の中、試合を続け30点の大台に入ります。

30点台に入るということで会場もうわさがやみません。

実況

「こぉれも上げた稲荷崎 ブロックも本当に粘り強い・・・!」

「ひとつ何かの拍子でぷっつりと途切れてしまいそうな緊張 しかしそれを切らせない互いに凄まじい集中・・・!!」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

30点同士のデュース

稲荷崎高校の尾白アランがポイントを決めたことで、烏野高校と稲荷崎高校の両校は、30点のデュースになりました。


「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

実況

「これは高い 尾白アランー!!!」

 

烏野高校の背中を掴んで離さない稲荷崎高校に、東京体育館はどよめきます!!

 

そして、ローテーションが回ったことで宮治が後衛になりました。

このため宮兄弟の速攻はありません。

 

そして、30点同士のデュースから宮治がサーブを打って、試合が始まります。

宮治の強烈なサーブを東峰はなんとか拾いますが、ネット付近にボールが上がってしまいます。

 

そのままネットを越えてしまいそうなボールですが、コートにいる全員が影山に対してあることを思います。

宮治

「けど、影山は上げよるぞ」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

コート上の選手全員が身構えている中、影山はかろやかにツーアタックを決めます。

実況

「なんっというっ大胆不敵か 1年生影山飛雄―ッ!!!」

「それにしても烏野は終始全員が攻撃に入ってきますね!」

「全員の攻撃意識の高さ ひとつ烏野の強さの根源でもありますが」

「相当のスタミナと気力が必要と思われます」


「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

この影山のツーアタック攻撃により、またもや烏野高校のマッチポイントになります。

全員が気を張ります。

 

そして、次のサーブは月島からです。

月島はいつもとは違う軟打のサーブを打ち、ネットに届かないと緊張が走りますが…、

 

そのサーブは、なんとか稲荷崎高校コートに届き、逆に稲荷崎高校をピンチに追い込みます。

 

月島のサーブを取ったのは尾白アラン!

しかし、アランは体勢を崩します。

尾白アラン

「コイツずっと ”とりあえず入っとけサーブ” やったやないかい!」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

稲荷崎高校側は、なんとかボールを烏野高校に返しますが、烏野高校にとってはチャンスボールです。

烏野高校メンバー

「攻めろ 攻めろ はやく 相手よりはやく」

「相手の体勢が整う前に追いつかれる前に」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

烏野高校は日向の速攻で攻撃しますが、稲荷崎高校にかろうじて拾われてしまいます。

 

実況

「はやい! はやい! 畳みかける烏野! リベロ赤木上げているがー」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

稲荷崎高校は赤木がボールを上げて尾白アランがスパイクを打ちます。

それを澤村がレシーブし、影山がトス、田中がリバウンドを狙ってあえてブロックにボールを当てます。

 

畳み掛ける烏野高校

養烏監督

「ここで決めるという意志の強さがリズムを速めていく」

「はやさは魔性だ」

「視野を狭く、呼吸を浅く、相手を苦しめるが同時に味方の首も締めていく」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

早い攻撃の応酬の中、日向はゆったりとしたファーストタッチを行います。

日向

「楽してこうぜ」

 


「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

日向の成長に驚く澤村や菅原。

ナレーション

「簡単で些細ででも忘れがちな高く優しいファーストタッチ」

「味方に呼吸させるファーストタッチ」

「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

烏野高校は、この日向のファーストタッチで助走距離を確保します。


「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

ここでシンクロ攻撃をしかけようとするところで、ハイキュー289話は終わります。

スポンサーリンク

 

ハイキュー289話のネタバレの考察

ハイキュー289話を読んだ上での考察をまとめておきます。

 

日向の覚醒

今回のハイキュー289話では、日向は絶妙な高さの「ファーストタッチ」をします。


「古館春一「ハイキュー」第286話より引用」

 

また、この大会中には絶妙なレシーブをするなど、多くの選手が目を見張るような活躍をして急成長していると言えるでしょう。

日向は以前から動体視力などが良く、そこを活かして無理やり参加した合宿では、多くの優秀な選手のプレーを見てきています。

そういった見ることでの練習が日向を大きく成長させているのでしょう。

 

次回決着!?

今回のハイキュー289話での最後に日向のファーストタッチをしたことで、烏野高校は十分な助走距離を確保して全員でのシンクロ攻撃を開始しています。

稲荷崎高校は、体勢が崩れかけていることと全員攻撃に参加していることから、ブロックしづらいこともあるので、これで決まってついに烏野高校が勝利するのではないでしょうか。

 

ハイキュー289話ネタバレのまとめ

今回はハイキュー289話のネタバレ記事を紹介しました。

毎回緊張感のある試合を行っているハイキューですが、かなり長い期間、デュースになるシーソーゲームをしていることと日向の素晴らしいファーストタッチをしたことも、最終局面にふさわしいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)